【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスにおいて「コンテンツの文字数はどれくらい?」「文字数が多いと評価される?」と疑問に思うことがあるでしょう。

文字数が多ければ、コンテンツが充実しているようにも感じます。しかし、テーマに不必要な文章を入れれば評価が下がります。

そこで、この記事ではコンテンツと文字数の関係性を中心にご説明します。ぜひ、コンテンツ作りに活用してください。

コンテンツ(記事)に必要な文字数は?

結論からいうと、コンテンツの評価に文字数は関係ありません。以下でその理由を解説して、さらにコンテンツの評価に必要なこともご説明します。

コンテンツの評価に文字数は関係ない

コンテンツの文字数が3000文字であっても5000文字であっても、文字数から直接SEO効果を得ることはできません。

端的にいうと、文字数稼ぎのコンテンツは評価されないということです。とはいえ、文字数の多いコンテンツは上位表示となっていることが多いです。

コンテンツの評価に必要なのは網羅性

網羅性の高いコンテンツは、評価も向上します。では、どのようなコンテンツが網羅性のあるコンテンツなのでしょうか。

前述のとおり、キーワードやテーマに沿って深堀りしたコンテンツが網羅性を高めます。

具体的には、物事を考えるときの「MECE(ミーシー)」を加味することが大事です。MECEとは、物事を考えるときに正確な答えを導き出すために必要な要素を網羅することです。さらに、それらが重複しないようにする考え方も同時に必要となります。

この記事ではMECEについて深く解説しませんが、MECEはマーケティングに有効なロジカルシンキングであるため、身につけたい思考方法です。

MECEを活かして専門性を高めたコンテンツは、最終的にユーザーの利益となるためGoogleからの評価も向上します。

フラットデザインも評価を上げる

コンテンツの網羅性を高めると文字数は多くなりますが、不用意な文章を増やしては意味がありません。

文字数の多さにかかわらず、Googleはコンテンツの質を重視します。

そこで多くの企業がサイト運営で取り組んでいるのが、「フラットデザイン」です。フラットデザインとは、コンテンツを構成する要素を必要なモノだけにすることです。

不要な部分をそぎ落とすことでシンプルな構成になります。そのため、フラットデザインのコンテンツは文字数が少ない傾向にあります。

コンテンツは網羅性を高めながら、不要な部分をそぎ落とすことも大事です。仕上がった記事を読み返し、推敲してみましょう。

網羅性のあるコンテンツの作り方

コンテンツの評価を上げるには、網羅性がポイントです。以下で網羅性の高いコンテンツ作りについてご説明します。

専門知識

ここでいう専門知識とは、SEOキーワードに関するものです。狙っているキーワードについて、書籍やWEBサイト、Twitter、Facebook、YouTubeなどで徹底的に学習しましょう。

「コンテンツ 文字数」というキーワードで上位表示を狙っているならば、そのキーワードについて情報収集を行います。情報をもとに徹底的に勉強すれば、「コンテンツ 文字数」というキーワードの専門知識が身につきます。

専門知識が身につくと、それらを多く含んだコンテンツの作成ができるようになり質の高い記事が仕上がります。

ユニーク単語数を考慮したページ作り

ユニーク単語数とは、重複した単語も1つとしてカウントした合計数です。たとえば、1つの記事に「SEO」という単語が30回でてきても1つとカウントされます。

ユニーク単語数が増えれば、評価に有効な単語が増えることになります。よって、「SEO」という言葉の共起語や関連語などを盛り込むことがポイントです。

特にタイトルや見出しに共起語や関連語をいれると有効です。本文中では類義語を入れることでユニーク単語数が増えます。

具体例でみていくと「帽子」であれば、「キャップ」「被り物」など言い換えて表現すると効果的です。このように、キーワードに関する用語をふんだんに入れることを意識してみてください。

広い見解を踏まえたコンテンツにする

広い見解を踏まえたコンテンツにするには、作成した目次がポイントです。目次に対して、結論から書き始めて結論に対する具体例、まとめに続けていきます。

「結論」「具体例」「まとめ」「補足」という流れが広い見解を生みだして、網羅性の高いコンテンツとなります。

繰り返しですが、見出しに関係のない文章を入れてしまうと、ユーザーの利便性が低下するためGoogleからの評価も下がります。

なお、Googleの公式ブログでは「良質なサイトを作るアドバイス(https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html)」がなされています。

コンテンツ作りの際にチェックリストとして使ってみましょう。

網羅性を高めた記事は自然と文字数が多くなる

「文字数はSEOに大きく関係しない」、「上位表示されているページの多くは文字数が多い」という対立していそうな意見を述べました。

しかし、SEO対策で大事なことは網羅性のあるコンテンツ、つまりユーザーにとって良質なコンテンツを作ることです。網羅性を追求していけば自然と文字数が多くなることがほとんどです。

狙ったキーワードについてユーザーの検索意図をしっかりと読み取り、必要な情報をすべて網羅している記事が良質な記事となります。

文字数の多さはユニーク単語数の多さにもつながり、さまざまなキーワードでヒットする可能性もあります。

ですから「文字数が少なくても上位表示ができる」と考えて、内容の薄いコンテンツにならないように注意する必要があります。

また、文字数が多いとページの回遊率も向上するためコンバージョンにもいい影響を与えることも期待できます。

コンテンツの評価は網羅性で決まる

コンテンツの評価は文字数ではありません。評価に大事なことは、記事内容の網羅性です。

網羅性を高めるには、専門知識を身につけてユニーク単語数を考慮することがポイントです。また、目次に沿って広い見解から文章を書くようにしましょう。この記事を参考に、ぜひ、質の高いコンテンツ作りを意識してください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?