【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

コンテンツマーケティングを学んでいくと、SEOやコンテンツSEOという用語も出てきます。どれも似たような用語であり、混同しやすいものです。そこで、この記事ではコンテンツマーケティングやSEO、コンテンツSEOについてわかりやすく解説します。

コンテンツマーケティングとSEOの違い

まずはコンテンツマーケティングとSEOについて解説していきます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、自社サイトや商品サイトでコンテンツを配信し、潜在顧客(見込み客)にアプローチして成約につなげることです。

潜在顧客にアプローチするために適切なコンテンツを提供することが大事です。さらに段階的なコンテンツ(ステップメールなど)を配信していき、顧客育成を行います。コンテンツマーケティングの段階は以下をご覧ください。

 

  • 潜在顧客の集客
  • 見込み顧客の獲得
  • 顧客育成(信頼関係の構築や新規顧客化)
  • ロイヤルカスタマー化(常連顧客化)

 

以上の一連の流れがコンテンツマーケティングです。

 

SEOとは

サイトやブログを運営するときに大事にされているのがSEOです。SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称となります。

わかりやすくいうと、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンのアルゴリズムにあわせて、検索上位に表示させることです。また、SEO対策と呼ぶこともあります。

SEO対策では、内部施策や外部施策があります。内部施策ではタグの設定などの細かな部分もありますが、重要になるのはコンテンツ内容とページボリュームです。いいコンテンツを発信しない限り、検索上位に表示させるのは難しいでしょう。

外部施策はほぼ被リンクです。被リンクとは外部サイトから自サイトに向けられたリンクです。これは別のサイトが自サイトを紹介しているため検索エンジンからの評価が高まることを意味します。

 

コンテンツマーケティングとSEOの違い

コンテンツマーケティングとSEOについて、概要をお伝えしましたが明確な違いは判りましたでしょうか。おそらく多くの方が意味を混同しているかもしれません。

意味の把握としては、コンテンツマーケティングの一部にSEO対策があると考えるといいでしょう。コンテンツマーケティングはロイヤルカスタマー化するまでの一連の流れであり、SEO対策は潜在顧客の集客のために必要な過程となります。

コンテンツマーケティングにはSEOは欠かせないものですので、切り離して考えないようにしてください。

 

SEOとコンテンツSEO

SEOに加え、コンテンツSEOという用語もあります。ここからはSEOとコンテンツSEOについて解説していきます。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、コンテンツを使ったSEO対策のことです。これまでのSEOは被リンクを増やしたりサイト内部の構造を見直したりすることが主流でした。

しかし、そのようなテクニックよりもコンテンツが重視されるようになったため、コンテンツSEOが注目されています。

 SEOとコンテンツSEOの違い

前述のとおり、SEO対策の考え方が変わってきているなかで、「SEO=コンテンツSEO」と理解いても問題ありません。SEO対策がコンテンツ重視になっている現在において、被リンクの獲得やサイトの内部構造の見直しに注力するのは効率的といえません。

潜在顧客の集客のために、キーワードの選定やユーザーが欲しい情報を盛り込んだコンテンツ制作を意識しましょう。

  

コンテンツマーケティングとSEOを混同してしまうと…

コンテンツマーケティングは全体の流れであり、その一部のSEOと混同すると正しいマーケティングにつながりにくいです。一部を全体ととらえることになるため、コンテンツマーケティングがうまくいかなくなります。

コンテンツマーケティングとSEOを混同すると、以下の弊害が考えられます。

 

・検索行動をとらない相手にリーチできなくなる

・集客コンテンツ以外に手がまわらなくなる

 

SEO対策はあくまでも検索行動をとるユーザー向けの施策です。ですから、検索行動をとらない人にはアプローチしにくくなります。情報の検索が苦手な方やPCやスマホなどの操作が苦手な高齢者をターゲットとする場合は、検索コンテンツ以外からの集客も考えることが大事です。

たとえば、SNSでのシェアを狙うようなコンテンツを配信することで、潜在顧客のSNSのタイムラインに表示されて認知度アップにつながります。ターゲットが高齢者であれば、SNSでの認知度アップも難しいため対面等での情報提供を考える必要があります。

大切なのはターゲットに応じた施策を実行することであり、SEO対策だけですべての潜在顧客にアプローチできると思いこまないことです。

また、SEOだけにフォーカスすると集客に集中してしまい、集客後の顧客育成が手薄になることが多いです。顧客育成がおろそかになると、高額な商品やサービスの成約につながりにくくなります。

サイトにコンテンツを積み上げていくときは、役立つ情報を多く発信して自社商品に誘導することも大事です。役立つ情報をPDFにしてダウンロードできるようにするのも効果的です。ダウンロードの際に居住地や氏名、メールアドレスなどの情報を取得することが可能です。

メールアドレスを活用してステップメールを送れば、さらに検討熟度も向上するでしょう。このように、コンテンツマーケティングはSEO(集客)だけに注力しないことがポイントです。

 

コンテンツマーケティングとSEOを理解して効果的に運用しよう

コンテンツマーケティングとSEOは密接な関係がありますが、意味は違います。コンテンツマーケティングの一部にSEOがあり、SEOは潜在顧客を集客します。その後の施策を含めて、コンテンツマーケティングとなります。

SEOだけに集中せず、ロイヤルカスタマー化するまでの過程を検討することが大事です。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?