【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Webマーケティングはどの企業にも必要なことといえます。企業によってはチームを編成して取り組むことがあるでしょう。そこで、この記事ではWEBマーケティング組織の立ち上げ手順をご紹介します。

Webマーケティング組織とは?

Webマーケティング組織とは、複数人でWebマーケティングに取り組むことです。チームとして活動することにより、幅広い業務を分担して行うことができます。

また、幅広い業務を分担して進めることで、潜在顧客へのアプローチもしやすくなります。その結果フォローや育成などの次のステップに進むことが可能です。

マーケティング施策の成功率は3割ほど

マーケティング施策はWebに限らず、成功することは3割程度といわれています。ときには1~2割ほどといわれており、マーケティングの難しさがわかります。したがって、効率的に施策を実行できる体制づくりや成功しやすい進め方を学ぶことが重要です。

Webマーケティング組織を立ち上げる流れ

Webマーケティング組織を立ち上げる流れは以下のとおりです。

  1. 戦略を考える
  2. 目標を考える
  3. 具体的な施策と予算を決定する
  4. スタッフの体制を整備する
  5. マーケティング環境を整備する

上記の流れで重要なのが戦略や目標を考えることです。特に戦略はWebマーケティングの成否を決めるものとなります。戦略に関してご説明します。

  1. 3C分析

3C分析とは、顧客(customer)、競合(competitor)、自社(company)を分析して戦略策定に活かすフレームワークです。市場やニーズの変化、競合が顧客にどう変化しているのか、自社に成功できる要因を見つけだします。

  1. STP分析

STP分析とは、市場細分化(Segmentation)、市場の決定(Targeting)、立ち位置の明確化(Positioning)に関しての分析方法です。コトラーが提唱した手法であり、市場開拓を効率化する手法です。

まずは似たような顧客を分類して、分けた市場から狙うべきターゲット層を選定、競合を見て自社の立ち位置を決めるという流れです。

  1. ペルソナの設定

ペルソナの設定とは、見込み顧客の特徴をあらわした人物像です。ペルソナを設定することで、施策の具体性が高まります。

  1. カスタマージャーニーの作成

カスタマージャーニーとは、ペルソナの購買行動を図式化したものです。BtoBビジネスでは、受注までの流れが複雑であるためカスタマージャーニーの作成が重要です。具体的には、注力すべきコンテンツなどを整理していきます。

  1. 自社で得意な領域を見つける

カスタマージャーニーの作成とは違った角度で施策を検討する際は、自社の得意な領域を見つける方法があります。たとえば、記事にできるコンテンツが多い、広告の運用が得意など自社の強みを振り返ってみてください。

カスタマージャーニーの作成と並行することで、マーケティング施策の厚みが増すでしょう。

以上のような手順でWebマーケティングの組織作りに活かしてみてください。

Webマーケティング組織として結果を出すには?

ここからは、Webマーケティング組織として結果を出すポイントをご説明します。Webマーケティングの基本事項となるため、しっかりと理解しましょう。

経営層も積極的に関与する

Webマーケティンが経営にも密接に関係するものです。そのため、ボトムアップで進めることが難しい側面があり、経営層が積極的に関与しないと施策がうまく進まないことも考えられます。

組織において権限を持っている方が主導していくことで、Webマーケティングが軌道に乗りやすいです。

施策の優先度を決める

ひとことでWebマーケティングといっても、SEO対策や広告運用、SNS運用、アクセス解析などすべきことが山積しています。しかし、多くの企業ではリソースが限られています。

幅広い施策をすべて行うのではなく、優先順位を決めることが大事です。あれもこれもと取り組んで中途半端になると、成果が出ない可能性が高くなります。

定期的な進捗確認

Webマーケティングですべきことを決めたとしても、タスクが多くなるものです。そこでポイントとなるのが、定期的な進捗確認です。ミーティングなどを開催してチームの進捗状況を確認してみてください。

また、タスクや進捗が管理できるツールを使うことも有効です。

データに基づく効果検証

Webマーケティングは効果が出るまで時間がかかります。3か月、半年と取り組んでも成果が出ないケースも珍しくありません。前月、前週と比べてどうなったのか、ツールを使ってデータの収集・分析が必要です。

分析した内容をもとに施策を軌道修正していくことも大事です。施策についてやりっぱなしではなく、定量的なデータをもとに効果検証もしてみてください。

正しい知識を吸収し続ける

Webマーケティングに関して出回っているノウハウやコンテンツには誤っているものがあり、正しい知識を吸収する必要があります。最新情報を収集することは大事ですが、その情報が正しいのか裏取りもポイントになります。

表面上の情報だけではなく、その背景から本質的な情報を得ていきましょう。

Webマーケティング組織を立ち上げてみよう

Webマーケティング組織とは、複数人でWebマーケティングに取り組むことです。Webマーケティング組織を立ち上げるには戦略や目標を考えることが重要であり、経営層も積極的に関与することも大事になります。

また、Webマーケティングの基本をチーム全体が理解しておくこともポイントです。本記事を参考にしてWebマーケティング組織を立ち上げてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?