【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

WEBサイトを構築する際はWordPressの利用を検討することが多いでしょう。利用しやすいシステムであり、個人や組織を問わず数多くのWEBサイトがWordPressで構築されています。

一方でWordPressでの構築が向かないサイトもあります。この記事ではWordPressの概要からCMSとの違いなども含めてご説明します。

WordPressの概要

WordPressとは、世界最大規模のCMSです。WordPressを活用することで、サイト制作の専門的な知識がなくても、簡単にホームページを作成できます。

また、無料で利用できることから、WEBサイト制作において多くの場合で選ばれています。非常に便利なWordPressですが、サイトによっては向かない場合があります。後述でWordPressが向くサイト、向かないサイトをご紹介しますので、読み進めてみてください。

WordPressのメリット・デメリット

ここからは、WordPressのメリットとデメリットをみていきます。今後のWEBサイトの運営に活かしてみましょう。

メリット

WordPressのメリットは以下があげられます。

・無料で利用できる

WordPressの最大のメリットは、無料で利用できることです。ほかのCMSやサイト制作サービスは優良なものが多いなか、WordPressは無料となっています。その結果、WEBサイトを開設するときは、サーバー代金とドメイン代金しかかかりません。

・SEO対策の自動化

WordPressでは、URLやタイトルの正規化といった、SEOの内部対策に必要な機能が備わっています。プラグインも導入することで、さらなるSEO対策の強化が可能です。結果として、コンテンツ制作に注力できる点も魅力です。

・拡張性がある

WordPressではさまざまなプラグインを導入することで、サイト管理やSEO対策ができます。画像や文字にアニメーションをつけたり決済機能を搭載したり、幅広い拡張性が魅力です。

以上がWordPressの主なメリットです。後述ではデメリットをご紹介しますので、把握したうえでサイト運営にあたりましょう。

デメリット

WordPressのデメリットには以下があげられます。

・プラグインの利用が複雑

WordPressでは豊富なプラグインが利用できるものの、使いこなすにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要です。プラグインの機能を最大限に利用できない場合はSEO対策などのポテンシャルを活かしきれない可能性があります。

プラグインを使いこなすためにも、HTMLやCSSなどの専門知識を少しずつ秋直することが大事です。

・アップデートが手動の場合がある

WordPressは定期的にアップデートされますが、基本的には手動で行います。ここで厄介なのが、プラグインやコーディングが絡む場合です。WordPressを更新する際にプラグインやコーディングとの兼ね合いで、サイトやページの表示が崩れることがあります。

一度、ページが崩れると修復するまでに手間がかかることが多いです。この辺りも専門知識を身につけながら運用したいところです。

・手にカルナサポートが手薄

WordPressはオープンソースといって、誰もが自由に利用できるものです。そのため、公式のサポートセンターなどがありません。社内に専門知識を持つ人がいないと、不明点が解決できないこともあるでしょう。

解決方法をリサーチする際も手間がかかるため、運用し始めの頃は何かと苦労するかもしれません。

以上がWordPressのデメリットです。

WordPressとCMSの違い

厳密にはWordPressとCMSには違いがあります。CMSはコンテンツマネジメントシステムのことであり、無料のWordPressをはじめ、有料のCMSも存在します。つまり、広義的な意味としてCMSがあり、その一種にWordPressがあることになります。

WordPressの場合はオープンソースで無料で利用できる、プラグインで拡張性を高められるということでユーザーが多いわけです。

WordPressが適するサイト

WordPressプレスはプラグインなどの導入を含めて、さまざまなサイトに向いています。コーポレートサイト、ブランドサイト、アフィリエイトサイト、ブログなどテーマを問わずWordPressを活用してサイトを運営することが可能です。

ログイン情報を共有したり、利用者のアカウントをいくつも作ったりできて、複数人で運営するサイトにも向いています。自由度が高いことから、専門的知識や技術力がある企業であれば、よりこだわったサイトに仕上がります。

よって、これからWEBサイトを立ち上げたいと考えるときは、WordPressからスタートしてもいいでしょう。

WordPressが向かないサイト

WordPressは使い勝手がいいものの、一部のサイトやシステムでの利用には向かない側面があります。たとえば、WordPressでは設定項目が多いことがあり、ページの表示速度が遅くなることがあります。

そのため、膨大なページを用意する場合はWordPressでの運用が向かない可能性があります。また、WordPressは3つ以上のデータの関連付けが難しく、複数の項目から検索する作りが不得意です。

具体的には複数の店舗から好みの店舗を検索するときに、地域、エリア、イベント、値段などを抽出する構造に弱いということです。プラグインに関しても、無料のものは開発会社や個人が開発しており、信頼性に欠ける場合があります。

できるだけ安全に信頼できるCMSを利用したい場合もWordPressは不向きと考えられます。さまざまな要素を考えると、より複雑なサイトを運営したいときには、別のCMSを検討したほうがいいでしょう。

WordPressについて理解を深めよう

WordPressは無料で利用できるオープンソース型のCMSです。専門知識がなくても本格的なWEBサイトを構築できるなど、さまざまなメリットがあります。

一方で運営するうえで覚えておきたいデメリットもいくつかありました。それらを踏まえて、WordPressが向いているサイトや向かないサイトもご紹介しましたので、今後の運営に役立ててください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?