【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

コンテンツの制作では、キーワードの検索数を調べるのではないでしょうか。検索数を調べることで、上位表示させたときにどれくらいの検索流入がわかります。

反対の見方をすれば、検索数の多いキーワードは上位表示させるとより多くの流入が見込めるようになります。逆に検索数の少ないキーワードは上位表示ができても、検索流入がさほど見込めません。

このような傾向をしっかりと感じ取って記事作成をすることが大事です。そういったことを踏まえながら、この記事では検索数を調べる方法とSEOとの関係性を解説します。

【おさらい】検索数とは?

はじめに、検索数についておさらいしておきます。

検索数とはユーザーがキーワードを入力して検索した回数です。よく検索ボリュームという言葉も聞きますが、検索数と同じ意味となります。また、コンテンツ制作の際は月間の検索数を調べて、SEOの戦略を立てることが多いです。

検索数は後述するGoogleキーワードプランナーなどを活用して調べます。

検索数を調べる方法(ツールの紹介)

ここからは、検索数を調べるツールを中心にご紹介します。

検索ボリューム調査ツール

検索数を調べることができるツールは以下のとおりです。

・aramakijake

Aramakijakeは検索数予測ツールとして、多くの方が活用しています。キーワードを入力することで、月間の検索数を調べることができます。また、検索数と同時に関連キーワードも抽出されるため、関連コンテンツ作りに役立ちます。

Aramakijakeはこちら

・Googleキーワードプランナー

前述したGoogleキーワードプランナーも月間の検索数を調べることができます。キーワードプランナーを使うにはGoogleのアカウントが必要ですので、あらかじめ用意しておきましょう。

ログイン後は「新しいキーワードを見つける」を選択してキーワードを入力してください。その後、「月間平均検索ボリューム」の欄がありますのでそちらを参考にします。

しかし、Google広告に出稿していないユーザーは検索数が。「1000~1万」など

大雑把なものになります。ただし、競合判定も出ているため「低」となっているものは狙い目のキーワードです。検索数は「100~1000」以上のものを目安にしてください。

Googleキーワードプランナーはこちら

・Ubersuggest

Ubersuggestは、入力したキーワードとその関連キーワードについての検索数を調べることが可能です。キーワードプランナーよりもはっきりとした数値が表示されるため、ユーザー数も多いツールです。

Ubersuggestはこちら

SEO難易度調査ツール

検索数と同時に調べておきたいのが、SEO難易度です。SEO難易度とは競合サイトの強さのことであり、一定の検索数と難易度の低さのあるキーワードは上位表示させやすいです。

SEO難易度を調べるツールには、前述のキーワードプランナーのほかに2つあります。

・rishirikonbu

Rishirikonbuは、aramakijakeのようにキーワードを入力するだけで簡単にSEO難易度を調べることができます。また、関連キーワードについての月間検索予測数も表示されるため効率的なリサーチが可能です。

Rishirikonbuはこちら

・キーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツールは、rishirikonbuと同様でキーワードを入力するとSEO難易度が表示されます。SEO難易度は最大100までの数値で示されるため、分かりやしいです。

キーボード難易度チェックツールはこちら

トレンド系のキーワードツール

キーワードにはさまざまな特徴があり、年間通じて検索されるものもあれば季節的に検索されるもの、そしてトレンドにより検索されるキーワードがあります。

流行りのキーワードに乗ることで一気にアクセスを獲得することができて、そこからほかの記事への流入も見込めます。

なお、トレンド系のキーワードを調べるには、Googleトレンドを活用しましょう。

・Googleトレンド

Googleトレンドでは、「最近の急上昇」というトピックがあり、検索数とともにキーワードが表示されます。また、過去のトレンドを振り返ることもできるため、トレンドの傾向をみながら時期的に検索されるキーワードがわかります。

Googleトレンドはこちら

関連キーワードツール

コンテンツの評価を高めるには、関連記事を増やすことが有効です。その際に、意中のキーワードだけではなく、その関連キーワードの選定が重要です。関連キーワードを調べるときは、ラッコキーワードを使ってみましょう。

・ラッコキーワード

ラッコキーワードは、Google、Yahoo!を中心にYouTubeの関連キーワードも調べることが可能です。「SEO」などのビッグキーワード(1語キーワード)を入力するだけで、サジェストが豊富に取得できるため、キーワードの整理もしやすいです。

抽出された関連キーワードは一括でコピペができるため、キーワードプランナーにそのまま貼り付けると検索ボリュームのリサーチが簡単です。

ラッコキーワードはこちら

検索数とSEOの関係性とは?

ここからは検索数とSEOの関係性をみていきます。

当たり前だが検索数が少ないと検索流入が見込めない

当然のことながら検索数自体が少ないキーワードは、いくら上位表示ができても多くのアクセスが見込めません。ですから、記事を書く前にしっかりと検索数を調べることが大事です。

また、検索エンジンはユーザーニーズがあるキーワードについてのコンテンツを評価します。つまり、検索数のあるキーワードで良質なコンテンツを作ることがSEO効果を高めるわけです。

まずはロングテールキーワードでドメインパワーの強化

検索数が多いからといって競合がひしめくキーワードで勝負しても、上位表示させるのは至難の業です。わかりやすくいうと、「美容」「健康」というビッグキーワードで勝負するのは難しいということです。

しかし、「美容 マスク」「健康 運動 種類」といった2語以上のキーボードであれば、一定の検索数を確保できて上位表示することも可能です。こういったキーワードはロングテールキーワードといって中長期的な検索数が見込めます。

ロングテールキーワードを活用した記事を増やしていくことで、サイトのドメインパワーが向上します。さらに、ドメインパワーが強化されると、ビッグキーワードやトレンドキーワードのコンテンツも上位表示が可能となります。

検索数を調べてキーワードを選ぼう

コンテンツ作りにおいて、キーワードの検索数を調べることは検索流入を検討するために重要です。検索数は少なすぎてもいけませんが、ビッグキーワードのように競合が強い場合はロングテールキーワードを狙うなどの対策が必要です。

その見極めはツールを行ってしてみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?