【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Twitterキャンペーンを活用してプロモーションを行うことが当たり前になってきています。Twitterキャンペーンはフォロワー獲得に有効とされています。しかしながら、設計を誤ると思うような成果でません。

そこで、この記事ではTwitterキャンペーンの設計ポイントや成功事例から有効な手法を見ていきます。

Twitterキャンペーンとは

Twitterキャンペーンとは、自社の商品やサービスの認知度向上のために行うプロモーションです。ほかにも、ブランディングや売上増加、フォロワーの獲得といった目的で活用する企業も多いです。企業側がプレゼント商品することもあり、ユーザーは抽選でそれらの優遇を受けられます。

また、Twitterキャンペーンには以下の2つの方法があります。

・通常キャンペーン

→フォローやリツイート後に参加者を集計、抽選により当選者を発表する。

・インスタントウィン

→キャンペーンに参加するとすぐに当選報告が出る。

現在、中小企業やベンチャー企業で多く取り入れられているのは通常キャンペーンです。通常キャンペーンは、企業は景品を用意する以外のコストがかからず、フォロワー数を増やせます。

インスタントウィンはユーザーがランディングページからのツイートという手間がかかるため、景品に魅力がなかったり当選者が少なかったりすると参加者は少ないです。費用の捻出ができる大企業がインスタントウィンを採用することが多くなっています。

なお、いずれのキャンペーン方法においてもハッシュタグを入れることで、それを起点とした参加者が見込めます。

今、Twitterキャンペーンが注目されている

昨今、Twitterキャンペーンが注目されています。その理由はTwitterユーザーの特徴があります。Twitterは性別や年齢に関係なく、幅広い利用率があります。

また、リツイート機能により拡散性が高く、より多くのユーザーとの接点が見込めます。ですから、キャンペーンとの相性が良いわけです。

また、ここ数年でオートリプライツールが登場しました。オートリプライツールとは、ハッシュタグツイートもしくはフォロー&リツイートすると、自動的に返信されるものです。

この機能にインスタントウィンを搭載すると、キャンペーンの企画内容に左右されずにユーザーとの接点が生まれます。以上のことからTwitterキャンペーンは今後も企業が積極的に導入すると考えてもいいでしょう。

Twitterキャンペーンを行うときの4つのポイント

Twitterキャンペーンを行うときは、以下の4つのポイントが大切です。

キャンペーンの内容とターゲットの相性

Twitterキャンペーンの設計が甘いと、満足できる成果がでません。まずはターゲット層とキャンペーンの相性を検討する必要があります。

ユーザーのなかには、懸賞用アカウントを開設する人もいます。懸賞用アカウントを開設するユーザーはキャンペーンが終了すると、フォローを解除する傾向が高いです。ですから、キャンペーンを打ち出しても一定数のフォロワーの増減があると思います。

懸賞用アカウントの一定数にはリーチしてしまうことを理解することもポイントです。そのうえで、自社の商品やサービスとマッチするキャンペーンを検討する必要あがります。

リーチの有効性

前述のように、懸賞用アカウントへのリーチはそれなりにでてしまいます。とはいえ、これを逆手にとって懸賞用アカウントにリーチする施策もあります。

たとえば、プロフィールにおいて「懸賞」というキーワードを入れているユーザーは「ママ」「育児」「専業主婦」などのキーワードも入れています。

ですから、主婦やママ層などが自社商品のターゲットと一致する場合は、相性のいいキャンペーンができるでしょう。

キャンペーン後のフォロワーの定着

Twitterキャンペーンの難しさは、キャンペーン後のフォロワー定着です。キャンペーンを数回しただけでは自社のフォロワーになる可能性は低いでしょう。

フォロワーを定着させるには、定期的なキャンペーン実施が必要です。また、キャンペーンで獲得したユーザーにコンテンツを提供しながら、発信している情報の有益性を理解してもらうようにしましょう。

KPI管理

Twitterキャンペーンは実施して終わりではなく、効果測定も大事です。

・マスマーケティング目的 → インプレッション数やリーチ効率(CPM)

・顧客ロイヤリティ目的 → フォロワー数

・フォロワー獲得目的 → 1フォロワーあたりの費用(CPF)

以上のようにキャンペーンの目的により、計測する数値は異なります。計測した数値をもとに、キャンペーンの再構築がポイントです。

Twitterキャンペーンの成功例

以下でTwitterキャンペーンの成功例をご紹介します。

メルカリ

メルカリは、新機能のリリースやシステムトラブルなどのアプリの最新情報を伝える目的でTwitterキャンペーンを実施。CRMが目的で運用していましたが、2020年4月には「#メルカリのモノガタリ」として、又吉直樹さんなどの著名人がTwitterで連載する企画を行いました。

連載スタートからフォロワーが爆発的に伸び、少し減少したあたりにキャンペーンを実施しています。幅広い層のユーザーがフォローし、エンゲージメント率も10%ほど獲得しています。

Francefrance

Francefranceはアイドルグループとのタイアップキャンペーンを実施しました。キャンペーン前に予告ツイートをして、フォロワーを獲得。キャンペーンツイートによりさらにフォロワーが増加、アイドルグループのフォロワー属性と商品属性の親和性が高く、キャンペーン後もフォロワーが定着しました。

商品ターゲットとアイドルグループのフォロワー属性をしっかりとリサーチした秀逸なキャンペーンといえます。

ペプシ

ペプシはインスタントウィン形式のTwitterキャンペーンを実施しました。毎日、ペプシ1本分に相当するLINEポイントを贈るキャンペーン内容です。ペプシの公式アカウントをフォローして、サッカー選手の本田圭佑さんとのジャンケンで勝利すると抽選が受けられるものです。

これは毎日参加できる再現性のあるキャンペーンであり、ゲーム感覚や気軽さなども重複してバズが発生しました。期間は決めてありますが、定期的にこのキャンペーンを開催することで一気にフォロワーを増やした事例です。

Twitterキャンペーンを活用しよう

Twitterキャンペーンはフォロワー獲得に有効な施策です。大手企業だけではなく中小企業も活用しており、注目されているプロモーション方法となっています。ただし、キャンペーンの設計が甘いと成功しませんので、事前の準備を万全に行いましょう。

Twitterキャンペーンで多くのフォロワーを獲得して、ブランディングやプロモーションに活かしてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?