【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

ECサイトを構築する方法はさまざまです。そのなかで無料でECサイトが作れるサービスも増えてきました。そこで、この記事ではECサイトが無料で作れるのか、本当に費用がかからないのか、疑問を持ちやすい項目をご説明します。

また、無料ECサイトサービスのメリット・デメリット、サービスの選び方などもご紹介します。これからECサイトを構築したい方は、ぜひ参考にしてください。

無料でECサイトを作る3つの方法

無料でECサイトを作ることは可能であり、具体的には3つの方法があります。

  • 無料ASPの活用

ASPとはアプリケーションサービスプロバイダの略称です。無料ASPを利用すると、ECサイトの構築にあたり自社でサーバーを用意する必要がなく、WebサービスでECサイトの機能を利用することができます。

  • オープンソースで構築

オープンソースとは、インターネット上で公開されているソフトウェアです。費用がかからず自由に使うことができます。ただし、サーバーは自社で用意する必要があります。

  • WordPressの無料プラグインを使う

WordPressもオープンソースの一種であり、専門的な知識がなくてもECサイトの構築が可能です。機能を拡張する際にはプラグインをダウンロードして、ECサイトを作ることができます。

以上が無料でECサイトを構築する3つの方法です。次章では本当に無料でECサイトが作れるのかをみていきましょう。

無料ECサイトは本当に費用がかからないのか

無料でECサイトが構築できる方法やサービスは幅広いです。しかしながら、ECサイトの構築や運用で費用が発生する場合があります。

前項でご紹介したオープンソースは自社でサーバーを用意する必要があります。一般的にサーバーを保有するには、多額の費用がかかります。また、ECサイトサービスを利用すると、決済手数料などが発生します。

決済手数料が5%のサービスであれば、商品が売れても5%をサービスの運営元に支払うことになります。無料ECサイトとはいっても、費用がかかる点は覚えておきたいところです。

無料ECサイトのメリット・デメリット

ここからは、無料ECサイトのメリットとデメリットをご説明します。

メリット

無料ECサイトのメリットは、初期費用を抑えられることです。ECサイトの運営に費用がかかる場合があるものの、サイト自体の構築には費用がかかりません。

毎月の固定費がかからないことも多いため、運営費用の軽減につながります。物販を手掛けたい個人事業主であっても、構築しやすいでしょう。

また、サービスによっては、スマホアプリでの管理が可能です。軽微な作業であれば、出先などから調整できるため、効率的な運営ができるでしょう。

デメリット

無料ECサイトを構築する際は、覚えておきたいデメリットもあります。まず無料ECサイトサービスを利用すると、独自性をだしにくいです。サービスによりデザイン性やカスタマイズ性に劣る点はおさえておきましょう。

それから特に無料サービスを利用すると、SEOの観点から集客力で劣ります。販売手数料や決済手数料などもデメリットといえます。

無料ECサイトサービスの選び方

無料ECサイトサービスを選ぶときは、現状や希望を洗い出しましょう。たとえば、サイト構築に専門的な知識がない、短期間で構築したいという場合はECサイトサービス(ASP)の利用がおすすめです。初期費用をおさえたい場合もASPがいいでしょう。

社内にエンジニアがいて自社サーバーを用意できるならば、オープンソース。また、ランニングコストをおさえたいときもオープンソースがおすすめです。

既存のホームページ(WordPress)を活用したいときは、WordPressにプラグインを入れて構築してみてください。

無料ECサイトサービス・おすすめ3選

最後に無料ECサイトサービスのなかから、おすすめのサービスをご紹介します。

BASE

BASEは、認知度の高いショッピングカートです。無料ながらさまざまなテンプレートが用意されており、独自性をだしやすくなっています。HTMLやCSSといった知識があるならば、より自由なカスタマイズができます。審査や手続きがあるものの、Instagramとの連携も可能です。

BASEはこちら

STORES

STORESは、BASEと並ぶ有名なショッピングカートです。海外発送に対応できたりサイトの英語表示ができたり、海外をマーケットにしたECサイトの構築ができます。決済方法を増やしたいときは、月額プランを選択すると対応できます。

STORESはこちら

ECモール(Yahooショッピングや楽天市場など)

無料のショッピングカートなど以外では、Yahooショッピングや楽天市場などへの出典も検討しましょう。たとえば、Yahooショッピングは初期費用や月額利用料、売上ロイヤリティなどが無料です。(有料の手数料あり)集客面に自信がない場合は、ECモールからスタートするといいでしょう。

無料ECサイトを構築してみよう

ECサイトは無料で構築することが可能です。無料のECサイトは、初期費用が不要であったりスマホアプリでの作業ができたりします。ただし、完全に無料で利用できない構築サービスもあるため、提供内容を確認することが大事です。

自社の現状や理想を洗い出してから、無料ECサイトのサービスを利用しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?