【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

検索エンジンでサイトを運営するならば、検索エンジンに好まれるコンテンツを作る必要があります。そして、検索エンジンはキーワードに対して「素早く」「正確な」回答を用意しているサイトを上位表示させています。

そこで重要になるのが、検索意図の把握です。キーワードに対してユーザーが何を求めているのか、それを把握してこそ検索エンジンが求めるコンテンツに仕上がります。

この記事では、検索意図の調べ方を中心に解説します。ぜひ、今後のコンテンツ制作に活かしてください。

検索意図とは何か?

検索意図とは、文字通り「検索したユーザーがどんな意図を持っているか」です。たとえば、「東京 ラーメン店 おすすめ」と検索するユーザーならば「東京でおすすめのラーメン店が知りたい」と検討がつきます。

そのような検索意図がわかると、ユーザーが欲しい情報をコンテンツに反映しやすくなります。

検索意図の重要性

検索意図の重要性を知るには、「Googleが掲げる10の事実」が手がかりになります。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。(引用:Googleが掲げる10の事実

以上は、10項目のうちの一番目に書かれている内容です。特に「利便性を第一に考える」という文言にすべてが集約されています。ユーザーにとっての利便性とは、「知りたい情報を素早く得る」ことです。つまり、ユーザーの検索意図を正しく把握して正確な情報を提供することが求められています。

ですから、「東京 ラーメン店 おすすめ」というキーワードについて、美味しいラーメンを提供するお店の選び方を書いても評価されないわけです。一方でおすすめできるラーメン店をピックアップして、おすすめする理由を記載すると評価されるでしょう。

このように検索意図を汲み取ったコンテンツこそが、ユーザーの利便性につながり評価を高めていきます。

検索意図は4つに分類される

一言で検索意図といっても、その特徴から4つに分類できます。

知りたい

ユーザーが何かの情報を知りたいと考える場合の検索意図があります。たとえば、「SEOが何かを知りたい」と考えれば「SEOとは」などと検索するでしょう。ユーザーが何かについて情報収集をしたいときの検索意図は需要も多く、対策キーワードとしてもアクセスが稼げるでしょう。

行きたい

ユーザーがどこかに行きたいときに経路などを調べるときの検索意図です。「新宿 ラーメン店」や「遊園地 大阪」などのキーワードがこの場合に当てはまります。記事にする際は、アクセス方法や営業時間などを盛り込むと評価されるでしょう。

やってみたい

ユーザー自身が何かやってみたいときの検索意図です。「チャーハン 作り方」「タイヤ交換 方法」などが具体例です。この検索意図のときは、必要なものや手順をわかりやすく解説すると効果的です。

買いたい

ユーザーが商品やサービスを購入したいときの検索意図です。「ミネラルウォーター おすすめ」「中古車 安い 東京」などがこの検索意図に当てはまります。「買いたい」が検索意図となっていると、自社のコンバージョンにも有益となるため狙いたいキーワードになります。

検索意図の調べ方

検索意図を調べるには、主に5つの方法があります。

実際に検索してみる

検索意図を調べるには、実際にキーワードを検索することから始めましょう。「東京 ラーメン店 おすすめ」を対策キーワードにするならば、実際に調べて上位5サイトを分析します。

まずみるべきは、タイトルとディスクリプションです。タイトルは何を意識しているか、そしてディスクリプションからどのようなユーザーを対象としているかを読み取ります。

競合サイトの見出しを確認

タイトルやディスクリプションだけでは検索意図を深く読み取ることができないため、見出しも確認しましょう。見出しは検索エンジンに対してコンテンツ内容を簡潔に伝えるものであり、上位表示になっていると検索意図を盛り込んだ内容と判断できます。

ただし、タイトルやディスクリプションの調査時もそうですが、あまりに多くの競合をチェックしないことが大事です。20サイト、30サイトとみていくと検索意図から外れた内容を盛り込んでいる可能性があります。

当然ながら、上位表示のサイトは検索意図を網羅していると判断されているため、上位にきています。ですから、多くても10サイト分の調査にとどめたほうがいいでしょう。

関連キーワードの確認

関連キーワードとは、主となるキーワードに対して関連するものです。「SEO」と調べた時には「SEO 方法」「SEO 分析」などさまざまな関連キーワードがあります。それらを知ることで、対策キーワードに対してユーザーが何を知りたいかがわかってきます。

なお、関連キーワードは「ラッコキーワード」などのツールを使うと調べることが可能です。

サジェストキーワードの確認

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入れたときに検索窓の下に表示されるものです。これは入力したキーワードについて、実際に検索されている頻度の高いキーワードを表示するものになります。

たとえば「東京 ラーメン店」と入力した際に「東京 ラーメン店 おすすめ」と表示されると「東京 ラーメン店」と検索したユーザーはおすすめのラーメン店を知りたいと考えることも可能です。

ただし、サジェストはあくまでの検索頻度の高いキーワードを表示するものであり、確実に検索意図を表しているとはいえません。

Yahoo!知恵袋の活用

ユーザーのリアルな声を知りたいときは、Yahoo!知恵袋の活用も有効です。方法は「東京 ラーメン店 おすすめ」とYahoo!知恵袋で検索して、質問や回答の内容を参考に構成を考えることができます。

検索意図を把握して良質なコンテンツを作ろう

検索意図を把握することは、コンテンツ制作の要といえます。ユーザーが求める答えをコンテンツに盛り込むには、検索意図を把握することが何より大事です。

検索意図をしっかりと読み取って、タイトルやディスクリプション、見出し、文章に落とし込むと良質なコンテンツが仕上がります。検索意図を読み取って、コンテンツを作りましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?