【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

動画を活用して集客などを検討していないでしょうか。YouTubeなど動画媒体が日常的に利用される近年において、動画を使ったマーケティングは企業に不可欠なものでしょう。

本記事では動画制作時のチェックリストとして、10項目を定めてみました。これから動画制作に取り組む場合は参考にしてください。

動画制作のチェックリスト【制作準備編】

動画制作の前に最低限チェックしておきたい項目が3つあります。まずは以下の項目をしっかりと確認しておきましょう。

制作の目的を検討する

最も重要といえるのが動画制作の目的を検討することです。目的が決まっていない状態で動画制作を始めたとしても、まとまりや一貫性がないため、効果が表れにくいです。企業において動画制作をする目的には以下が考えられます。

・企業やブランドの認知拡大

・企業のブランディング

・商品購入や採用などの集客 など

以上で認知拡大と集客は混同しやすいため注意が必要です。自社の認知度を高めたいならば、できるだけ短い動画でインパクトを残して、自社名を強調することがポイントです。一方の集客は商品やサービスのメリットを伝える必要があります。

このように、動画制作の目的を検討することは、以降の方法性が決まるため重要な工程です。

予算を検討する

動画制作の目的の次は予算を検討しましょう。特に外注する場合は、予算によって仕上がりが変わります。予算を決めるときは、上限を決めることがポイントです。

上限を決めずに行うと、制作費が高騰する可能性があるからです。予算に加えて社内リソースがどれだけ割けるかも検討すると、金銭的なコストだけではなく人的コスト決まります。

納期を検討する

動画制作は何度か修正して完成することが多いです。よって、修正の手間を加味して納期を決めることがポイントになります。商品やサービスの提供に合わせて制作するときは、発売の前に作るのか、後に作るのかなども検討して納期を決めてみましょう。

動画制作のチェックリスト【企画編】

ここからは、動画制作の企画段階でのチェックリストをご紹介します。

参考・競合動画を探す

自社で理想とする動画を考える際には、競合などの参考動画を探してみてください。たとえば、人材の採用に向けての動画制作であれば、採用に関する動画を探せばイメージがしやすいです。

注意点としてはアニメ動画の制作です。アニメ動画は日頃みている動画のクオリティを基準にしがちであり、予算に見合わない高品質な内容を企画することがあります。予算との兼ね合いを十分に検討してから、動画の企画に移ってください。

ターゲット・ペルソナの設定

競合などの動画を分析したら、自社の動画についてのターゲットやペルソナを設定します。年齢層、性別、年収、家族構成、実現したいことなどさまざまな要素について細かく決めることで、強いメッセージを伝えることができます。

配信媒体の決定

ターゲットやペルソナが決まったら、配信媒体を決めましょう。近年、YouTubeを活用した動画配信が主流になっていますが、ほかの媒体を利用することも考えられます。YouTubeはどの年齢層にもアプローチしやすいため、YouTubeを軸にほかの媒体も検討してみてください。

動画配信はTwitter、TikTok、Facebook、Instagramなどの媒体でも可能です。

動画の長さの決定

動画の長さによって予算やメッセージ内容などが異なるため、動画時間の決定もポイントです。テレビCMのような配信をしたいなら、30秒、60秒、90秒くらいが目安でしょう。

30秒ならば伝えたいメッセージは1つが限界といえます。60秒や90秒ならば2~3つのメッセージを伝えることが可能です。コンテンツとして提供したい場合にも、5分、10分、15分など動画の尺を決めることで、企画内容が変わります。

動画制作のチェックリスト【外注編】

ここでは、動画制作を外注する際のチェックリストをご紹介します。動画制作を外注する際は以下の3点に注目してください。

KPIの設定

動画制作を外注する際は、KPIを制作会社に伝えることが大事です。「再生数●回」「広告クリック数■回」など具体的なKPIは自社にとっても重要な指標となります。KPIを具体化することから制作会社が戦略の提案がしやすくなります。

伝えたい内容を用意する

動画で訴求したいメッセージを用意しておくことで、制作会社が企画を練りやすいです。メッセージはターゲットや動画制作の目的により異なりますが、方向性がぶれないように伝えておきましょう。

自社の資料を用意する

制作会社には自社の資料を渡しましょう。自社の企業サイトで得られる情報だけではなく、さまざまな資料を用意してください。資料が多いほど制作会社が動画の企画や制作に役立てることが可能です。

動画制作のチェックリストを活用しよう

近年、YouTubeなどの動画媒体が発達しており、企業の採用やプロモーションにも活かされています。この流れから動画制作に取り組む企業もあるでしょう。

本記事では動画制作時のチェックリストとして、最低限の10項目をご紹介しました。動画制作の際は10項目を確認して進めてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?