【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ドメインパワーという言葉をご存知でしょうか。

検索エンジンで上位表示を狙うならば、ドメインパワーの向上は欠かせません。

本記事ではドメインパワーについてわかりやすく説明して、その向上方法も伝授します。

SEO担当者は必見の内容となりますので、ぜひ、最後まで読んでください。

そもそもドメインパワーとは?

そもそもドメインパワーとは、何を意味するのでしょうか。

ドメインパワーとは、「検索エンジンからの信用度」というとわかりやすいでしょう。

もう少し具体的にいうと、Googleから自社サイトがどれだけ信頼されているかです。

つまり、ドメインパワーはそのままSEOにも影響を与えています。

ただし、ドメインパワーを示す具体的な指標はなく、専用ツールを使ってドメインパワーを調べます。

ドメインパワーの目安・平均

ツールの使い方などは後述しますが、ドメインパワーを調べるにはMoz社が開発したツールを使用します。

ツールでは独自のランキングスコアを測ることができて、それをドメインオーソリティと呼びます。

また、ahrefsが提供するツールではドメインレーディングという数値でドメインパワーを測ることが可能です。

Ahrefsのツールを使った場合、ドメインレーディング(DR)の数値は最大で100となります。

ちなみに、国内の有名メディアは軒並み90以上の数値となっています。

平均値は30〜50くらいとなり、この辺りの数値を目安にサイトを育てていくといいでしょう。

ドメインパワーが得られる期間は?

ドメインパワーを得るには、一定の期間が必要です。

サイトを立ち上げたばかりでは、コンテンツや被リンクの数が少ないため検索エンジンからの評価は低くなります。

また、ドメインパワーを得るために時間がかかることをGoogleも公式的に公開しています。

「成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。」(search consoleヘルプhttps://support.google.com/webmasters/answer/35291?hl=ja)

以上のことからドメインパワーの向上にはじっくり取り組む必要があります。

ドメインパワーが強いことによるメリット

ドメインパワーが強くなると、以下のメリットがあります。

検索上位になりやすい

前述のとおり、ドメインパワーが強いと検索エンジンからの信頼性が高く、サイトの評価が高くなります。

ですから、検索上位に表示させたいときはドメインパワーの向上に努める必要があります。

検索エンジンにインデックスされやすい

検索エンジンのGoogleは、クローラーと呼ばれるロボットがインターネット中を巡回しています。

そして、さまざまなコンテンツをその内容とともにインデックス(登録)しています。

クローラーに頻繁に巡回されるサイトやコンテンツは、その内容をしっかりと把握してもらうことができて正しく表示してくれます。

その結果、検索流入にもいい結果をもたらすわけです。

しかしながら、クローラーはインターネット上のコンテンツを満遍なく巡回しているわけではありません。

検索上位のページやサイトを頻繁に巡回する傾向があります。

そのため、ドメインパワーが強いサイトはインデックスされやすくトレンド系の記事を更新する際は効果を発揮しやすいです。

狙ったキーワードでなくても強い

一般的なSEO対策は狙ったキーワードで上位表示を目指すわけですが、ドメインパワーが強いと狙っていないキーワードでも上位表示に強みがあります。

結果的に検索流入が増えて、さらにドメインパワーが向上という好循環に入っていきます。

ドメインパワーを上げる方法

ドメインパワーを上げるには、これから解説する6つのことに取り組んでください。

コンテンツ量(記事数)を増やす

サイトの記事数が多いと検索エンジンの信頼性が高まります。

具体的には、キーワードと関連性の高い記事を増やすことを意識するとドメインパワーの向上につながります。

しかし、質の低い記事を増やしても意味がありませんので、良質な記事を増やすことがポイントです。

1記事の文字数を増やす

検索エンジンからの評価を得るには1記事あたりの文字数を増やすことも必要です。

しっかりとした文字数があれば、ユーザーのニーズを満たすことにつながり価値あるコンテンツとみなされます。

一方、文字数が少ない記事は情報量が少なく、ユーザーはすぐに離脱してしまうでしょう。

文字数が多いと回遊率も高まり、滞在時間や直帰率の改善にも効果があります。

コンテンツの質を上げる

繰り返しになりますが、検索エンジンからの評価を得るには良質な記事を作ることが大事です。

そのひとつが文字数を増やすことになります。

しかし、闇雲に文字数を稼ぐことは評価されません。

また、キーワードの出現率や使用回数などの小手先のテクニックは通用しなくなっています。

質の高いコンテンツとは、ユーザーの悩みや知りたいことを解決するものです。

ユーザーが求めていることをしっかりと考えて記事作りをしてください。

コンテンツの更新頻度を上げる

コンテンツの更新頻度も検索エンジンの評価、ドメインパワーに影響します。

一般的にサイトの運営歴が長いほどドメインパワーが強くなります。

しかし、記事をさほど更新しなければ、ドメインパワーは上がりません。

また、質の高いコンテンツを出していても、更新頻度が低ければ検索エンジンは評価しないでしょう。

毎日更新とはいかなくても、週に1〜2本の記事投稿をしたいところです。

被リンクを集めて信頼度を高める

被リンクとは、自分のサイトやページが他のサイトにリンクされていることです。

特にドメインパワーが強いサイトに被リンクされると、自社サイトのドメインパワーも高まります。

被リンクを集めることはドメインパワーにもいい影響を与えますが、自分でコントロールできないことが難点です。

他のサイトからリンクを貼ってもらえるような質の高いコンテンツ配信が大事になるでしょう。

SEOに強いテンプレートを使う

ドメインパワーを上げるにはコンテンツ制作への注力と被リンクがポイントです。

さらに、SEOに強いテンプレートを使うことも方法のひとつになります。

たとえば、デザインが悪いと良質な記事を投稿してもユーザーが離脱しやすいです。

ほかにもページスクロールの良し悪し、ページの読み込み速度、文字装飾などはSEOに影響があります。

その点に気をつけることで検索エンジンの評価が高まり、ドメインパワーの向上につながります。

しかし、最も大事なことは質の良いコンテンツを作ることです。

テンプレート選びなどにこだわりすぎないようにしましょう。

ドメインパワーはツールで調べることができる

前述のとおり、ドメインパワーはツールで調べることが可能です。

ここでは無料で使えるMoz社のツールをご紹介します。

定番ツール「Moz」無料版

Mozは多くの企業やブロガーが使っているツールです。

ツールを使うには、「Mos(https://moz.com/)」にアクセスして、ページ右上にある「ログイン」をクリックします。

その後、メールアドレスとパスワードを設定するとツールが使えるようになります。

ログイン後は、「無料のSEOツール」のプルダウンメニューから「その他のSEOツール」を選択すると、ページが切り替わります。

入力欄にドメインパワーを調べたいURLを入力して、「ドメインを分析する」をクリックしましょう。

画面が切り替わり、分析結果が表示されたら「Domain Authority」という部分をみてください。

その数値がドメインパワーになります。

Mozの場合は、以下の数値を目安にしてください。

・10以下:弱い

・10〜20 :そこそこ強い

・20〜30:個人サイトなら強い、企業サイトなら普通

・30〜40:個人たとトップクラスで強い、企業サイトなら結構強い

・40〜50:個人サイトではほとんどいない、企業サイトならかなり強い

・50〜60:個人、企業ともにトップクラスで強い

・60以上:ほんの一握りのサイトしか到達できない

以上を参考に、まずは10に到達できるように取り組んでみましょう。

ドメインパワーを向上させよう

ドメインパワーは検索エンジンからの信頼度です。

ツールを使うことで自社サイトのドメインパワーを調べ、強化に務めてください。

ドメインパワーの向上には、良質な記事を定期的に更新することが必要です。

コンテンツ制作に注力してドメインパワーを向上させましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?