【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

SEO対策に有効なWordPressプラグインをご存じでしょうか。SEO対策ではコンテンツの質と充実が最も重要ですが、プラグインを活用することで、こまかな部分のSEO対策ができます。

本記事では、SEOに有効なWordPressプラグインについてご説明します。今後のサイト運営に活かしてください。

そもそもSEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語であり、日本語では検索エンジン最適化といいます。平たくいうと「検索結果で上位表示をさせる」ということです。

検索エンジンの大半はGoogleであるため、SEOではGoogleに評価されることを目指します。とはいえ、コンテンツやサイトの評価を決めているのは人間ではなく、ロボットです。つまり、そのロボットに気に入られることがSEOでは必要です。

SEOに有効なWordPressプラグインのメリット

SEO対策では、コンテンツを充実させることはもちろんのこと、その他にもさまざまな要素が必要です。そこで有効になるのがWordPressプラグインです。プラグインによりWordPressでSEO対策をすることはさまざまなメリットがあります。

特に専門知識がなくてもプラグインが利用しやすいことがあげられます。これまでならば細かな設定も自分で行わなければならなかったわけですが、プラグインを使うことで、手間を割くことがなくなります。

SEO対策に有効なプラグインは多岐にわたりますので、取り入れることでコンテンツ作成に注力できる点が最大のメリットでしょう。

SEOに有効なWordPressプラグインの注意点

SEOに有効なWordPressプラグインは非常に便利なものですが、注意点もあります。プラグインを導入しすぎると、ページの表示速度の低下が懸念されます。ページ速度の遅延はSEO対策では逆効果となるため注意が必要です。

また、サイトで利用しているテーマとの相性があるため、導入後にSEO効果が感じられないこともあるでしょう。ときにはプラグイン同士の機能が競合するなど、不具合が発生する原因にもなります。SEOに有効といわれるプラグインを導入するときは、以上の点に気を付けて運用していきましょう。

SEOに有効なWordPressのインストール方法

WordPressプラグインのインストール方法は、主に3つです。ひとつ目は、WordPressの管理画面から検索してインストールする方法です。これが最も一般的な方法といえます。

ふたつ目は、ほかのサイトで入手したプラグインをWordPressの管理画面からアップロードする方法です。この方法もさほど難しいことはないでしょう。

最後はほかのサイトで入手したプラグインをFTPソフトで直接、サーバーにアップロードする方法です。この方法はFTPに関しての操作や知識が必要となるため、初心者には向かない可能性があります。

ちなみに、WordPressの管理画面からプラグインを検索するには、メニューから「プラグイン」を選んでキーワードを入力する流れです。ダウンロードしたら「有効化」を選ぶと適用されます。

SEOに有効なWordPressプラグイン・おすすめ5選

ここからは、SEOに有効なWordPressプラグインとしておすすめの5つをご紹介します。それぞれの特徴などを把握して、導入を検討してみてください。

All in One SEO

All in One SEOは、総合的なSEO対策ができる海外製のプラグインです。SEO対策に必要な設定が一通りそろっているため、初心者にもおすすめのプラグインです。有料版もありますが、無料でも十分なSEO対策が可能です。

All in One SEOでは、SEO分析とスコア表示、検索結果の表示、noindex、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールとの連携など、さまざまな機能が備わっています。All in One SEOは日本でも人気ですので、迷ったら入れておきたいプラグインです。

XML Sitemaps

XML Sitemapsは、XMLサイトマップを自動で生成して自動で送信してくれるプラグインです。XLMサイトマップは検索エンジンにも送信されて、サイト内の記事がクロールされやすくします。

ページごとの優先順位を設定したり更新頻度の設定をしたりできるため、自サイトのテイストに合わせてクロールしてもらえるようになるでしょう。

Site Kit

Site Kitは、Googleが公式で提供しているプラグインであり、WordPressとGoogleのサービスを連携したり、Googleサービスの一元化をしたりできます。また、日々のデータの確認や分析業務の効率化を図ることが可能です。

これまでGoogleサーチコンソールやGoogleアドセンス、Googleアナリティクスなどをそれぞれのページで管理している場合であれば、Site Kitを導入することでWordPressの管理画面で一元管理が可能です。

Googleの各種サービスを一括管理したいときは導入してみるといいでしょう。

Rank Math

Rank Mathは、SEOに総合に対応している海外製の無料プラグインです。前述のAll in One SEOや後述するYoast SEOよりは知名度が低いものの、日本でも活用している方が多いです。

とはいえ、SEO解析、XMLサイトマップの作成、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールとの連携、SNS連携などSEOに有効な機能が備わっています。All in One SEOなどとの使い勝手を比べて、導入を検討してみるといいでしょう。

Yoast SEO

Yoast SEOは、総合的なSEO対策として人気のプラグインです。世界的にみるとYoast SEOのユーザーが多く、SEO対策としては定番のプラグインです。総合的なSEO対策が可能なプラグインと比較してみてから導入してみましょう。

注意点とすると、Googleアナリティクスのトラッキングコードを設置する機能があげられます。

SEOに有効なWordPressプラグインを使ってみよう

サイト運営ではSEO対策が必要であり、WordPressを活用している場合は、プラグインの導入で効果が期待できます。SEO対策に有効なプラグインを導入することで、コンテンツ作成に注力ができます。

ぜひ、プラグインを導入して、SEO対策を行ってみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?