【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

動画投稿をメインとしたSNSであるYouTubeでは、多様なジャンルのYouTuber(ユーチューバー)が活躍しています。

中には、何千万人というチャンネル登録者数を抱えるYouTuber(ユーチューバー)も珍しくなく、今やテレビの視聴率に匹敵する動画再生数を誇るアカウントが数多く存在します。

YouTubeでは、運用方法や条件によって収益化することが可能で、一度人気アカウントともなればYouTubeによって生計を立てることも夢ではありません。

YouTubeで生計を立てたい・YouTubeチャンネルを本格的に運用したいと考える場合には、毎日投稿もしくは最低でも週3回など投稿頻度は高い方が効果的です。

しかし、撮影から編集を行いながら、同時に注目を集める動画のネタ探しをすることに苦戦している方も少なくないでしょう。

今回は、毎日の動画作りに悩まない、YouTubeで動画のネタを探す方法をご紹介していきます!

1.YouTubeとは

まずはじめに、2022年最新のYouTube動向について確認していきましょう。

YouTubeは、世界で最も多くのユーザー数を抱え、全世界で利用されている動画プラットフォームです。

YouTubeでは、動画投稿だけでなく「ライブ配信+投げ銭」といったようにライブ配信にも対応している点が特徴的。

動画投稿に関しては、短尺の動画から、10分を超える動画まで多様な動画尺で自由に動画投稿でき、最近では「ショート」動画機能も追加されてさらなる盛り上がりをみせています。

2022年4月の段階で、YouTubeの全世界のユーザー数は20億人を突破しています。

日本国内では、6,500万人以上が利用していると言われ、利用者年齢層もバラバラであることから日本での人気もうかがえます。

無料で世界中のあらゆる動画を視聴できるYouTubeは、今後も世界最大の動画投稿プラットフォームとして揺らぐことはないでしょう。

2.YouTubeネタ切れの要因とは

YouTubeで動画のネタが切れてしまう要因としては、

  • オリジナリティにこだわりすぎている
  • YouTubeチャンネルのコンセプトや活動方針が定まっていない
  • 他の動画とサムネイルが被っている

以上の3点が挙げられます。それではさっそく、一つ一つの要因について詳しく解説していきましょう。

2-1.オリジナリティにこだわりすぎている

人気のYouTubeチャンネルに作り上げるためには、そのチャンネルでしか見ることのできないオリジナリティーは重要です。

しかし、オリジナリティーにこだわりすぎてしまい、トレンドや話題となっているトピックから外れたテーマの投稿ばかりになってしまうと、より多くのユーザーに視聴してもらえる機会が減ってしまう可能性もあります。

他SNSやYouTubeでの最新トレンドをチェックし、ユーザーのニーズを知ることも大事なポイントです。

2-2.YouTubeチャンネルのコンセプトが定まっていない

自身のYouTubeチャンネルのジャンルやコンセプトを定めず、最新トレンドや様々な人気トピックをテーマにしてしまうと、一貫性がなくオリジナリティーに欠ける印象を持たれてしまう可能性があります。

YouTubeチャンネルを運用する際には、あらかじめチャンネルのコンセプトや活動方針を決めた上で、同ジャンルの人気トピックを参考にすることが効果的です。

2-3.他の動画とサムネイルが被っている

せっかく動画を投稿しても、同じテーマの他動画とサムネイルの画像や使っているワードが酷似している場合には、ユーザーに視聴されない可能性があります。

同じテーマの他動画のサムネイルはある程度チェックしておき、一覧で並んだ際に目立つサムネイル作りをしていきましょう。

3.YouTube動画のネタの探し方6選

YouTubeのネタは生活の至るところに転がっていて、片手でなんでも調べる事ができます。しかし情報が溢れかえっている世の中で、どのように選べばいいのかをご紹介いたします。

3-1.SNSでトレンド情報を探す

Instagram、Twitterを使いトレンド欄、ハッシュタグを見れば、世界や日本で今どのようなことが流行っているのかがすぐ分かります。また、本人にリプライを送ると詳しく内容などを聞くことができるので有効活用しましょう。

そしてSNSを利用することによってファンの増加も期待でき、動画のネタも調べることができます。しかし、ネタバレなどせっかくのいいアイディアが取られてしまうかも知れないので注意してSNSを使いましょう。

3-2.テレビや雑誌を見る

テレビや雑誌などのマスメディアは、昔ほど影響力はなくなってきていますが、人気の番組や雑誌は多数あります。それらをただ見るのではなく、なぜこの番組が流行っているのかなどを考察しながら見ると一つの番組で様々なネタのアイディアが浮かぶでしょう。

3-3.他のYouTuberの動画を見る

人気YouTuberの様々なジャンル(歌ってみた、〜〜やってみた、)などの動画をみてどんな歌が再生されているか、何を使っているのかリサーチしてみることもおすすめです。

一昔前なら1000℃に熱した鉄球、アルミホイルを叩くなど、その動画をやってみることで人気YouTuberの関連動画に出てくるなど視聴者の獲得もすることができます。

パクリなど言われてしまうことがあると思います。しかしまず何かの真似をすることによって自分には何が合っているかを見つける事ができます。

3-4.フォロワーからリクエストを募集する

YouTubeのチャンネル登録をしてくれたりコメントを残してくれたりするファンの中には、リクエストやネタ提供をしてくれるなど様々な人がいます。それらを取り入れていくことで物の見え方もかなり変わっていき考え方もまた柔軟になっていきます。

月に一度TwitterやInstagramなどのSNSで募集をかけあなたの定番企画などにしていけばフォロワーが本来見たいあなたの姿を見せることができたりします。

人の考えていることは十人十色で新しい考えがより生まれやすくなります。ファンとの距離がとても近いのがやはりYouTubeのいいところでその利点を生かさない手はありません。

3-5.サジェストキーワードから探す

サジェストを使えばすぐに色々なことを調べることができます。「東京 観光」など調べてみると多数のユーザーが検索しているワードや検索数が増加傾向にある検索ワードが一覧で出てきます。

無料でサジェストキーワードをまとめて見ることができるツールが多数あり、それらのツールを使い調べてみると動画のネタを探すことができます。

3-6.関連キーワードから探す

サジェストキーワードと少し似ていますが、関連ワードとは、検索クエリ、関連サイト、共起語などを参考にしてコンピュータがあなたに合ったワードを出してくれるものです。

自分に合ったワードを出しやすくするために検索エンジンでアカウントを作りログインをしておくとより自分に合ったワードを出してくれます。

4.YouTubeネタ探しをする際の注意点

今の時代YouTubeは全世界の人が見ることができ、とても馴染み深いものになっています。そして子どもや主婦・主夫なども多く観る時代になってきています。

そういった中でYouTubeが出している規約が多数あるので、注意すべき3点をご紹介します。

4-1.暴力的・性的な表現は控える

YouTubeが子どもにも多く見られていく世の中で、あまりにも過激な動画を出してしまうと通報されることもありチャンネル停止(通称垢BAN)になる可能性があります。

今までやってきたことが簡単に全て水の泡になってしまわないよう、YouTubeが出している規約がありますのでそれをしっかりと読み注意して動画作成をしましょう。

4-2.モラルに反する行動はしない

近年YouTubeの規約が大きく変わり最近では炎上もかなり減ってきていますが、人気YouTuberもモラルに反する行為をし、炎上してしまったこともありました。

本来ではない使い方や使用量の度を越してしまうなどといった行動は、人気企画の『〜〜やってみた』と紙一重の部分があるため、やってみる前にもう一度企画を考え直すことも大切です。

4-3.マイナスのコメントに左右されすぎない

動画のコメント欄には稀にマイナスの意見が投稿される場合があります。

誹謗中傷でなければ一つの意見として参考にし、次の動画作りへ活かすこともできますが、マイナスの意見に左右されすぎるとチャンネルのコンセプトがぶれてしまう危険性もあるのです。

視聴者からのコメントは貴重なものですが、再生数や登録者数などのデータを随時チェックし、定量的なデータを最優先に参考にしていくようにしましょう。

5.まとめ

今回は、YouTubeで動画のネタを探す方法とネタ切れの要因や注意点をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

通販サイトなどのランキング、一つのテーマや既存の動画内など様々な場所に新たな動画投稿のヒントが隠されています。

YouTubeにおけるルールを守り、最新トレンドや話題となっているトピックをテーマに交えながら、視聴者の興味を惹き付ける動画作りをしていきましょう。

YouTubeに動画を投稿する際のネタに困っている方は、ぜひこの記事を参考にネタ探しを行ってみてはいかがでしょうか。v

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?