【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイト運営の担当者であれば、常にコンテンツの上位表示を考えているともいます。しかしながら、どのようなコンテンツ設計をするといいか迷うこともあるでしょう。

「コンテンツづくりはどのように進めるのがいいのだろうか」

そんなふうに考えている人も少なくありません。そこで、この記事では上位表示を狙うためのコンテンツ設計について詳しく解説します。

そもそもコンテンツ設計とは何か?

コンテンツ設計とは、コンテンツの企画といってもいいでしょう。また、コンテンツ設計(企画)の目的は、対策キーワードに対するユーザーの検索意図を正しく把握することです。

たとえば、「ワイン 飲み方」という対策キーワードを選んだとすれば、「ワインの美味しい飲み方を知りたい」というのが検索意図です。

コンテンツで重要なことは、ユーザーが知りたいことに対して素早く答えを提供できているかです。わかりやすく的確に答えを用意していないコンテンツは、検索意図を汲み取れていないため評価も上がりません。

ですので、コンテンツ設計ではキーワードに対する検索意図を正しく把握できているかがポイントとなります。

基本は3つの要素がある

コンテンツ設計には3つの要素があり、それぞれに十里取り組むことが必要です。

  1. キーワードの選定
  2. 構成作成
  3. コンテンツ作成

以上の3つの流れによりコンテンツ設計を行います。具体的な内容はこれからみていきます。

【最重要】キーワードの種類を選ぶ

コンテンツ設計で最も大事なことはキーワード選定です。その上で検索意図を掴めるかどうかがポイントになってきます。

キーワード選定を誤ると、アクセスの獲得もうまくいかずメディア運営にも影響してくるでしょう。キーワード選定は、「ターゲットは誰なのか」「ターゲットのゴールは何なのか」が大事になります。

つまり、「誰の何を解決していきたいか」をしっかり考えることがポイントになります。アクセスが取れそうだからという理由だけでキーワードを選んで上位表示ができても、自社に有益かどうかは別問題です。

ブランディングが目的なのか、コンバージョンが目的なのか、キーワード選定の前にメディア運営の目的を再確認してみましょう。

SEOコンテンツならば情報収集や取引をしたいユーザーへ発信

オウンドメディアを運営するときは、ほとんどの場合で「上位表示」を目的にしていると思います。つまり、SEOコンテンツの制作を目指すことが目的となります。

SEOコンテンツを作るときは、情報収集や取引をしたいユーザー向けに設計すると効果的です。情報収集とは、「ワイン 飲み方」というキーワードのようにユーザーが何か行動をするときの情報を集めることです。

また、取引とは「ワイン 購入方法」などのキーワードのように、とるべき行動があってもその手法がわからないときにユーザーが検索することです。

情報収集を目的とするユーザー向けのコンテンツは、検索ボリュームも多く自サイトへの集客もしやすいです。一方で取引を目的とするユーザー向けのコンテンツは、コンバージョンに繋げやすいですが、競合も多くなり上位表示のハードルが上がります。

それぞれの特徴を押さえつつ、バランスよくコンテンツ設計をすることがポイントです。

そのほかにコンテンツ設計に必要なこと

キーワードの選定が終わったら、以下のことに取り組みましょう。

検索意図を調べる・考える

前述の通り、キーワードに対する検索意図を正しくつかむことが大事です。検索意図を考えるには、すでに上位表示されているサイトを分析します。見出しなどの構成から文章までしっかりとチェックして自サイトの企画に活かしてください。

また、対策キーワードとともに出現しやすい共起語を調べることも、検索意図に活かせるでしょう。ときには、Yahoo!知恵袋などリアルな声も参考になります。そこからユーザーが必要である内容を見出しにしていきます。

専門性を高める

通称E-T-Aと呼ばれる、専門性、権威性、信頼性がコンテンツに求められます。わかりやすいうと、「美容 サプリ」というキーワードに対して、健康に詳しい有資格者や有識者が書いた記事と一般の方が書いた記事ではどちらを信用するでしょうか。

誰しも専門家や有識者が書いた記事を信用すると思います。ですから、コンテンツ作りでは専門性を高めることが大事になるわけです。自社でまかなえない場合は、専門家に監修してもらうなどの対策が必要でしょう。

モバイルフレンドリー

コンテンツ設計に直接的に関係はありませんが、コンテンツをモバイルフレンドリーにすることも忘れないようにしましょう。モバイルフレンドリーとは、スマホに対応したサイト設計にすることです。これはGoogleが推奨していることでもあり、スマホ対応になっていないサイトは検出されなくなっています。

ですので、コンテンツを投稿する前にもう一度、モバイルフレンドリーになっているか再確認しましょう。なお、「モバイルフレンドリーテスト」にサイトURLを入力して調べると、スマホに対応しているかどうかがわかります。

プロに依頼することも有効

コンテンツ設計やコンテンツ制作を自社で運用できない場合は、プロに依頼することも手段のひとつです。

特にライターに記事作成を依頼する企業は多くなっており、自社においても外注を検討しているかもしれません。

しかし、「仕上がったコンテンツでは上位表示ができなかった」というケースもあります。そのようにうまくいかない理由は、ライターの性質にあります。

ライターは文章作成をすることができてもSEOに関する知識が乏しい場合もあります。つまり、検索上位にさせるノウハウがないということです。

ですので、ライターに外注を検討するときは、ライター自身にSEOの知識があるかテストライティングなどを行ってみるといいでしょう。あらかじめSEOを意識したライティングマニュアルを作成しておき、そのルールに従って執筆できるかどうかを判断するといいライターが見つかります。

コンテンツ設計を入念に行う

コンテンツ設計は上位表示させるために、重要な工程です。特にキーワードの選定と検索意図の読み取りがポイントであり、専門性のあるコンテンツ制作に取り組む必要があります。

ライターへの外注も効果的ですが、ライターの能力やSEOに対する知識の有無を検討してから依頼しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?