【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

昨今、オンボーディングはさまざまな企業間で話題になっています。オンボーディングは企業の環境づくりとして有効な施策です。本記事ではオンボーディングの概要やメリット、デメリット、導入事例をご紹介します。

オンボーディングとは?

オンボーディングとは、新入社員が自社に馴染んで活躍できるようにするための環境づくりの施策です。新入社員の早期定着や戦力化できるような取り組みやプログラムと考えていいでしょう。

オンボーディングの目的や重要性

オンボーディングの目的は、新入社員が1日でも早く自社の雰囲気に慣れてもらうことです。それにより、新入社員のモチベーションの向上やパフォーマンスの最大化が図れます。

すでに欧米では教育プログラムとして取り入れる企業が多く、日本の企業も導入が進んでいます。

オンボーディングのカリキュラムは細かなマニアルがありコミュニケーションを重視している点が特徴です。仕事を身につけるためのスキルをわかりやすく手順化されており、先輩からのフォローなども含めて高いパフォーマンスが発揮できるようになっています。

社員が活躍できるようになれば離職率の低下にもつながり、採用コストの削減が可能です。離職率の低下や採用コストの削減は企業にとって重要事項であり、人事担当は常に頭を悩ませるものです。それがオンボーディングにより軽減できるようになります。

なお、オンボーディングはマニュアルやカリキュラムの作成ツールを活用して、プログラムを組んでいきます。

オンボーディングのメリット

オンボーディングのメリットは以下になります。

即戦力社員の育成

オンボーディングの目的でもある即戦力社員の育成は大きなメリットです。一般的に新入社員を戦力化するには1年ほどかかると言われています。しかし、オンボーディングは一般的な新入社員研修よりも明確な育成マニュアルを作成して取り組むため、効率的な教育が可能です。指導内容が統一されているため、担当者によるサポートのばらつきもありません。

チーム力の向上

オンボーディングは一部の部署が担当するのではなく、全社をあげて取り組みます。そのため、会社全体の一体感が生まれてチーム力が向上します。新入社員だけではなく全社員が会社のビジョンを共有できる機会にもなり、既存社員の生産性向上にもつながるでしょう。

離職率の改善や採用コストの削減

前述のとおり、オンボーディングは離職率の改善や採用コストの削減に効果があります。離職理由には人間関係や労働像件、会社の将来性などがありますが、人間関係に関してはオンボーディングで改善が可能です。

オンボーディングではメンター制度など相談しやすい環境を整えることができて、新入社員の定着化に効果があります。そして、離職率が低下すれば採用コストの削減につながるわけです。

ちなみに、新入社員を一人前にするには100万円以上かかると言われています。新入社員が数ヶ月程度で離職してしまえば、企業にとって大きな損害になりかねません。離職率が下がればその損失を防げるようになります。

オンボーディングのデメリット

ここからはオンボーディングのデメリットをご説明します。

コストがかかる

オンボーディングには育成コストがかかります。オンボーディングの担当者は、普段の業務もこなす必要があるため、業務負担が増していきます。特に人事担当者であれば、プログラムの選定や作成など、導入し始めた頃は何かと育成コストがかかります。

社員同士の相性の関係性

オンボーディングだけではなく、平時でもメンター制を取り入れる企業が増えています。しかし、メンターと新入社員の相性が悪いと、プログラムの進行が遅れてしまいます。メンターの選出は新入社員の性格などを加味して慎重に行いたいところです。

オンボーディングの導入事例3選

以下でオンボーディングの導入事例として、3つの企業をご紹介します。

株式会社メルカリ

フリマアプリで有名なメルカリは、オンラインでのオンボーディングを実施しました。社内統一のプログラムを用意して、チームや部署によるばらつきを防ぎました。横のつながりを築くために、オンランによる同期飲み会やメンターランチも定期的に実施しています。

GMOペパボ株式会社

GMOペパボは、ランチワゴンやペパボカクテルなど個性あふれるプログラムを導入しています。新入社員を歓迎する文化が企業内に根付いており、社内のコミュニケーションツールなどに新たな社員が追加されると積極的なコミュニケーションが行われます。

新卒だけではなく中途採用向けの社内専用チャネルも用意されており、どの社員も孤独感を感じない点が魅力です。

株式会社カケハシソリューションズ

カケハシスカイソリューションズは、新卒社員向けに育成ハンドブックの作成をしています。受け入れ準備が大切であることや、スキルを指導するだけではなく将来像のイメージなどが明言されています。

言語化されることで会社全体で育成方針を共有することが可能になります。そして、育成風土が根付いて新入社員の定着化につながっています。新卒社員が研修や実務で疑問や不安がでた場合にすぐ相談できるような環境設定もなされています。(OJT制度やブラザーシスター制度)

オンボーディングに取り組もう

オンボーディングは新入社員が自社に早く慣れて戦力として活躍できるようにする施策です。細かなマニュアルやカリキュラムを作成して、メンター制度などフォロー体制を整えることが特徴になります。

日本でも取り入れる企業が増えており、離職率の改善や採用コストの削減に効果があります。本記事を参考にしてオンボーディングに取り組んでみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?