【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

写真や動画を撮影し共有するSNSであるインスタグラムと、ツイートと呼ばれる短文や画像・動画等を共有するSNSであるTwitterは世界中で多くの人々が利用する、大変人気のあるSNSです。

主として発信する情報や機能の異なる両者ですが、この2つを連携してより便利に利用することが出来るのをご存知でしょうか。

この記事ではインスタグラムとTwitterを連携し、プロフィールにそれぞれのリンクを貼ったり、写真を同時に投稿する方法、インスタグラムとTwitterを連携するときに活用するアプリ「IFTTT(イフト)」について解説していきます。

1.インスタグラムとTwitterの使い方の違い

インスタグラムとTwitterは共に世界中で多くの人が利用しているSNSですが、それぞれ違いがありますのでここで簡単に違いを紹介しましょう。

1-1.インスタグラムは「写真」コンテンツ。Twitterは「文字」コンテンツ

大きな違いはインスタグラムは「写真」コンテンツであり、Twitterは「文字」コンテンツである点です。

インスタグラムで文字を投稿することは出来ますし、逆にTwitterで写真を投稿することも出来ます。

しかしながら、インスタグラムにおける文字は写真や動画を投稿するときの説明文(キャプション)という使われ方がメインです。

Twitterでも投稿内容のメインはツイートと呼ばれる短文であり、写真や動画はツイートに付属するものである、というのが利用者のスタンスです。

1-2.インスタグラムは「世界観」を探す。Twitterは「今の話題」を探す

インスタグラムとTwitterは投稿するコンテンツの違いのほかに「検索性」の違いがあります。

インスタグラムはファッション、グルメ、絶景、アートなど自分の求める「世界観」を検索する際に重宝します。

一方、Twitterはリアルタイムのトレンドや話題のニュースなど「今の話題」を検索することに強みを持っています。

1-3.インスタグラムとTwitterでは利用ユーザーの属性が異なる

インスタグラムとTwitterは文化的なものや利用ユーザーの属性が異なります。

利用者の年代や性別、興味関心など、様々な点で違いがあるため、自分が2つのSNSを使っていてもフォロワーの性質が変わるため、コンテンツの見せ方を変えるなど工夫も必要になります。

2.インスタグラムとTwitterを連携するとどうなる?

一見すると役に立たないかもしれないお互いの連携ですが、やってみるとどうなるでしょう。

2-1.同時投稿が可能になる

インスタグラムにTwitterを連携すると、インスタでの投稿がTwitter上のフォロワーにも通知されます。

Twitterのフォロワーやツイートの閲覧者からも自分のインスタにアクセスが見込めるため、閲覧数やいいねはもちろん、フォロワーの獲得にもつながるでしょう。

2-2.連絡先(フォロワー等)は同期されない

インスタグラムをTwitterと連携したからといって、Twitterでつながっているアカウントがインスタ上で表示されることはありません。

またInstagramのアカウントが非公開の場合、Twitterに同時シェアした投稿からあなたのプロフィールを閲覧しようとしても「このアカウントは非公開です」と表示され、勝手にフォローされない仕組みになっています。

3.インスタグラムでTwitterを連携する方法

インスタグラムで、Twitterと連携する標準的な手順を解説します。この方法を使うと、Twitterでは投稿のURL(リンク)のみが表示されるようになります。

3-1. Instagramアプリで「リンク済みアカウント」を選択

プロフィール画面右上のメニューボタンから設定ボタンを開き、アカウントをタップします。

続いてリンク済みのアカウントを選択すると、連携可能なSNS一覧が表示されます。

3-2. Twitterアカウントを認証する

Twitterを選択したら、Twitterアカウントの認証をおこないます。入力欄の上段にTwitterのユーザー名(メールアドレス)、下段にパスワードを入力し連携アプリを認証をタップしてください。

Instagramアプリのリンク済みのアカウントへ戻り、Twitterの項目に自分のユーザー名が表示されていれば連携完了です。

3-3. インスタグラムで画像を投稿する

Twitterとの連携設定が完了したら、インスタで新規投稿を作成します。キャプションなどの入力画面へ進むと、画面の下に連携サービス一覧が表示されるので「Twitter」をオンにした状態でシェアします。

3-4. Twitterを開いて同時投稿を確認する

Twitterを開くと、先ほどのインスタ投稿へアクセスできる専用URLが、自分のアカウントでツイートされています。このURLをタップすると、Web版インスタグラムが開き、当該投稿ページに遷移します。

3-5.連携の解除は簡単におこなえる

Twitterとの連携は、いつでも簡単に解除可能です。連携によって情報が拡がりすぎたり、知らない人にフォローやいいねをされたりするのを避けたい場合は解除をおこないます。

ただし、連携解除前に同時投稿が実行された投稿についてはTwitterに残っています。そのためインスタ投稿URLが乗ったツイートを削除するほかありません。

プロフィール画面右上のメニューから設定ボタン→アカウント→リンク済みアカウントと進みます。

続いてTwitterをタップし、次の画面でアカウントのリンクを削除を選択すれば連携解除が完了します。

なお、特定の投稿をTwitterと同時投稿しないようにする場合は、投稿時にTwitterのボタンを「オフ」にすることで対応できます。

4.インスタの投稿を画像付きでTwitterに同時投稿する方法

インスタ投稿を写真・画像付きでTwitterに同時投稿できれば、リンクだけのシェアに比べてクリック率も高まり、インスタへのアクセスもより多く見込めます。

そこで今回は、複数のSNSアカウントを連携させることで同時投稿を可能にするアプリ「IFTTT(イフト)」を使った方法を解説します。

4-1. アプリ「IFTTT」をインストールする

まずはIFTTTアプリをインストールしてください。

4-2. IFTTTでアカウントを登録する

IFTTTを利用するには、アカウントを登録する必要があります。

アプリを起動させContinueをタップし、Apple ID、Facebookアカウント、Googleアカウント、Emailアドレスのいずれかを選択します。

あとは選択したサービスのアカウント情報(ユーザーネームやパスワードなど)を入力すれば、アカウント登録が完了します。

4-3. IFTTTにインスタグラムを紐付ける

続いて、IFTTTにInstagramアカウントを紐付けます。

トップ画面右上のCreateからCreate your ownをタップし、次の画面でStartを選択します。Thisをタップしたら、次の画面でInstagramのアイコンを選んでください。

Instagramアカウントの追加画面へ遷移し、画面がピンク色に切り替わります。Any new photo by youを選択したらAddをタップ。

インスタグラムのログイン画面が表示されるので、ユーザーネーム(電話番号やメールアドレス)とパスワードを入力してログインします。

次の画面で「あなたのプロフィール画面へのアクセス」にチェックが入っているのを確認し、承認すればOKです

4-4. IFTTTにツイッターを紐付ける

続いて、IFTTTにTwitterアカウントを紐付けましょう。

Instagramアカウントを追加した後の画面でThatを選択し、Twitterアイコンをタップします。続いてPost a tweet with imageを選択してAddをタップ。画面が切り替わったら、Twitterのアカウント情報を入力してください。よければ連携アプリを認証を選択します。

次の画面では、ツイートに反映する投稿の「範囲」を設定できます。範囲とはCaption(本文)のほか、投稿のURL、Created date(投稿した日付)などを指します。これらは「Tweet text」のボックスをタップし、Add Ingredientを選択すると画面下部のメニューから追加できるようになります。

追加したい要素を選択してInsertで追加し、問題なければDoneをタップしてください。

Create actionで設定が完了します。

次の画面でInstagramとTwitterのアイコンが表示されていれば、両アカウントがIFTTTに連携したことになります。

4-5. InstagramとTwitterのアカウントをIFTTT上で連携させる

最後に、InstagramとTwitterをIFTTT上で連携させます。画面右上のNextをタップし、「Create your own」の画面になったらFinishを選択してください。

画面下部にConnectedと表示されれば連携完了。なお、連携を解除するには、Connectedをもう一度タップすればOKです。

4-6. インスタグラムで写真を投稿

IFTTT上でInstagramとTwitterのアカウント連携が完了したら、Instagramアプリから画像を投稿してみましょう。

いつも通り、インスタのフィード投稿を編集します。重要なのはTwitterへの投稿をオフにしておくこと。Twitterの項目がオンになっていると、IFTTTでの同時投稿とは別にURLのみの投稿もツイートされてしまうので注意してください。

確認して問題なければシェアで投稿しましょう。

Twitterでツイートを確認すると、インスタの投稿画像付きツイートが反映されているはずです。画像のすぐ下に 「IFTTT」と表示されていることから、IFTTTでの連携と同時投稿が成功しているのがわかります。

4-7. インスタの動画投稿をツイートに反映させるには

IFTTTでは、静止画(サムネイル)が表示されたインスタの動画投稿をツイートすることが可能です。ただし、サムネイルは動画投稿用に新しく設定する必要があります。

IFTTTを開き、右上のCreateをタップしたら、ThisからInstagramを選択します。

「Create your own」の画面で上から2つ目のAny new video by youをタップすれば、インスタグラムの設定はOKです。次の画面でThatを選択してください。

続いて、Twitter側の設定をおこないます。SNSアイコンからTwitterを選択後、Post a tweet with imageをタップしてください。

次の画面でFinishをタップすれば設定完了です。これでインスタから動画を投稿すると、Twitterで投稿URLと静止画がツイートされるようになります。

5.インスタグラムとTwitterを連携させる際のアドバイス

最後にインスタグラムとTwitterを「IFTTT」をつかって連携させる際の注意点を紹介しておきましょう。

5-1.インスタグラムとTwitterの文化を理解しておく

先に紹介しているように、インスタグラムとTwitterは利用ユーザーの属性や使われ方が異なります。

インスタグラムではウケていた投稿がTwitterでウケるとは限りません。

投稿の文章をそれぞれのSNSに合わせて工夫してみましょう。

5-2.ハッシュタグのつけすぎに注意

IFTTTをつかったインスタグラムとTwitterの連携は、ハッシュタグのつけすぎやキャプションが長すぎないように注意しましょう。

インスタグラムでキャプションテキストが140文字以上を超える投稿をTwitterに連携しようとしてもエラーとなり上手く投稿できない場合があります。

Twitterではハッシュタグは多くとも3つまでに減らし、その分投稿の魅力をテキストで表現しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?