【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

無料でFacebookページを ネットショップにできる「Facebookショップ」がリリースされました。今回はショップの機能や特徴について完全解説していますので参考にしてください。

遂に世界最大のSNS・Facebookが無料でオンラインショップが持てるサービスを開始して注目を集めています。ECプラットフォーム大手のShopifyやWooCommerceとも連携しているこのサービスについて詳しく紹介をしていきますのでオンラインショップの運営を検討している担当者は是非ご覧ください。

 

1.Facebookショップとはなにか?

Facebookショップは、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成することができるサービスです。以前からプラットフォームにおける「ショッピング」的機能は提供されていましたが、メルカリのような個人売買の要素が強くローカルのコミュニティー利用がメインという印象でした。

しかし、今回提供する「Facebookショップ」は完全に店舗ビジネスを実際に行っている事業者向けのものとなっており、自社のカタログからおすすめの商品を選んでコレクションを作成したり、画面の色を変更してショップの雰囲気をブランドイメージに合わせて表現することが可能です。

FacebookページやInstagramのビジネスプロフィール、あるいはストーリーズや広告からFacebookショップにアクセスして商品の購入も可能になっており、コレクションを見て、興味のある商品の保存や注文もできるようになっています。

購入を検討するユーザーはMessenger、WhatsApp、Instagram Directを通してほぼリアルタイムで質問などのやり取りが可能です。しかも、Shopifyとの連携によりShopify上に販売チャンネルを持っているユーザーは自動でFBにもFacebook Shopsを通して出品もできます。

尚、ショップの作成には、使用にあたっての各種条件を満たし、かつ、Facebook社による審査が必要ですのでご注意ください。

1-1.Instagramショップの展開予定

Facebookショップが注目を集めている理由が同様のEC機能「Instagram Shop」の近夏リリースがあるからです。「Instagram Shops」では購買までを遷移せず、シームレスに完了することができます。

2.Facebookショップの特徴は?

まだリリースされたばかりの「Facebookショップ」ですが、一体どんな特徴があるのでしょう。前述でも簡単に紹介していますが、この章ではさらに深掘りして解説をしていきます。

2-1.販売から作成まで手数料無料

一番の特徴は、大企業からスモールビジネス、スタートアップまで、どんな規模・形のビジネスでも利用できるよう、ショップ作成から販売まですべての手数料が無料であることです。しかも出品手数料・販売手数料も一切かかりません。ECサイトでの運営で悩みが大きい費用面での負担がかからずに済むのは大きいでしょう。

またショップでは商品のコレクションを作成したり、利用者はお気に入りの商品を保存したりできます。

2-2.Instagramとの連携も可能?

もう一つ特徴として大きいのがInstagramとの連携です。Facebookは従来のFacebookページショップやInstagramショッピング機能を利用していたビジネスは、自動的にFacebookショップへ移行すると発表しているためバラバラになっていたショップサービスをまとめられるようになります。

Facebookショップを作成するとInstagramのビジネスプロフィールからリンクしたり、広告を運用したりすることで、連携のメリットが受けられるのです。

アメリカからになりますが、2020年夏からInstagramの発見タブに「Instagramショップ」という機能を導入予定です。Facebook・Instagramの両方でライブショッピング機能も導入されます。これによりシームレスなショッピングサービスが展開が可能です。

2-3.Facebookユーザーと直接コミュニケーションが取れる

Facebookショップ最大の魅力がWhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを通じて消費者と直接コミュニケーションが取れる点です。他のECサイトにはない機能であり面と同等かそれ以上のサービスを提供できるというのはビジネスの強みとなります。

対面や電話とは違いメッセージでのやり取りになるため、店員と話すのが苦手な消費者も気軽にメッセージを送れるでしょう。

将来的にはチャットからショップを見て商品を購入できるような機能も導入する予定です。

 

2-4.LIVE動画から商品が購入が可能

FacebookショップはLIVE動画から購入できる機能の準備も進めています。動画公開やライブ配信前にFacebookショップやカタログから商品のタグ付けを行うことで動画下に商品が表示され、これをタップすることで商品の詳細を確認できたり、購入できたりするのです。

現在、FacebookとInstagramでテストを開始。今後数ヶ月かけて広く展開していく予定だそうです。

3.決済機能がない?

Facebookショップには決済機能が付いていません。消費者が商品を購入したときは企業が持つ外部のサイト(マーケットプレイスや自社ECサイトなど)に移動して購入することになっています。

将来的には実装する予定にはなっていますが、現時点ではショップ内で全て完結させることは難しいようです。この仕様は、Instagramのショッピング機能でも同様となります。

4.まとめ

ここまでFacebookショップの機能や特徴について解説をしてきました。今後は、Facebookショップを中心に、Facebook傘下の様々なアプリを跨いだ機能提供が進んでいくようです。

事業規模にかかわらず無料でオンラインストアを開設できるため、個人事業主やクリエイターなど多くの人にとって導入機会が拡がっていることも注目すべき点だと思いますので動向を注視していきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?