【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

新規事業や事業を拡大する際はどのような手法で収益化するかが求められます。収益化、つまりマネタイズはビジネスで不可欠といえます。本記事ではマネタイズの基本知識や具体的なモデル、成功のポイントをご説明します。

そもともマネタイズとは?

マネタイズの英語の意味をみていくと「通貨を発行する」「貨幣を鋳造する」などがあります。マーケティングでは英語の意味を派生させて、技術や知識から収益化を目指すことを意味します。

特にWebビジネスの広がりがあり無料サービスから収益化することが広まってきました。一旦は無料サービスを提供してそこから有料サービスに移行してもらうこと、そのためのビジネスモデルの構築という意味でマネタイズが使われています。

マネタイズの重要性

特に新規事業においてマネタイズは重要です。企業にとって事業は社会の課題を解決して社会全体を豊かにすることが目的です。しかし、営利目的で活動することから、事業から収益を得る必要があります。

収益を得る方法としてマネタイズが必須といえるのです。例えば買い切りの商品やサービスでは購入費用が高くて手が出せないとします。そこでサブスクリプションを導入すると、負担を少なくして利用できます。

ただし不適切なマネタイズを適用してしまうと、顧客満足が得られなかったり社会の課題が解決できなかったりするわけです。後述しますがマネタイズは正しい手順を踏んで取り組むことが大事です。

マネタイズの4つのモデル・事例

マネタイズには4つのモデルがあります。以下でそれぞれのモデルをご紹介します。

広告

広告収入によって収入源とするモデルです。有名なところではYouTubeやSNSなどがあげられます。広告モデルでは、広告の表示を成果とする場合と商品購入などエンドユーザーのアクションで収益が発生する成果報酬方があります。

課金

アプリや特定サービスなどの特定の機能を利用する際に課金するモデルです。まずは無料サービスを提供してオプションや付加価値をつけて課金を促します。マネタイズでは代表的な手法といえます。オンラインサロンやアプリ内課金などが該当します。

EC

電子商取引による手数料で収益をあげるモデルです。Amazonなどのショッピングモール型、ネットショップの機能をASPサービスとして提供するASP型があります。BASEなどはASP型です。

仲介

エンドユーザーと商品の提供者をマッチングさせるプラットフォームを提供して仲介料を収益とするモデルです。フリマアプリや不動産仲介サイトなどのように、提供者が成功報酬を得たときに仲介料を負担して、エンドユーザーは無料で利用できる点が特徴です。

マネタイズの成功ポイント

マネタイズを成功させるには、以下の4点を順にこなしていくことがポイントです。順序立てて取り組むことで、成功に近づきます。

市場調査・ターゲット研究

まずは市場調査を行います。縮小傾向にある場合、もしくはレッドオーシャンな市場ではマネタイズで成功する可能性が低くなります。市場の動向や傾向を踏まえて、参入・拡張できるか検討してください。

参入できると判断した場合は、ターゲットを研究します。理由は提供する相手を具体的にイメージしていないとマネタイズがしにくいからです。

ターゲットが何を欲しているのかを汲み取って応えることが収益につながります。「どうしたらターゲットのニーズを満たせるだろうか」と深く検討していきましょう。

収益化までの動線

ターゲットと提供する商品やサービスを決めたら収益化までの動線を作り込みます。単に商品やサービスを提供するだけで売れる時代ではありません。どうすれば収益につながるかを考えていく必要があるのです。

例えば無料コンテンツを提供して集客して本サービスの申込みにつなげる、SNSとWebサイトを連動させて購入につなげる、などさまざまな動線が考えられます。提供する商品やサービスに相性がいい動線を検討しましょう。

コンテンツの提供

マネタイズにおいてコストやリスクをおさえて取り組めるのが、コンテンツの提供です。自社のブログやYouTubeチャンネルなど、無料もしくは低コストでコンテンツを発信できる媒体があります。

特に有料コンテンツを無料で発信すると固定ファンがつきやすいです。固定客が増えることで有料コンテンツでも課金されるようになるのです。

PDCAサイクル

マネタイズに限ったことではありませんが施策をスタートさせたら終了ではありません。運用していくと上手くいかなかったり予定通り進まなかったりするものです。より良いマネタイズにするにはPDCAサイクルを常に回す必要があります。

マネタイズで事業を成功させよう

新規事業や事業拡大ではマネタイズが不可欠といえます。マネタイズによって顧客育成ができたり固定客が獲得できたりします。Webを活用するのであれば無料でコンテンツを提供して有料サービスにつなげることが有効です。

本記事でご説明した4つのマネタイズモデルと成功のポイントを参考にして事業に取り組んでみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?