用語解説

忘れないで!逆SEO(ネガティブサイト)の対策と手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誹謗中傷の対策として逆SEOというのがあります。SEOと並んで行われている方策ですが、昔と今では手法が変わってきていることをご存知ですか?

もしかしたら「逆SEOとは?」と思う方もいるかもしれません。そこで逆SEOがどんな概念なのか、どういったことが行われているのか、どのように対策すればいいのかを説明してまいりますので最後までお付き合いください。

逆SEOとは何か?

SEOとは、Webサイトやページを検索エンジンに上位表示させるための施策です。逆SEOとはその名の通り、SEOと真逆で特定サイトの検索順位を下落させることです。

どうしてそんなことをするのか?と疑問を持つ方もいるかもしれません。

その理由は、「自社名」を含むキーワードの検索結果で1位のサイトが自社の悪評を書いているサイトだった場合、検索上位に表示されてしまうので、そのサイトの順位を下落させ、検索エンジンに表示されないようにするためです。

もちろん事実に基づく悪評であれば、まずサービスを改善の必要がありますが、事実とは程遠い、悪意のあるコメントの場合、本来顧客獲得のチャンスとなる検索結果によって自社のビジネスチャンスを阻害する、なんてことになりかねません。

そこで逆SEOをすることで風評被害の拡大を防ぐ役割を果たしてくれるのです。

 

ただし、逆SEOを悪用して健全な運用をしているWebサイトの順位を故意に下落させることは、検索エンジンのガイドラインに反するためペナルティの対象となるのは覚えておいてください。

 

逆SEOを行う前に意識すること

ネガティブサイトの順位を下げるために逆SEOに取り組む前に意識しておかなければいけないことがあります。

それはスパム的な手法は厳禁だということです。つまり、Googleウェブマスター向けガイドラインで定義されてるスパム的な対策やネガティブSEO(相手サイトに対して攻撃的な対策)はNGとなります。

ネガティブSEOとしては、コピーコンテンツ(コピーサイト)を量産、質の低い被リンクを設置をします。しかし、このような方法で自サイトを最適化したり、当事者のサイトの順位を下落させても根本的な解決にならないからです。

なぜなら自サイトであればペナルティとして罰せられ順位が下落し、当事者のサイトであれば、ネガティブSEOの原因を対処すれば順位が元に戻ります。すると結果として誹謗中傷サイトの存在を減退させられません。

だからGoogleガイドラインに準拠して自サイトの最適化に注力することが、逆SEOを進めるうえでのポイントとなります。

 

逆SEOが効果的な事例

逆SEO対策が有効となる事例は何パターンかありますが、ここでは典型的な3つを紹介します。

企業への悪質な誹謗中傷対策

世の中には、ごく一部ですが、意味もなく企業を批判する「クレーマー」のような人が存在します。多くの人がインターネットから情報を得ている時代に、自社の商品やサービスに関するネガティブな情報が検索上位に表示されるのは自社のイメージを悪化させてしまい、存続の危機に陥る原因にもなりかねません。

そこで、悪質な誹謗中傷への対策として逆SEOが効果的です。対象のサイトを検索圏外に追放することで事実無根な情報をユーザーの目から遠ざけられます。

 

検索で表示されるネガティブなキーワード・情報の排除

検索エンジンに単語を入力すると、後ろに別の単語が表示されます。これは検索エンジンの予測検索機能です。

特定のワードを検索するユーザーが、そのワードと一緒に打ち込むワードの中から頻度の高いものを検索エンジンが記憶し、自動的に単語が表示される仕組みとなっています。

もし、万が一自社の名前を打ち込んだときに、ネガティブなワードが予測変換表示されてしまうと企業に対して良いイメージを持っていた人への信頼感を失ってしまう恐れが出てきます。

こうした予測変換機能で表示されるネガティブなワードを排除するために逆SEO対策は必要です。

 

冤罪などで拡散された事実に反するネガティブ情報の排除

企業だけではなく、個人が逆SEO対策を行う場合もあります。

一度世に出回ってしまった特定の個人の情報はたとえ本人が違うと言ってもその人のイメージを左右します。例えば、冤罪の被害に遭って犯罪者と流れてしまった場合、日常生活に支障をきたしてしまいます。

しかし、逆SEO対策を施すことでネガティブな情報を排除させてイメージの回復に貢献してくれるのです。

 

逆SEO対策の代表的な5つの手法

SEOのノウハウを使う逆SEO対策は、さまざまな検索のスタイルや機能がある時代では、しっかり対策結果を出すと、誹謗中傷・風評被害対策として抜群の効果が得られます。

ここでは、逆SEO対策の代表的な5つの施策を紹介しますので目的に合わせてお選びください。

 

社員・社長・法人ブログ

社員・社長・法人ブログなど、定期的に更新しやすいサイトを用意しておくことが対策の一つです。サイトに企業の従業員インタビューやプレスリリース情報、社長の毎日のつぶやきなどを定期的に投稿をしておくことで検索エンジンの上位を維持することができます。

すると悪評が掲載されるサイトが下位に沈みやすくなるためユーザーの目に届く可能性が低くなるのです。

 

SNS(twitter・Facebook)

もし自社でTwitter、FacebookなどのSNSを運用しているのならば、常にアクティブにしておくことが逆SEO対策になります。SNSは1つ1つの投稿の質以上に、更新頻度が重要で、工夫すれば検索結果の上位維持が見込めるからです。

但し、中身がしっかりした独自性のあるコンテンツを提供しないと評価が低くなるのでご注意ください。

 

被リンク(バックリンク)

外部サイトに自分のサイトをリンク(つなぎ合わせる)被リンクも対策として効果的です。良質な被リンクが多ければ、該当サイトは価値のあるサイトと判断され、検索結果上位に表示してくれるので悪評が掲載されたサイトが上位表示されなくなるからです。

但し、被リンクによる逆SEO対策は、重要なのはあくまで“良質な”被リンクの割合です。外部サイトにどのように紹介されているか」「同じジャンルを扱うサイトかどうか」という点まで加味してサイトの評価が決められています。

つまり質の悪い被リンクが増えると、検索エンジンからペナルティを受けることもあるので注意しましょう。

 

既存Webサイトの修正

既存の公式サイトの評価を上げておくのも逆SEO対策の一つです。その際、ユーザーの検索意図に適した質の高いサイトすることが重要です。先述したように文章が重要なポイントとなり、中身がしっかりした独自性のある文章であれば評価が高くなります。

内部分析をして、Googleなどの検索エンジンから高評価を得られるサイトに改善していきましょう。

 

さまざまなWebサイトへの露出

様々なサイトへ企業の情報を露出し、上位表示させることで相対的にネガティブサイトの順位を下げていくのも効果的な手法です。情報の露出を増やすことでポジティブなサイトが上位表示される可能性が高くなるからです。

採用の情報や社長のインタビュー記事など、企業として有益な情報を発信するために業種に合わせて記事やコンテンツを作成、企業としてプッシュしていきたい情報を露出していくといった相乗効果が望めます。企業のネガティブ情報払拭だけではなくプラスアルファの効果が表れることも少なくありません。

ただし、情報の質を上げなければいくら露出しても上位表示は見込めないため、情報提供やインタビューなど社内の協力体制を構築する必要があります。

 

逆SEOの知識は悪用しないように!

逆SEOの知識を持っていると、誹謗中傷の被害に遭ったときだけでなく、自社サイトが逆SEOのターゲットにされてしまった場合の対策としても有効です。

しかし、検索上位のライバルサイトを妬み、非のない健全なサイトの順位を故意に下落させようと逆利用する人たちも存在しますが悪用は厳禁です。

 

あくまでも自社のイメージダウンを招かないための手法として逆SEOを活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のSNS・インフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・SNS分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。インスタのハッシュタグのレポート分析もお任せください。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら