【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

「自社の商品を発信するために記事を書こう」「自分の得意分野でブログを書いてみよう」「情報を自ら発信していきたい」などと意気込んでサイトを開設して記事やブログを書いてみるも、セッション数が伸びずそもそも検索結果に表示されないなんてコンテンツSEOは難しいものです。

今回は、コンテンツ作りに欠かせないコンテンツSEOについて詳しく解説をします。

1.そもそもコンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって有益な情報を提供する記事などのコンテンツを作り、SEOの評価を高める手法です。

ミドルワードやロングテールワード以外にキーワードによってはビックワードにも有効なため幅広いキーワードに対応できます。

つまり、検索ユーザーの意図にマッチした記事を増やすことで、単体ページだけでなくサイト全体のテーマ性も高まり、検索結果の上位を獲得しやすくなるのです。

2.コンテンツSEOのメリット

SEO対策の一つであるコンテンツSEOですが、単に検索結果で上位化させる以外に、いくつかメリットがあるのでこの章で紹介します。

2-1.予算を掛けずに実施出来る

コンテンツSEOはサイト内に良質な記事を投稿することで実施できます。サイト運営者自身が専門的な知見を持っていれば、外部ライターを雇う必要もないため予算もかかりません。

コンテンツSEOを実施するのに欠かせないGoogleアナリティクスや、Googleサーチコンソールは無料で導入可能です。誰でも手軽に始められるため自身で試行錯誤しながら進めるという方も少なくありません。

もし予算があれば専門のライターやコンテンツマーケティングに詳しい業者に任せるという手段もあります。

2-2.サイトが資産になっていく

コンテンツSEOに限らずSEO施策を実施するとサイトに資産として蓄積されていきます。そのため、施策に費用がかかったとしても広告にように掛け捨てにはならず、コストパフォーマンスが高くなります。Googleとユーザーの双方から評価されるコンテンツを作成するのは時間がかかります。

しかし、PVの獲得や問い合わせの増大、更に契約の獲得という流れを生み出してくれます。

2-3.拡散性が高い

ユーザーが興味を持つ記事は、SNSやブログなどを通して拡散される可能性があります。拡散されることにより検索結果以外のアクセスを獲得できます。

特に集客効果の高い媒体に転載されると新たなユーザーにリーチが可能になります。商品やサービスそのものを知らなかったユーザーを獲得するために拡散性の高い記事を作成するのも一つの方法です。拡散すると被リンクが集まり、SEO効果を高められます。

2-4.ブランドの認知度を高める

コンテンツSEOを成功するためには、定期的なコンテンツの見直しと、継続して記事を作成することが重要です。その結果SEOの順位が上がり、コンテンツの量も増えていき、ユーザーがサイトに訪れる機会も自然と増えていきます。

そうするとブランドを認知させることが出きますし、専門分野におけるサイトの立ち位置を確立できます。コンテンツSEOはブランディングとして強力な手法です。

3.コンテンツSEOのデメリット

ここまでコンテンツSEOのメリットを解説してきましたが、コンテンツSEOは決して万能のマーケティング手法ではなく、デメリットも存在します。

コンテンツSEOを実施する際は、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

3-1.即効性が無い

コンテンツSEOは集客効果の持続力は高いですが、効果が出るまでに時間がかかります。

なぜなら検索エンジンの評価が安定するまでに時間を要するからです。Googleのクローラー(Webページの情報を収集するコンピュータープログラム)が新しく追加されたコンテンツを発見し、インデックスするまでには時間がかかります。Googleサーチコンソールの「Fetch as Google」などの機能を活用すればクローラーの巡回を要請できるのでスパンを短くできますが、それらを活用しないならインデックスまでに数日~数ヵ月を要することができます。

しかし、公開から1年以上を経過してようやく検索上位を獲得したコンテンツも存在します。コンテンツSEOを実施するなら、作成したコンテンツが集客効果を発揮するまでには、ある程度の期間を要するという点は必ず理解しておいてください。

3-2.定期的なメンテナンスが必要

検索結果のランキング上位を獲得できるほどの良質なコンテンツは、作成するのに手間と時間がかかります。CMSを使えば、ページ追加自体は簡単にできますが、コンテンツの立案や記事の執筆が大変なのです。

SEO対策も本質的にはお客様とのコミュニケーションですから、真剣に取り組む必要があり労力がかかるのは当然です。接客や営業活動に手が抜けないのと一緒だと考えてください。

ただし、充実したコンテンツを作成すれば、営業担当者や販売員の業務負担を軽減できるため投資する価値はあります。ぜひユーザーの心に響くコンテンツを作成してください。

3-3.マイナス要素となる可能性がある

コンテンツSEOを実施するうえで、最も注意しなければならない点が、記事の質です。キーワードの網を広げる為に記事をたくさん作成する行為はSEOにおいて逆効果となる可能性があります。

2017年にGoogleに医療や健康に関するアップデートが実施されました。これにより質の伴わない記事を量産していたサイトの順位が軒並み落ちました。この頃からあらゆる分野で、コンテンツの質が問われる様になり、以前よりも評価される記事を作成することが重要となっています。

4.Googleとユーザーに認められる記事を書こう

コンテンツSEOの観点から記事を扱っていく際、Googleがどのように評価して記事に順位をつけているのかを考えなければいけません。そのときに重要なのがユーザーを第一を常に考えることです。

Googleが変えないことはユーザーのことを考えたコンテンツでなくてはならないという観点です。変動するアルゴリズムに大きく左右されないためにはユーザーファーストの記事を書き続けてください。

5.まとめ

コンテンツSEOは、今や重要なSEO対策の一つです。関連ワード含むコンテンツを作り、ロングテールワードで細かいトラフィックを集めながらサイトの力を付けましょう。

そして、検索ワードで上位表示させるには、基本となる外部・内部の対策もしっかりと実施してください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?