【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

音声SNSアプリ「Clubhouse」の登場を筆頭に、各SNSが様々な新機能の実装、仕様変更などサービスの拡充を進めています。

2020年12月よりベータテストが行われていた音声サービス「Spaces」が2021年4月から全ユーザーによって利用可能になるなど、Twitterでは新しいサービス・機能などが続々と発表されています。

今回はその流れに続く、Twitter初の課金機能「スーパーフォロー(Super Follows)」について、米Twitter社の発表をもとにご紹介します。

1.Twitter「スーパーフォロー」とは?

「スーパーフォロー(Super Follows)」とは、米Twitter社が現地時間、2021年2月25日にオンライン開催された「Twitter Analyst Day 2021」内で発表したTwitter初となる課金機能です。

Twitter社は、スーパーフォローとは「ユーザーが特定のアカウントを有料でフォローすることで、通常のフォロワーでは見られない限定コンテンツを楽しめるもの」であると説明しています。

Twitterは「公共の会話(Public Conversation)」の場を提供することを目的としていて、会話の幅を広げる1つの手段として新機能を追加していくとしています。

なお、スーパーフォローの提供開始時期は「年内」とされており、日本での提供に関してはまだ明らかにされていません。

2.Twitterの課金機能「スーパーフォロー」の特徴

Twitterの新機能「スーパーフォロー」は、Twitterユーザーが特定のアカウントを有料でフォローすることにより、通常のフォロワーには提供されない限定コンテンツを楽しめるという機能です。

フォローすることで自らが直接的にそのアカウントの持ち主を支援することが出来る、クリエイターへ向けた金銭的なインセンティブが発生する仕組みになっているとも説明されています。

スーパーフォローの価格はカスタマイズが可能(資料内では一例として、月額4.99ドル(日本円にして500~600円相当)として表記)で、フォローすることでユーザーは以下5つの特典を受けることができます。

3.ユーザー保護や誤情報拡散防止の新機能も

またユーザーを嫌がらせなどから守る「SMART SAFETY(スマートセーフティー)」と、誤情報の拡散を防止する「BIRDWATCH(バードウォッチ)」も発表されています。

「SMART SAFETY」は、特定ユーザーによる侮辱や罵声などのリプライといった悪質な行為を検出し、自動的にブロックやミュートすることによってユーザーの目に触れさせないようにする機能があります。

ユーザーは任意で機能のオンオフを切り替えることが可能で、特定ユーザーとの接触制限がより簡単になることを目指しています。

「BIRDWATCH」は、ユーザーの助けを借りて誤情報の拡散に対抗するように試みるもので、Twitter社が先導して行うものではないとしています。

これは先に行われた米大統領選挙で、ドナルド・トランプ元大統領のツイートに注意書きを付したときとは違う方法になっており、イメージとしては世界中の有志が相互に制作する百科事典・Wikipediaのようなモデルを想定しているようです。

Twitter社はそのほか、特定のテーマに関心を持つユーザー同士がコミュニティをつくり交流できる「COMMUNITIES」など、様々な新機能のアイデアを発表しています。

4.Twitter社、2023年までに年間収益を2倍に

Twitter社は毎年恒例のイベント「Analyst Day」で、2023年末までに年間収益75億ドルを達成する見通しを発表しました。

2020年は37億2000万ドルだったため、3年でおよそ2倍という野心的な目標になっています。

目標実現に向けて、収益化可能なデイリーアクティブユーザーを3億1500万人に拡大させ、前述した「Super Follows」などの機能を段階的に実装するというと発表しています。

実現のため、昨年ローンチした「フリート(Fleet)」のように会話の幅を広げるべく、音声サービス「Spaces」(日本では2021年4月から提供予定)、ニュースレター機能の「Revue」(日本では2021年2月から提供)に加え「Super Follows(スーパーフォロー)」を提供するとしています。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?