【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスでは、商品が売れるような文章が必要です。それが「コピーライティング」になります。

コピーライティングはインパクトのある言葉を並べるだけでは成立しません。また、簡単に習得できるスキルではありません。

そこで、この記事ではコピーライティングについての基本知識を解説します。サイトビジネスが伸び悩んでいる、売れる文章が学びたいと考えている場合は参考にしてください。

 

コピーライティングとは

コピーライティングは、人の購買行動を駆り立てるような文章や技術のことです。具体的には、読者に語り掛けながら、読者心理に近づいて知らないうちに購入ボタンを押している状況を作り出すことになります。

そのため、人間の心理をしっかりと理解して文章や広告デザインに活かすことが重要です。市中には「人の心を動かすキャッチ」などの書籍が販売されていますが、実際のところ、そこに記載されている言葉を使うだけでは不十分です。

大事なのは、「読者に深く刺さる一言」です。

たとえば、「今眠るものは夢を見る。今勉強するものは夢をかなえる」という言葉があります。この言葉を聞いたらどう思うでしょうか。

受験生や学生であれば、「眠くても、もう少し頑張ろう」と意欲が向上するでしょう。このようにユーザーの心を動かすフレーズや文章がコピーライティングとなります。

 

コピーライティングでは2つのことをおさえる

コピーライティングでは以下の2つをおさえてください。

 

ターゲットを明確にする

ターゲットとは、記事を読んでもらいたい人のことです。「誰に向けた記事なのか」を最初に決めることが重要です。ターゲットが明確にならないと、誰に向けた言葉なのか、内容の薄いものになります。

ターゲットを明確にするには、事前のリサーチも大事です。ユーザーがどのような心理(悩み)を持っているのかをしっかりと把握して、その欲求を満たすコンテンツに仕上げることがポイントです。 

読者を惹きつけるキャッチコピー

テレビCMなど限られた時間内で商品のよさをアピールする際は、視聴者の印象に残るキャッチコピーを使います。

これはサイトビジネス、コピーライティングでも同様です。キャッチコピーはお店の入り口のようなものですから、読者の心を揺さぶる言葉がないと記事は素通りされてしまうでしょう。

タイトルなどユーザーの目につく部分は、印象的なキャッチコピーを入れたいものです。

 

コピーライティングの考え方・要素

ユーザーの心に刺さるようなコピーライティングをするには、コピーライティングの考え方と要素の理解が大切です。

 

ターゲットの欲求と自社商品の特徴が重なっているところが大事

先ほどコピーライティングでは、ターゲットを明確にすることが大事であるとお伝えしました。しかし、それだけでは不十分です。

ユーザーがどのような悩みを抱えているかに加えて、自社商品でそれを解決できるかも重要です。

極端な例ですが、肌荒れの悩みを持つ人に自社商品の育毛剤を紹介することは不適切です。

育毛剤を取り扱っているならば、まずはその市場について分析してください。そして、育毛剤市場におけるユーザーはどのような悩みをもっているのかを調べます。

それらのユーザーの悩みのうち、自社商品で解決できる場合に効果的なキャッチコピーなどを考えてみましょう。

 

コピーライティングには4つのパーツがある

ターゲットがはっきりとしたら、以下の4つのパーツを意識して記事を仕上げてみましょう。

・ヘッドライン

文章の冒頭部分のことであり、読者を釘付けにするためのパーツ。この部分を呼んで、それ以下の内容を読むか、読者は決めている。ヘッドラインが弱いと6割ほどの読者が離脱するといわれている。

ヘッドラインには、記事を読むメリットや商品を購入した際のメリットを中心に盛り込む。

 

・リード

ヘッドラインを補足するパーツ。ヘッドラインで興味をもった読者に対して、どのような悩みがあるのかを先読みして記載。さらに、それを膨らますことで次のパーツに活かす。

 

・ボディコピー

記事の根幹となるパーツ。自社商品のメリットなどの情報を整理しながら書き上げる。

 

・クロージング

最後の締めくくりの部分として、読者に自社商品の価格などを提示するパーツ。いいたいことをまとめてから商品の紹介をする。

 

コピーライティングの上達方法

コピーライティングの要素は理解できたと思いますが、どのように書いていくといいかが問題です。コピーライティングの上達方法は以下になります。

 

・売れているコピーを真似してみる

・書籍やWEBサイトで勉強してみる

 

ライティングスキル全般にいえる上達方法が、売れているコピーの真似です。たとえば、カルピスの「カラダにピース」やロッテの「お口の恋人」、小学館の「ピッカピカの一年生」などは思わず口に出してしまう、キャッチコピーです。

そのようなコピーになぞって、自社商品のキャッチコピーを考えるのも効果的です。また、コピーライティングやセールスライティングに関する書籍で勉強するのも有効です。

何を意識してコピーライティングを行うといいか、わかりやすく解説している書籍が多く販売されています。 

 

人の心をつかむコピーライティングをしよう

サイトビジネスでは、読者やユーザーの心をつかむキャッチコピーや文章が重要です。コピーライティングについて研究し、ぜひ、集客や売上げの向上に活かしてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?