【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

企業のマーケティング担当者であれば、「コンテンツマーケティング」という言葉は聞いたことがあるでしょう。しかしながら、コンテンツマーケティングがどのようなものであるか、ご存知でしょうか。

この記事ではコンテンツマーケティングについて、基本的な知識を中心に解説します。ぜひ理解を深めてください。

 

コンテンツマーケティングとは?

まずはコンテンツマーケティングについて概要を解説します。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作・発信することで見込み顧客(潜在顧客)のニーズを育成していきながら、自社商品を購入してもらうことです。最終的には自社商品のファンになってもらうことも目指します。

具体的な流れは以下をご覧ください。

 

  1. サイトへの流入(見込み客の引き寄せ)
  2. リードの獲得
  3. リードの育成
  4. 成約・購入・登録
  5. リピート・ロイヤルカスタマー化

 

以上のようにコンテンツマーケティングは、ニーズが顕在化していない潜在顧客にアプローチしていく手法です。従来のマーケティングはニーズが顕在化した顧客をターゲットとしていますので、手法が異なります。

段階的にマーケティングプロセスを構築して、顧客を育成していく一連の流れがコンテンツマーケティングと考えてみてください。

ところで、なぜコンテンツマーケティングが行われるようになったのか、推測できるでしょうか。

従来のマーケティングはテレビCMや新聞、雑誌などに広告を打つのが主流でした。いわゆる、「売り込み型」のマーケティングだったわけです。現在もテレビCMなどの広告は流れていますが、インターネットの普及により消費者の購買行動は変化しています。

消費者は自らインターネットで商品やサービスを検索して、購入の意思決定をおこなうようになったため、企業は商品サイトやコーポレートサイト、SNSなどによるマーケティングが必要となったわけです。

 

コンテンツマーケティングの重要性

ここからは、コンテンツマーケチングの重要性として3つのポイントを解説します。

Googleの評価はコンテンツ重視となった

コンテンツマーケティングでは記事や動画などを発信していくわけですが、ユーザーにみてもらうには検索エンジンで上位表示させる必要があります。

検索エンジンはGoogleが主流ですので、Googleから評価されるコンテンツを発信することが大事です。以前は上位表示のために外部リンクを買うような対策でも通用しました。

しかし、現在はユーザーにとって有益かどうかで判断されます。どのようなコンテンツがユーザーにとって有益なのかは「Googleが掲げる10の事実」に書かれてあります。

一度、読んでみるといいでしょう。記事を掲載すればいい、SNSで呟けばいい…そのような簡単なことではありません。

参考:Googleが掲げる10の事実(https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

コンテンツは資産となる

自社で発信するコンテンツは、積み上げていくと資産になります。たとえば、テレビCMや各種広告は流してしまうとそれで終わりです。

ところが、WEB上にコンテンツを蓄積していくと資産として上積みがあります。上位表示となるコンテンツであれば、常に集客してくれて自社の利益となり続けるでしょう。

 

低コストで始められるマーケティング

コンテンツマーケティングは、低コストで始められるマーケティングです。広告であれば高額な経費がかかりますが、コンテンツマーケティングはそこまで必要ありません。

ツールなどを使えばランニングコストは発生しますが、サイトを開設するにしてもレンタルサーバーやドメインといったものの費用しかかかりません。それらは月に数百円や数千円程度です。

それらに加えて必要なのは、コンテンツを制作する際の人件費くらいです。低コストで始められるため、中小規模の事業者でも十分に効果が得られるでしょう。

 

コンテンツマーケットのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングにはさまざまなメリットがあり、一方で覚えておきたいデメリットもあります。以下でメリットとデメリットをまとめますので、参考にしてください。

 

メリット

コンテンツマーケティングのメリットは以下のとおりです。

 

・潜在顧客との接点が広がる

・潜在顧客のデータを収集することで個別にアプローチできる

・ニッチな市場ほど有利

・中長期的な視点で集客システムを構築できる など

 

前述のとおり、コンテンツマーケティングは潜在顧客との接点が広がります。さらに、CRMなどのツールでデータベースを活用すると、ユーザーの趣味嗜好にあわせたメッセージ配信などが可能です。それにより顧客の育成ができて成約につながりやすくなります。

また、コンテンツマーケティングはニッチな市場ほど有利です。それはWEB上に存在する情報が少ないためです。自社の商品やサービスなどがニッチであればコンテンツマーケティングの効果を得やすいでしょう。

さらに、コンテンツは資産となるため中長期的なマーケティング戦略には適しているといえます。

 

デメリット

コンテンツマーケティングに取り組むときは、以下のことに注意してください。

・時間と手間がかかる

・短期的な効果が得にくい

 

自社サイトや商品についてのブログなどを開設しても、Googleが認識するまで時間がかかります。SEO対策をしながら記事などを増やしていくことで、Googleからの評価が高くなります。

「●記事書いたら大丈夫」というような目安はありませんので、常にアクセスやユーザーの属性などを分析する必要があります。分析と行動を繰り返してコンテンツの質を上げていくわけです。

以上のようにコンテンツマーケティングは一朝一夕で結果はでませんので、中長期的な計画を立てて取り組むことが大事になります。

 

コンテンツマーケティングを理解しよう

コンテンツマーケティングとは、潜在顧客のニーズを育成しながら成約を目指すものです。最終的にはリピートしてくれるようなロイヤルカスタマー化を目的にします。

短期的な効果は得にくいですが、資産として構築できるマーケティング手法です。ぜひ取り組んでみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?