【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

企業のセキュリティ対策として、インシデントの検出や対応を一括管理できるSOCサービスの導入が広がっています。

本記事ではSOCサービスについて基本知識やメリット、サービスの選び方についてご説明します。おすすめのサービスも取り上げましたので、ぜひ参考にしてください。

そもそもSOCとは何?

SOCとは「Security Operation Center」の頭文字をとった略語であり、「ソック」と呼ばれています。企業のシステムやネットワークを24時間365日体制で監視する組織を意味します。

SOCは情報セキュリティに対する高度な知識を持つ技術者で構成されており、さまざまな認定資格を有していることが一般的です。大企業は自社内に組織を構成する場合もありますが、セキュリティ専門会社が提供するサービスを利用する方法もあります。

SOCが必要とされる背景

SOCが必要とされる背景には、企業が多岐にわたるIT技術を取り入れていることがあげられます。各種システムやサーバー、PCなどの端末だけではなく、近年では仮想デスクトップ、スマートフォン、タブレットなどを活用して業務にあたるようになりました。

さらにクラウド環境の活用も広がりをみせるなかで、情報セキュリティに関する重要性が高まったわけです。外部環境との接続や通信が行われ、サーバー攻撃も多様化しています。それらのサーバー攻撃の対策として、24時間365日の監視サービスへの関心が高まりました。

SOCサービスを導入するメリット

SOCサービスを導入すると、当然ながらセキュリティ対策が徹底できます。前述のとおり、近年のサーバー攻撃は多様化しており、従来の対策では不十分な場合があります。

しかし、SOCサービスならば高度な知識を持つ専門家やシステムにより、セキュリティ対策のレベルが向上します。巧妙化するサーバー攻撃のリスクが軽減できるわけです。企業としてはセキュリティ対策を強化することで、顧客の信頼にもつながるでしょう。

また、SOCサービスの導入により業務効率化が図れます。これは社内で情報セキュリティ部門を設置できない場合には、大きなメリットでしょう。それまで従業員が兼務していたとすれば、SOCサービスの導入で本来の業務に集中できます。

SOCサービスの選び方

ここからは、SOCサービスの選び方をご紹介します。最低限の着眼点として、以下の4点をご説明します。

対応時間とコミュニケーション方法

SOCサービスの基本は24時間365日の監視体制です。これが実現できていない場合は、運用後の成果が出にくい可能性があります。また、監視内容の報告手段や時間帯が決まっているかも確認してください。

以上を検知してから迅速な報告があると、対応もスムーズにできます。また、やり取りの方法を事前に確認しておくことで、コミュニケーションもスムーズになるでしょう。

必要な機能が備わっているか

自社に必要な機能が備わっているかどうかも確認しましょう。カスタマイズ性についてもチェックしておきたいところです。監視対象の商品や種類、インシデント発生後の対応範囲など、幅広い項目で機能を比較していきましょう。

自社の管理のしやすさ

サービスを利用するときは、自社の管理のしやすさや使いやすさを確認する必要があります。ユーザー向けのポータルサイトがあると、視認性が高く、なおかつリアルタイムでインシデントやチケットの状況が確認できるでしょう。

提供実績

一口にセキュリティ対策とはいっても業種や業界によってサーバー攻撃の傾向が異なります。そのため、SOCサービスの提供実績では、自社と同業種での提供実績があるかどうかを確認することがポイントです。

また、認定セキュリティエンジニアの存在を確認しておけば、サポートやサービスについての安心感があります。

おすすめSOCサービス3選

ここでは、SOCサービスでおすすめの3つのサービスをご紹介します。特徴を理解して、導入の際の参考にしてださい。

TechMatrix Premium Support powered by TRINITY

TechMatrix Premium Support powered by TRINITYは、契約期間内であればネットワークフロー集センサーが無償で貸与されるため、監視対象製品の監視だけではなく、ネットワークフローの情報を相関分析できます。網羅的なセキュリティ監視サービスを検討している場合に向いています。

TechMatrix Premium Support powered by TRINITYはこちら

ネットワールド マルチベンダーSOCサービス

ネットワールド マルチベンダーSOCサービスは、SIEMによる高度な相関分析を行うプラントとゲートウェー製品などを中心とした低料金プランから選べます。また、他社で購入しや製品も対象に入れることが可能です。

ネットワールド マルチベンダーSOCサービスはこちら

NTT-ATのFortiGate SOCサービス

NTT-ATのFortiGate SOCサービスは、ニーズと予算に応じて3つのプランから選べます。対象となるのは、フォーティネット社のFortiGateです。契約から5週間ほどでサービスインして、ユーザーごとのポータルサイトが開設されます。

NTT-ATのFortiGate SOCサービスはこちら

SOCサービスセキュリティ対策をしよう

サーバー攻撃が巧妙化している昨今において、ITツールを積極的に活用している企業のSOCサービス導入は不可欠なものでしょう。現状のセキュリティの課題を洗い出して、責任範囲を決めましょう。

サービスを選ぶときは本記事でご紹介した内容に着目してみてください。SOCサービスを導入してセキュリティ対策を強化しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?