【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

自社サイトにおいて、情報発信を行うにはブログを書くと商品PRなどに役立ちます。しかし、思ったことを書いているだけでは上位表示させることは難しいです。

ブログを書くには準備が大事であり、執筆時にも注意点があります。さらに、執筆した後も校正することが必要です。

そこでこの記事では、初心者でもわかりやすくブログの書き方を解説していきます。

重要:ブログを書くときに心がけること

はじめに、ブログを書くうえで心掛けてほしいことをお伝えします。

最も大事なことは、「ユーザー目線」でブログを書くことです。

検索エンジンのシェアで大変を占める、Googleはユーザーファーストを求めています。

そのため、ユーザーに有益な情報、さらに利便性の高いブログを評価して上位表示させます。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

(引用:Googleが掲げる10の事実

以上のように、Googleは公式的にユーザビリティを重んじているため、自己満足のブログを評価しません。

その点をしっかり理解してブログを始めるようしてください。

ブログの書き方:準備編

ここからは具体的なブログの書き方をご説明します。

まずは準備編として4つのテーマについてお伝えします。

1ページにつき1つのキーワードを選定する

ブログのキーワードを選ぶときは、1ページ(1記事)に1つのキーワードにします。

たとえば、自社商品である掃除機を紹介するために、掃除機の吸引力に関するブログを書くことにします。

その場合、「掃除機 吸引力」や「掃除機 吸引力 強い」などページのテーマに合致するキーワードを選びます。

このようなキーワードは、ラッコキーワードなどのツールを使って調べてみてください。

ちなみに、選んだキーワードと検索結果が似通っているキーワードがあれば、そのキーワードもまとめたほうがいいでしょう。

仮に「掃除機 吸引力 強い」と「掃除機 吸引力 強さ」というキーワードをツールでみつけた場合、実際に検索して上位表示が同じ記事ならば、別々に記事にしないようにします。

理由は重複コンテンツとなり、Googleからの評価を下げる可能性が高いからです。

キーワードに対する検索意図を深堀する

キーワードを決めたら、それに対するユーザーの検索意図を深堀します。

検索意図とはキーワードを入力したユーザーが何を望んでいるかです。

「掃除機 吸引力 強い」ならば、「吸引力の強い掃除機を知りたい」「掃除機で吸引力の強さはどれくらい必要なのか知りたい」など、さまざまな検索意図が考えられます。

それらの答えをブログで伝えることがユーザーファーストとなります。

検索意図を読み取るには、キーワードで実際に検索をして上位表示されているライバルサイトを閲覧します。

最低でも上位5サイトを閲覧するようにして、タイトルや見出し、情報量などの傾向をみていきます。

基本的に上位サイトの流れを踏襲することが、検索意図を掴むコツとなります。

さらに、ヤフー知恵袋の活用も有効です。

ヤフー知恵袋で「掃除機 吸引力 強い」など選んだキーワードを検索すると、検索上位の記事には書かれていないニーズを拾える可能性があります。

それらのニーズは記事構成に活かすことができます。

キーワードを含めたタイトルを作成する

検索意図を深堀したら、記事のタイトルを考えます。

また、選んだキーワードはタイトル、見出し、文中に使うとSEOに効果があります。

タイトルにキーワードを入れる場合、できるだけ左詰めにしてください。

というのも、検索結果が表示される際にタイトルで32文字を超える部分は表示されません。

ですから、キーワードはできるだけ左に寄せたほうがいいわけです。

加えて、ユーザーの興味を惹くような文言を入れるとクリックされやすいです。

「掃除機 吸引力 強い」というキーワードでタイトルをつけるならば…

【なんでも吸いとる!?】吸引力の強い掃除機10選!商品選びでハズさないコツを伝授!

このようなタイトルはどうでしょうか。

ユーザーに対してインパクトある言葉やフレーズを使うことで、より興味を惹くでしょう。

また、対策キーワードである「掃除機 吸引力 強い」も含めています。

タイトルは競合サイトを参考にしつつ、オリジナリティをだすようにしましょう。

構成(見出し)を作る

タイトルが決まったら、記事構成を考えます。

記事構成とは、見出しを作っていくことですが慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

慣れるまでは、タイトルに対する簡単な説明を箇条書きにするといいでしょう。

先ほどのタイトル例であれば、以下の説明が考えられます。

・吸引力の強いメーカーは○○

・吸引力の強さを示す単位は▲▲

・商品は◇と■と●と…の10個を紹介

・●〇というメーカーは丈夫で長持ちする など

以上のような説明を順不同でも構いませんので、書き上げましょう。

もちろん自らの思考だけではなく、競合サイトの見出しを参考にするようにしましょう。

説明書きが仕上がったら、その要点を見出しにしていきます。

関連性のある説明文をグループ分けして、h2やh3のタグを使って構成を作りましょう。

また、見出しを作るときも、できるだけキーワードを入れるようにしてください。

説明文作りも苦手な場合は、検索上位5サイトの見出しを抽出してみましょう。

そして重複している部分を削除していき、残った見出しをもとに構成を作るとスムーズです。

ただし、競合サイトの見出しの文言をそのまま使用するとコピーコンテンツと判断されて評価がさがります。

文言を変えるなど、工夫をしてみましょう。

ブログの書き方:執筆編

構成が完成したら実際に執筆します。

執筆の際は次の5つに注意しましょう。

導入文(リード文)は最後に書き直す

タイトルをクリックして記事に流入した読者が、真っ先にみるのは導入文です。

つまり、導入文は読者が記事の第一印象を持つ部分となるわけです。

ブログの文章のなかでは最も大事な箇所であり、おろそかにしてはいけません。

導入文には記事内容の概要やユーザーが抱える悩みの共感などを盛り込み、読者との距離を縮める役割があります。

それだけ重要な部分となるため、記事執筆後に再度書き直すことをおすすめします。

記事を最後まで書いていくと伝えたい部分がしっかりと判明するため、その部分を盛り込むとユーザーも有益な記事かどうか判断しやすくなります。

ちなみに、「掃除機 吸引力 強い」の記事ならば、以下のような導入文が考えられます。

「掃除機の吸引力が落ちてきた」

「目に見えるゴミだけではなく、ホコリやダニなども吸い取りたい」

「吸引力の強い掃除機でおすすめな商品を知りたい」

など、掃除機の吸引力に注目している方はいないでしょうか。

この記事は、吸引力の強い掃除機の購入を検討している人に向けて、製品選びのコツやおすすめ商品を紹介します。この記事を読むと、あなたに合う掃除機が見つかるでしょう。

上記はユーザーへ共感することから始まり、読んで欲しいユーザー、記事内容を簡潔に説明しています。さらに、記事を読んだ後、読者がどんな未来を感じるかも書いています。

導入文の書き方に迷ったら、最低でも「誰に向けた記事なのか」「何を書いているのか」を入れるようにしましょう。

文章は簡潔に書く

ユーザーはわかりやすい文章を求めています。

それはGoogleが求めることでもあります。

ですから、文章は簡潔に書くようにしましょう。

たとえば、1文が100文字以上ともなれば、主語と述語の関係が崩れやすく意味が通じにくくなります。

「○○は▲▲です。」という簡潔な文章を意識するだけでわかりやすいです。

(変更前)

この掃除機は○○というメーカーの▲▲というブランドシリーズの商品であり、累計販売台数が100万台を突破しました。

(変更後)

この掃除機は○○産です。また、ブランドシリーズ▲▲の商品で累計販売台数が100万台を突破しました。

以上のように、1文にできる箇所は1文にしておくと読者はリズムよく読むことができます。

難解な表現は使わない

難解な表現を入れると、読者はわかりにくく感じてページを離脱する可能性があります。

ですから、できるだけ難解な表現を入れないようにします。

特に企業から発信されるブログでは、専門用語や難解な表現が目につきます。

専門用語ならば、注釈や図解などで初心者でもわかるような工夫をしましょう。

難解な表現にならないようにするには、「○○とは▲▲のようなものです。」「■■は○○と一緒で…です。」など、工夫してみるといいでしょう。

語尾の統一

語尾の統一も読者の読みやすさにつながります。

基本的に「ですます調」でいいかと思いますが、所々に「ですね」などを入れると柔らかさがでます。

ただし、ですます調で書き進めていながら、「~だ」「~である」といった常体の語尾を入れないようにしましょう。

文末の統一感がなく、読みにくく感じます。

共起語を盛り込み表現を豊にする

文章中に選んだキーワードを入れることはSEOの効果があります。

さらに、共起語を入れると表現の豊かな文章になります。

共起語とは、キーワードを検索したときに一緒に利用されるキーワードです。

具体的にみていくと、「掃除機」の共起語には「クリーナー」「サイクロン」「コードレス」などがあります。

それらを記事内に入れることで文章に厚みがでて、情報量が増えます。

なお、共起語は共起語検索というWEBサイトで調べることが可能です。

ブログの書き方:推敲・調整・校正編

記事を書き終えたら、微調整をして投稿します。

文章を見返す

書き上げた内容を2~3回、通読して誤字脱字や主語の抜け、分かりにくい文章はないかをチェックします。

誤字脱字も評価を下げることがあるため、確認作業を軽視してはいけません。

タイトルを見直す

記事のタイトルは最初に決めますが、執筆後に見直しをします。

競合サイト、もしくは自サイトのほかの記事と類似していないかどうかを再確認して、重複しそうな場合は修正してください。

ただし、タイトルの重複はあまり考えられないことですので、軽く見直す程度で構いません。

プレビューで見た目を整える

文章の読みなおしが終わったら、プレビュー画面で見た目のチェックをしましょう。

適度な余白があるか、表示崩れはないか、画像や広告の位置は適切か、などトータル的な表示バランスを確認します。

必要に応じて微調整を入れて、投稿してください。

ブログを書いてみよう

自社で書きたいことを闇雲に書くブログは、収益化が難しいです。

ブログを書く際は、ユーザー目線に立って記事を書く必要があります。

この記事を参考にしていい記事を量産してください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?