【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

「10年くらい前に作ったサイトを放置したままになっている」

このような古くなったサイトを今の仕様に合わせてリニューアルしたいと考えていないでしょうか。古くなったサイトを放置していると、さまざまなデメリットがあります。

今後のWEBマーケティングにも悪影響を与え可能性が高いため、古いサイトはリニューアルしたほうがいいです。そこで、この記事では古いサイトのリニューアル方法についてわかりやすく解説します。

古いサイトを放置するデメリット

古いサイトを放置するとさまざまなデメリットがあります。

・SEOで損をする

・レイアウトが時代に合わない

・WEBマーケティングがうまく進まない

一昔前のWEBサイトは、正しくないHTMLが書かれたサイトも多く存在しました。その要因には技術的に未熟だったことがあります。しかし、今は正しいHTMLで書かれていないサイトは検索エンジンが評価しないため検索上位されることがほとんどありません。

また、現代はスマートフォンで検索をする人が多いため、スマホ対応になっていないサイトも評価されません。レイアウトも現代にマッチしていないとSEO的に損をするわけです。

それから、現代においてWEBマーケティングは非常に重要です。もはやWEBサイトはビジネスのひとつとして、戦略的に活用することが大切になっています。古いサイトは時代にそぐわない面が多く、マーケティングにも悪影響です。

サイトをリニューアルするタイミング

古いサイトといっても、どのようなタイミングでリニューアルすればいいのでしょうか。ここではサイトをリニューアルするタイミングをご説明します。

デザインや機能が古くなったとき

サイトのデザインや機能が古くなったとかんじたら、リニューアルのタイミングです。サイトのデザインや機能は日々進化しているといってもいいでしょう。

何年も前のデザインではユーザーを惹きつけることができず、集客が思うように進まないことが多いです。また、機能性が欠如したときもリニューアルしてユーザビリティを向上させたいところです。

情報が混雑しているとき

ドメインパワーを向上させるまでは、コンテンツをどんどん増やすことに注力するでしょう。100記事200記事とページが蓄積されていくと、カテゴリー分けやタグ付けなどでうまく仕分けていかないとユーザビリティが低下します。

いいサイトは見やすくわかりやすいカテゴリー分けがなされているため、ユーザーが使いやすいです。ぜひ、情報が混在してきたらサイトをリニューアルして見やすく、使いやすい仕様にしてみて下さい。

古いサイトをリニューアルの方法・注意点

ここではサイトのリニューアル方法や注意点をご説明します。

リニューアルは全体を見直す

サイトのリニューアルで念頭に入れておいてほしいことがあります。それは、サイトのリニューアルは一部だけではなく全体を見直すことです。部分的にリニューアルしてもほかの箇所もいずれリニューアルする必要があります。

細かくリニューアルをすると、その都度、手間や費用がかかるため、一度に全体を変更したほうが結果的に手間も費用も掛からないことが多いです。

問題の洗い出しやリニューアルの目的・目標を決める

サイトリニューアルを始めるにあたり、自サイトの問題点を洗い出しましょう。とはいえ、自社内で問題点を探るには限界があります。そのときは、ユーザーからの生の声を聞いてみてください。

「スマホでは見にくい」「ページの表示まで時間がかかる」「見たいコンテンツにたどり着けない」などさまざまな問題点がでてくると思います。この問題点を重点的にサイトのリニューアルをしましょう。

その後、目標と目的を数値化します。サイトリニューアル後のコンバージョン数を1日5件、月間10万PVなど具体的な目標数値を定めることで、各箇所の担当者もみえてきます。

サイトマップなどの作成

サイトマップはサイト上のものではなく、サイトの構造を簡易的に書きだすことです。サイトリニューアルに関して、大枠のテーマが決まっていれば対策キーワードを洗いだしてみるといいでしょう。

それらの対策キーワードをカテゴリー別にわけて階層状にすれば、上手にサイトマップが作れます。

デザイン案やコンテンツ作成

デザイン案はイラストレーターやフォトショップなどのツールを使って作成しましょう。サイトマップなどをもとにコンテンツの幅や長さ、文字の大きさ、色など細かなところまで作ってみてください。

デザインではトップページ、カテゴリー一覧ページ、記事ページ、問い合わせページの4つをつくると問題ないです。トップページにロゴマークなどをデザインすれば、印象に残るサイトになるでしょう。

コンテンツ作成では既存ページのリライトなども大切ですが、コーディングのし直しも行ってください。コーディングも専用ツールを活用すると効率的に仕上がります。アドビ社の「Dreamweaber」などは利用者が多いツールです。

コーディングではサイト全体の共通箇所から取り組んだあとに、古いサイトの画像やテキストをコピーして新たなサイトへ流すとスムーズです。

サイトリニューアル後にすること

サイトリニューアルを終えたら、宣伝(集客)と効果測定を行いましょう。リニューアルしたことを告知するには、SNSを活用してみてください。予算が割けそうなときはプレスリリースやメルマガを使ってもいいでしょう。

また、検索順位のチェックツールを使って対策キーワードを登録して表示順位を確認してみてください。Googleが提供するアナリティクスやサーチコンソールにリニューアル後のサイトを登録して、流入の詳細を把握しましょう。流入キーワード、上位表示となっているページ、滞在時間などさまざまな角度から効果測定を行って、サイトやページの改善を行ってください。

古いサイトをリニューアルして復活させよう

眠らせている古くなったサイトは、リニューアルすることで復活します。自社のWEBマーケティングにも貢献できるサイトになります。現状の問題点を洗い出して、目標を数値化してサイトマップを作成。

ツールをうまく使ってサイトのリニューアルに取り組んでください。リニューアル後は、宣伝や効果測定を行って、より良いサイトを目指しましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?