用語解説

MEO対策とは?メリットとやり方を解説!無料で順位を調べる方法も公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンテンツマーケティングでは、SEO対策は大切な施策ですが「MEO対策」というのもポイントです。特に店舗運営をしている個人や企業であれば、重要視したい施策です。

この記事ではMEO対策について基本知識ややり方、SEO対策との違いなどをわかりやすく解説していきます。ローカルビジネスを展開している場合は、必見の内容です。ぜひ、理解してください。

 

MEO対策とは?

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称であり、その対策はGoogle マップにおいての検索エンジン最適化です。また、MEOとは「ローカルSEO」ともいわれ、地名と店舗や施設を検索した際に上位表示させることが目的となります。

MEO対策はこれから検索するユーザーに対応できるのが強みであり、SEO対策と同様で集客や成約の可能性を高める施策として注目を集めています。

 

SEO対策との違い

MEO対策もSEO対策も検索の上皮表示を狙うことが目的です。しかし、両者には違いがあります。

MEOでローカル検索に対応できるのは、店舗や施設といった建物が実在するものです。

ですので、ホテルや飲食店、病院、介護施設といったものはMEO対策の効果が期待できるでしょう。一方でSEO対策は全ての業種に対応できるものです。

  

MEO対策のメリット

MEO対策を行うことで以下の5つのメリットがあります。

 

・視認性の高い場所に表示される

・ユーザーの利便性が高い

・比較される競合が少ない

・上位表示までの期間が短い

・口コミの表示がなされる

 

視認性の高い場所に表示できるのが、MEO対策の大きなメリットです。MEOはSEOやリスティング広告よりも上位に表示されることがあり、ユーザーの目につきやすくなっています。

またマップ表示などをユーザーがクリックすると、電話がかけられたり経路表示がなされたりします。それによりユーザーが行動に移しやすくなっています。

それからMEOの表示枠は検索ページの上位3枠となっており、上位にMEOが来ていると比較される競合が少ないです。上位3枠となると表示されるのも難しく思えますが、やり方によっては数営業日で実現することも可能です。

また、消費者は口コミを参考にすることが多く、MEOでは口コミの表示もあります。いい口コミが書かれると、集客にも大きな効果が期待できます。

 

MEO対策のやり方

ここからはMEO対策のやり方を解説します。MEO対策は以下の3つの手順になります。

店舗ページタイトルに地名を入れる

MEOでもSEOでも基本的なことですが、店舗情報のページタイトルには地名を入れるようにしましょう。

たとえば、新宿駅の近くにラーメン店を出しているならば「新宿の〇〇専門店 (店名)」などです。地名を入れることでユーザーが検索するときに引っかかりやすくなります。

ただし、商圏が全国規模であれば地名は入れないようにします。これはタイトルタグに地名を入れてしまうと、全ページに影響が出るためです。

Googleマイビジネスの登録

MEO対策においてこちらも重要なのが、Googleマイビジネスへの登録です。登録することで検索順位に大きな影響を与えます。Googleアカウントを取得していれば、それを使ってGoogleマイビジネスにアクセス可能です。

アクセスしたら店舗情報や会社情報を登録してみてください。飲食店や美容室などの店舗であれば、見栄えのいい写真も登録すると効果的です。

ちなみにGoogleマイビジネスに店舗や会社の情報を入力するときは、自社サイトがあるならばその表記と合わせたほうがいいです。店名や会社名、住所、電話番号は自社サイトの表記のままで登録してください。

 

口コミを集める

ローカル検索はGoogleマイビジネスだけではなく、エキテンやぐるなび、食べログといった口コミと連動しています。そのような口コミサイトで人気であると、Googleからの評価も高くMEOでも上位に表示されやすいです。

他にも個人のブログやSNSで紹介されるのも、MEO対策となります。さまざまな媒体でいい口コミがもらえるように、ポイントカードの発行や会員証の作成、フライヤーを印刷して配るなど施策を行ってみましょう。

 

MEO対策で順位を無料で調べる方法

MEO対策に取り組んでいくと、自社の店舗が何位に表示されているか気になるものです。そんなときは表示順位を調べてみましょう。無料で調べる方法があります。

無料で調べるには、Google Chromeでシークレとモードを使います。シークレットモードでは、ユーザーの検索履歴や Cookie情報が記憶されていませんので、フラットな状態でキーワード検索をして順位を調べることが可能です。

ほかにもGoogle広告の広告プレビュー診断で確認する方法があります。その方法は、Google広告の管理画面において、「ツールと設定」の「プランニング」にある「広告プレビューと診断」を選択します。

その後は条件設定で地域や言語、デバイスの種類を選んで検索キーワードを入れると結果が表示されます。他には「I Search From」というツールを使って順位を調べられます。ただし、検索位置情報までこだわらなければシークレットモードで調べるほうがいいでしょう。

 MEO対策を行って集客や収益に活かそう

MEO対策は昨今、注目を浴びているマーケティング施策です。店舗や会社について上位表示させたいときは有効な施策となっています。まだまだ競合が参入していない施策ですので、早めにMEO対策に取り組んでみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

データに基づいた最先端のSNS・インフルエンサーマーケティングなら

マイクロインフルエンサーも含めたインフルエンサーの特定・SNS分析なら、

日本最大級の総合インフルエンサーデータベースを抱えるmisosil(ミソシル)へご相談ください!

インフルエンサーを活用したSNSキャンペーンのモニタリングや効果分析ツール「Tofu Analytics」なら広告効果や拡散に貢献しているインフルエンサーが一目瞭然。インスタのハッシュタグのレポート分析もお任せください。

独自のAIを駆使した分析技術で他社が抱えるインフルエンサーも含めて客観的に分析することが可能です。

また、インフルエンサー限定で格安でサンプリングすることができる「Tofu Experience」も新登場。

詳細はこちら