【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

YouTube市場は過熱しており、個人の方や著名人など幅広い方々が参入しています。

企業においてもYouTubeを取り入れたマーケティングをすることが当たり前になってきました。

しかし、思うように再生数が伸びなければ自社のビジネスにもたらす効果が低いです。

再生数に関係することは、YouTubeのSEO対策になります。

この記事では、YouTubeのSEO対策についてわかりやすく解説します。

YouTubeのSEO対策とは何か?

YouTubeのSEO対策とは、自社で更新した動画が上位に表示されるようにランキングアップを狙うことです。

今やYouTubeは世界各国で月間のアクティブユーザーが20億人いるといわれています。

莫大なユーザー数だけではなく、毎分500時間分の動画も更新されており競合動画は増える一方です。

しかし、闇雲に動画を更新すればいいわけではなく、SEO対策をしなければ再生数につながりません。

YouTubeのSEO対策の基本知識

インターネットの検索エンジンと同様で、YouTubeにもアルゴリズムが組まれており投稿動画の順位が決まります。

さらに、YouTubeへの動画の投稿によりGoogle検索でも上位表示となると、ユーザーへのアプローチがしやすくなります。

YouTubeのSEO対策・動画ファイル設定

ここからはYouTubeのSEO対策を具体的に伝授していきます。

まずは動画ファイルの設定です。

動画ファイルの設定とは、YouTubeに動画をアップロードする前にファイル名にキーワードを入れることです。

たとえば、「YouTube SEO対策」というキーワードを狙っているならば、「YouTube-seo」などと設定します。

また、サムネイル画像にもキーワードを入れることでSEO対策となります。

YouTubeのSEO対策・メタデータ設定

次はメタデータ設定についてご説明します。

タイトル

サイトやブログと同様で、YouTubeも動画タイトルが興味深いものや魅力的なものにするとクリック率が上がります。

キーワードをできるだけ最初のほうに入れることや32文字以内にすることも、サイトやブログのタイトル決めと同じです。

なお、YouTubeの動画タイトルは60文字まで入れることが可能ですが、Google検索に対応するために32文字以内にするようにしてください。

また、企業名商品名をタイトルに入れても優先度が下がるため、後方に入れるようにしましょう。

ディスクリプション

ディスクリプションは動画の概要を説明する部分です。

ただし、ユーザーが動画を観る際は、はじめの2~3行しか表示されません。

ユーザーが「もっと見る」を選択すると、ディスクリプションがすべてみられるようになります。

「もっと見る」を選択したユーザーは、動画の詳細に興味がある人物ですのでチャンネル登録や自社サイトのリンクへ飛びやすいように工夫してみましょう。

さらに、ディスクリプションには関連キーワードを含めるとSEOに効果的です。

「ダイエット ヨガ」というキーワードを狙っているのであれば、「自宅」「効果」「必要なモノ」などを含めてみましょう。

それによりユーザーは自分が求めている動画かどうか判断しやすくなります。

タグ

タグとは動画に関連したキーワードを登録することです。

タグを設定すると、ユーザーが関連キーワードで検索した際に、検索結果として動画が表示されやすくなります。

具体的には「YouTube」「SEO対策」などの文字を最大で120文字まで登録が可能です。

また、基本的に関連度の高いキーワードから並べます。

タグは流行に応じて変更したりボリュームの大きいものから小さいものに並べたりします。

【最新】YouTubeのSEO対策

ここでは、YouTubeのSEO対策における最新の施策をご説明します。

最も大事なのはコンテンツの品質

SEO対策にはさまざまなものがあり、目が行きます。

しかし、最も大事なことはコンテンツの品質です。

サイトやブログでも記事の内容が大事であり、YouTubeでも動画の内容が非常に大事です。

ユーザーにとって価値のある内容であれば、高評価の獲得や再生回数の向上、視聴時間の長時間化など多くのメリットがあります。

なお、品質のいい動画を投稿したら、Googleから早期に認識してもらえるようにページのサイトマップを送信してみましょう。

メタタグなどの最適化

前述した、メタデータ設定は最新のYouTubeのSEO対策としても大切なものです。

メタデータ設定については、競合チャンネルや動画を分析することも大事になります。

また、アルゴリズムだけを意識せず、ユーザーの心に響くかどうかを考えてみましょう。

サムネイルについても、競合よりインパクトのあるものにすることも差別化するポイントです。

自社サイトに動画をはめ込む

YouTubeのSEO対策ということではありませんが、YouTubeに更新した動画を自社サイトにはめ込んでみてください。

自社サイトの品質を向上させるためにユーザーのニーズに合う動画をはめ込むと、YouTubeの再生回数などに間接的な効果があります。

このようにユーザーファーストの考え方を徹底すべきです。

YouTubeのSEO対策・メリットとデメリット

最後にYouTubeのSEO対策のメリットとデメリットをご説明します。

メリット

YouTubeのSEO対策をすることで、動画が上位表示されると見込み客の獲得につながります。

特に良質なコンテンツはその確率が高まるでしょう。

また、自社サイトに埋め込んだ動画がユーザーに間接的に視聴されると、検索エンジンからの恩恵も受けやすくなります。

検索エンジンで上位表示になることは自然流入が増えること得あり、サイトビジネスや動画ビジネスにおいて理想的な状態です。

デメリット

YouTubeのSEO対策は、検索エンジンのSEO対策と同様で確実なものはありません。

この記事で紹介したSEO対策を実行すれば、SEO効果を得ることは可能でしょう。

しかし、効果が出るまでの時間は読めませんし、思った結果につながらないこともあります。

大事なことは、なぜ成果につながらなかったのか分析することです。

コンテンツに魅力がなかったのか、動画がそもそもみられていないのかなど、YouTube Studioでアナリティクスを確認してみましょう。

YouTubeのSEO対策は今後、ますます大事になる

動画を用いたビジネスが発展しており、YouTubeは代表的なプラットフォームです。

今後は企業がYouTubeを当たり前に利用していくでしょう。

競合がどんどん増えるなかで、SEO対策をすることがますます大事になります。

コンテンツの内容を重視しつつ、そのほかの対策も行いましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?