【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスをしていると、SEOライティングやコピーライティングという執筆スキルを耳にするのではないでしょうか。

しかしながら、両者の違いやメリット・デメリットを理解している方は少ないものです。本記事では、SEOライティングとコピーライティングの基本知識や違い、サイトビジネスに活かせるかを解説していきます。

SEOライティングとコピーライティングについて

まずはSEOライティングとコピーライティングの概要をご説明します。

SEOライティングとは

SEOライティングは、Googleなどの検索エンジンに上位表示させるためのライティング手法です。

SEOを日本語でいうと「検索エンジン最適化」となるため、検索エンジンが好む内容で書くことがSEOライティングとなります。

ポイントとなるのは、読者(ユーザー)だけではなく検索エンジンに好まれるかどうかを考えることです。

コピーライティングとは

コピーライティングは、読者に対して具体的な行動を促すライティングスキルです。読み手のニーズを理解してメリットを示し、行動を促すという狙いがあります。

行動を促すというのは、資料請求や問い合わせ、成約などです。

また、コピーライティングは広告や本の帯、WEB広告、WEBサイトなど幅広い分野で利用されており、長文のコピーライティングは「セールスレター」ということがあります。

SEOライティングとコピーライティングの違い

SEOライティングとコピーライティングは目的が異なります。

・SEOライティング:集客が目的

・コピーライティング:成約が目的

SEOライティングは検索エンジンで上位表示を目指すことであり、集客につながります。コピーライティングはサイトやページからのコンバージョン率(成約率)の向上が目的です。

ただしSEOライティング、コピーライティングはともにライティングスキルとなるため、よく学ぶことが大事です。

SEOライティングとコピーライティングのメリット・デメリット

ここからはSEOライティングとコピーライティングのメリットとデメリットをご説明します。

SEOライティングのメリット・デメリット

SEOライティングのメリットはスキルを身につけやすいことです。

SEOライティングは検索エンジンの評価傾向を理解する必要があるものの、その知識は学びやすくなっています。

WEBサイト、書籍などさまざまな媒体でSEOについて研究することが可能です。そのため、SEOのスキルを身につけることは難しくありません。

トップクラスの知識やライティングスキルを身につけるには時間を要しますが、サイトビジネスを展開するレベルであれば時間もかからないでしょう。

しかしながら、検索エンジンのアルゴリズムの変更(アップデート)に対応する必要があります。そのたびに対応して、軌道修正することがSEOライティングのデメリットです。

特に大幅なアップデートがあると、これまで評価されていたサイトやページが検索表示の圏外になる可能性もあります。

アップデートに関する情報収集はこまめに行うことが大事になります。

コピーライティングのメリット・デメリット

コピーライティングのメリットは、スキルを身につけることで大幅な売り上げの向上が見込めることです。ですから、サイトビジネスで自社商品を販売するならば、特に身につけたいスキルとなります。

自社のサービスとして、コンテンツ制作を請け負う場合でも単価(報酬)を高く設定することが可能でしょう。

一方のデメリットは、スキルを身につけるまで時間がかかることです。コピーライティングは人間の心理を理解して何かしらの行動を起こさせることであり、勉強にも十分な時間が必要です。

一朝一夕で身につく知識やスキルではないため、社内で教育できる体制や社員が自分で勉強できる環境が必要になるでしょう。

サイトビジネスに必要なのはSEOライティング?コピーライティング?

ここまでSEOライティングとコピーライティングについてさまざまな内容をご説明しました。

ここで「サイトビジネスにはSEOライティングとコピーライティングのどちらが必要?」と感じている方もいるでしょう。

結論をいうと、SEOライティング、コピーライティングのいずれも必要です。

前述のとおり、SEOライティングとコピーライティングは目的が異なります。

たとえば、「サイトでの集客から資料請求、そして商談につなげたい」という目標の場合は、サイトに集客しただけでは目標を達成できません。

つまり、SEOライティングだけに注力していてはいけません。

サイト訪問者に「資料請求」という行動をしてもらうために、コピーライティングスキルを駆使することも必要となります。

サイトビジネスで集客と成約を同時に取り組みたいのならば、「SEOを意識したコピーライティング」が必要となります。

・SEO対策のキーワードを文中に自然な形でちりばめる

・タイトルや見出しに関係のないことは書かない

・結論から先に書き始める

以上の3点がSEOを意識したコピーライティングのコツです。

特にSEO対策のキーワード、つまり自分が上位表示を狙っているキーワードを文中にちりばめることは基本中の基本です。

また、読者は自分が知りたいことをすぐに欲しいので、本題から逸れている文章が続くとページから離脱します。無駄な話を省いて、結論からの述べると読者も理解しやすくなります。

SEOライティングとコピーライティングを身につけよう

SEOライティングをコピーライティングは、身につけるスキルや使用する目的が異なります。

サイトビジネスで成果を上げたいならば、いずれのライティングスキルも必要です。SEOを意識したコピーライティングを身につけてみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?