【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

CADソフトは多岐にわたり存在するため、どれを選んでいいか迷ってしまいます。本記事ではCADソフトの種類や選び方を中心に解説します。また、おすすめのCADソフトもご紹介しますので、ぜひご覧ください。

CADソフトの種類

CADソフトには主に以下で紹介する5つの種類があります。それぞれの種類についてご説明します。

汎用CAD

汎用CADは特定の分野に特化することなく、どのような設計にも必要とされるような基本的機能が備わっています。特定の分野に特化しないため、専門機能が備わっていませんが、その分価格を抑えることが可能です。

簡単な図面確認や編集するだけであれば汎用CADでも十分でしょう。

建築用CAD

建築用CADは建築についての設計に特化したCADソフトです。建築する際に必要な基本設計から施工図、構造図、設計図まですべての設計図制作ができます。梁や壁を簡単に作図したり建物内のシンボルを簡単に配置したり、建築設計に便利な機能が備わっている点も特徴です。

2DCADや3DCADの2種類から状況や用途によって使い分けることが可能です。

機械用CAD

機械用CADは機械を作る際に必要な設計に特化したCADソフトです。工場機器や飛行機などからスマホまで製品の大きさを問わず設計に利用されます。機械の構造は非常に複雑ではあるものの、CADを利用すれば設計や修正が容易に行えます。

建築用と同様で2DCADや3DCADを用途に応じて使い分けていくことがポイントです。

システムCAD

システムCADは2Dの図から3Dのパース図までの図面の設計が可能なCADソフトです。システムCADのなかには住宅などの特定の分野に特化したものがあります。前章までご紹介したCADソフトよりも操作が単純ですが、3Dパースからデータの作成まで対応できます。

BIM

BIMは「Building Information Modeling」の略称です。建物を建てる前にコンピュータ上に実物と同じ建物を構築するツールになります。建築前に立体モデルを作ることで、建築工程で無駄を省いたり事前の問題点を把握ができたりします。

BIMには建物の幅や奥行き、高さまで入力したパーツなど細かい入力が可能です。データを連携させるとチームで共有できるなど便利な機能が備わっているソフトがあります。

CADソフトの選び方

CADソフトを選ぶ際は、以下の5点に注目してみてください。

タイプを検討する

まずはCADソフトのタイプを検討してください。例えば、建築現場で用いるならば建築用CADにしか必要な機能が備わっていません。一方で簡単な図面作成や共有が目的ならば汎用CADでも問題ないでしょう。

また、CADソフトのタイプに加えて2DCADか3DCADかを考えましょう。それぞれの特徴や注意点を比較したうえで、使用用途に合致するCADソフトを選んでください。

機能性

例えば、建築用CADといってもソフトによって備わっている機能が異なります。価格だけを気にすると、必要な機能が備わっていない場合があるため注意が必要です。導入前には必要な機能があるかどうかを確認しておいてください。

さらに「あると便利だな」と感じる機能も洗い出しておくことで、複数のCADソフトを比較しやすくなるでしょう。

費用面

CADソフトを導入する際には、初期費用やランニングコストも比較しましょう。費用の比較では機能とのバランスを踏まえて検討しましょう。また、料金体系についても十分に確認をして、「基本料金は安いが導入後に追加費用がかかる」などと想定外の出費が発生しないようにしましょう。

対応OS

CADソフトによっては対応OSが限られている場合があります。自社で運用しているパソコンに対応しているかどうかを確認してから導入してください。パソコンを古いOSのまま使っている場合は、バージョンアップをしてCADソフトに対応できるようにしておきましょう。

サポート体制

導入したCADソフトで不具合が発生すると、社内業務が停止する可能性があります。そうならないためにもサポート体制が手厚いCADソフトを導入しましょう。サポートが土日や深夜などにも行われるのかも確認して、不測の事態に備えられるようにしてください。

おすすめのCADソフト5選

ここからはおすすめのCADソフトを5つご紹介します。

Jw_CAD

Jw_CADは建築設計に特化したCADソフトです。多くの場合でライセンス購入が必要ですが、同ソフトは無料で利用できることからユーザーが多いです。操作性にも優れており、「まずはCADソフトを導入してみたい」という場合におすすめできます。

Jw_CADはこちら

AutoCAD

AutoCADは世界中で利用されているCADソフトです。有料のソフトですが廉価版やサブスクリプションプランがあり、予算に応じて導入できます。3D作図、3Dモデリングにも対応しており、幅広い拡張性も特徴です。

AutoCADはこちら

FreeCAD

FreeCADは2D製作、3D製作、両者間の連携ができるなど高い機能性があるCADソフトです。無料で利用できて、オープンソースのCADツールであることから独自カスタマイズが可能です。

FreeCADはこちら

Vectorworks

Vectorworksは住宅や店舗の設計デザインを行うためのCADソフトです。直感的に利用できる点が魅力であり、多くの企業や個人が導入しています。空間デザインに特化したスタイルがあるため、デザインしやすいでしょう。

Vectorworksはこちら

Revit

Revitは建築設計と構造エンジニアリング向けのCADソフトです。BIMに特化しているため、資材パーツや設備の登録もできます。実際に建築を行う際に必要な情報を全て盛り込めるため、業務効率化が図れます。

Revitはこちら

CADソフトを活用しよう

CADソフトにはさまざまな種類があるため、自社の目的に合う製品をお選びください。費用と機能のバランスを検討しながら、業務に活かせるCADソフト選びを心がけましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?