やみくもに記事を増やすだけではコンテンツの上位表示につながりにくいものです。SEOで競合から勝つには、キーワードの選び方も重要です。

この記事ではSEOを意識したキーワード選定の方法を3つのステップで解説します。ぜひ、自社のサイト運営に活かしてください。

 

SEO記事を書く手順・キーワード選定が勝負を決める

SEOを意識した記事を書くときは、キーワードの調査と選定から始めます。その後、競合記事の調査、記事執筆と進みます。

その過程のなかで、キーワードの調査と選定は非常に重要なステップです。

キーワードの選定で間違うと、検索ニーズと選んだキーワードとズレが生じます。また、キーワードを用意したにもかかわらず、思うようにアクセスが集まらない場合はキーワードの選び方が間違っている可能性が高いです。

よって、SEOで成果をだすには正しい方法でキーワードを選ぶ必要があるわけです。

 

SEOキーワードの選定方法・3ステップ

ここからは、SEOキーワードの選定方法を3つのステップにわけて解説します。

 

ステップ1・ツールやサービスでキーワードをリストアップ

まずはツールやサービスで、キーワードをできるだけ多くリストアップします。

キーワードのリストアップには以下のツールを活用してみましょう。

 

・キーワードプランナー(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

Googleが無料で提供するツール。検索ボリュームも調べることができる。ただし、無料での利用は検索ボリュームの精度が落ちる。

 

・goodkeyword(https://goodkeyword.net/

Google、Yahoo!Japan、Bingで検索される関連キーワードを取得できるツール。1語キーワードを入力すると、検索エンジンで表示される関連キーワードやサジェストキーワードなどが一覧表示される。

 

・ラッコキーワード(旧:関連キーワードツール)https://related-keywords.com/

Googleサジェスト、教えてgoo!、ヤフー知恵袋からの関連キーワードを一括取得できるツール。教えてgoo!、ヤフー知恵袋の検索結果を利用することで、キーワードに対するユーザーのニーズを把握できる。

 

・キーワード出現頻度解析ツール(http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

競合サイトでキーワードの出現頻度を測定するツール。競合サイトのURLと調べたいキーワードを入力すると、出現率を調べることができる。

 

以上のツールは併用することで、さまざまな角度からキーワードの選定が可能です。

 

ステップ2・検索ボリュームを調べる

記事執筆の候補となるキーワードをリストアップしたら、検索ボリュームを調べます。検索ボリュームは、選んだキーワードの需要の高さを示す数値です。

あまりにも検索ボリュームが少ないと、記事にしても集客や売上げが伸びません。ステップ2では一定以上の検索ボリュームがあるかどうか、ツールを使って調べます。

 

・キーワードプランナー(https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

検索ボリュームは「100~1000」「1000~1万」「1万~10万」など広い範囲が設定されている。「100~1000」のボリュームになっていると競合が少ないため、上位表示が狙いやすい。

 

・aramakijake.jp(http://aramakijake.jp/

GoogleやYahoo!Japanでの月間検索数を調べることができる。細かな数値で表示される。関連語も表示される。

以上の2つのツールで検索ボリュームが調べられます。いずれも無料ですので、併用して使ってみるといいでしょう。

 

ステップ3・キーワードの絞り込み

検索ボリュームが月間100~1000を目安にして、キーワードを絞り込みます。その際は以下に注意して絞り込みましょう。

・自社サイト(コンテンツ)との関連性

検索ボリュームで競合が少ないと判断したら、自社サイトに合致するキーワードかどうかに着目する。公開予定のコンテンツとキーワードが合致しているとSEOの効果があり、ユーザーの目にとまりやすい。

・コンバージョンに活かせるか

SEOへの意識だけではなく、集客してコンバージョンに活かせるかも重要である。ユーザーがどのような情報を求めるのか、検索意図を想像してキーワードを絞り込む必要がある。具体的には安さを求めるユーザーには安さを訴求できるキーワードがあるとコンバージョンにつながりやすい。

以上に注意して、キーワードを絞り込んでみてください。

 

番外編・キーワードをコンテンツに活かす方法

キーワードを絞り込んだら、次の方法で記事に入れてみましょう。

 

タイトルや見出しにキーワードを入れる

タイトルや見出しにキーワードを入れるとSEOの効果があがります。いずれもキーワードを左に寄せると、さらになるSEO対策となります。ただし、キーワードを並べると不自然な言い回しになることがあるため、バランスをみていれるようにしてください。

 

本文の最初のほうにキーワードを入れる

本文中にもキーワードを入れるとSEO対策となります。特に最初のほうにいれると効果的です。ただし、こちらも必要以上にキーワードを入れないようにしましょう。場合によりペナルティの対象となることがあります。

絞り込んだ対策キーワードは1ページに1キーワードにとどめるのがいいでしょう。キーワードの挿入に欲張らないことが、良質なコンテンツと評価されます。

  

SEOキーワードを効果的に選ぼう

SEOを考えた記事作成では、キーワード選定が重要です。この記事で紹介した方法により、自社サイトに有効なキーワードを選んでみましょう。