【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

近年さまざまなSNSにおいてショートムービーが流行していますが、その火付け役としていち早く人気となった「TikTok」は、2023年の第1四半期に最もダウンロードされたアプリとして高い人気を維持し続けています。 

そんな勢いのあるTikTokは、一般ユーザーやインフルエンサー以外にも多くの企業が利用しており、SNSマーケティングツールとしても注目のアプリです。 

しかしTikTokを使ったことがないと、 

「どうやって投稿を作ればいいんだろう?」 

「動画より手軽な投稿ってできないの?」 

などの疑問や悩みを感じることもあるのではないでしょうか。 

以上のような方には、誰でも簡単に使える「写真投稿」の機能を活用することがおすすめです。 

そこで今回この記事では、TikTokで写真投稿を行う方法を実際の事例とあわせて分かりやすく解説していきます。

1.TikTokの新機能!写真投稿ができるフォトモードが登場!

TikTokでは、インスタのようなスライド写真投稿が可能になりました。元々TikTokでは写真を投稿できたのですが、写真自体がスライドショーになってインスタのような写真投稿ではなく、写真が動画になって投稿されていました。

しかし、TikTokでも動画ではなく自分でスライドして写真を見れるフォトモードが追加されたのです。

2.TikTokで写真をスライドさせる写真投稿(フォトモード)のやり方!

ここからは、実際にTikTokで写真を使ったスライドショーを投稿する方法を解説していきます。

はじめに、TikTokのアプリを開き、メニューの「+」をタップします。

次に、画面右下に表示されている「アップロード」をタップします。

続いて、表示された写真フォルダから写真を選択します。

1枚での投稿も可能ですが、2枚以上使用したい場合は「複数選択」をタップしてください。

画像一覧からスライドショーに使いたい写真の右上をタップし、写真を選択してください。

写真の選択が完了したら、「次へ」をタップしましょう。

続いて、編集画面でBGMやテキスト、エフェクトの編集をします。 

BGMは自動で設定されていますが、変更したい場合は、画面上部に表示されている曲名をタップしてBGMを変更することが可能です。

また、フォトモードへの切り替えも画面下部から設定できます。 

テキストやエフェクトの編集後に、画面下部の「次へ」をタップします。

タグやテキストを入力し、右下の「投稿」をタップしてください。

以上で、スライドショーの投稿が完了です。

3.TikTokで写真投稿(フォトモード)ができないときの対処法

ここからは写真投稿ができない場合の対処法についてご紹介します。

3-1.アップデート

まずは、TikTokのアップデートがあるか確かめてみましょう。

アップデートしないと新しい機能など使えない場合があるのでアップデート必須です!

※アップデートの確認方法

①App Store(Google Playストア)を開く

②右上の自分のアカウントをタップ

③アップデート欄があるのでチェック

3-2.ログアウト

一度ログアウトしてログインすることで新機能を使えるようになります。

なので一度ログアウトしてみましょう!

※ログアウトの仕方

①プロフィールの右上「三本線」

②「設定とプライバシー」

③「ログアウト」

3-3.アンインストール

アプリをアンインストール(アプリ削除)してもう一度アプリをインストールすることで機能が使える場合があるので試してみてください!

※再ログインが必要なのでログイン情報は覚えておきましょう!

4.TikTokのフォトモーション機能を利用する方法

次に、写真を利用して簡単に動画を作成する「フォトモーション」の作成方法をご紹介します。

はじめに、TikTokのアプリを開きメニューの「+」をタップします

画面下部をスライドし、「ストーリーズ」から「フォトモーション」まで移動しましょう。

続いて、表示されたテンプレートから好きなテンプレートを選びましょう。

使いたい写真の枚数が決まっている場合、テンプレートのタイトルの下に写真の枚数が表示されているので参考にしてください。

また、「歌詞付きフォトモーション」を利用したい場合もこの画面で対象の楽曲を選択しましょう。 

テンプレートが決まったら下の「写真をアップロード」をタップします。

続いて、写真フォルダからフォトモーションに使用したい画像を選択し、「確認」をタップしましょう。

選択した画像を使用したフォトモーションが作られるので、確認します。 

音楽は元のテンプレートで使用されているものから変更することも可能です。

編集が完了したら、「次へ」をタップし、「投稿」を押せばフォトモーション機能を使用した動画投稿の完了です。

テンプレートを使用することで、写真を表示する長さの調節や音に合わせるタイミングなど編集するといった手間をかけずに本格的な動画を製作することが可能となります。

動画作成に自信がないという方は、是非活用してみてください。

5.まとめ

今回この記事では、TikTokで写真を使った投稿を行う方法や実際の写真投稿をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 

写真投稿は手軽にハイクオリティな投稿を作成でき、アカウントの認知拡大も期待できることから、アカウント運用の初期段階から積極的に活用したい機能といえるでしょう。 

また、TikTokを含めたSNSアカウントの運用ノウハウがない場合には、アカウント運用代行サービスを活用しながらノウハウを吸収することもおすすめです。 

操作方法を覚えてTikTok投稿で集客に繋げてみてください。

【東証プライム企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?