【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

食料(フード)とテクノロジーを融合させたフードテックという技術が注目されています。みなさんはフードテックという言葉をご存知でしょうか。注目を集めているということは、今後、さらなる飛躍が期待されることを意味していますので、フードテックについて理解を深めたいところです。

そこで、この記事ではフードテックの概要や解決できること、課題など網羅的にご説明します。新たなテクノロジーの導入を検討している場合は、参考にしてください。

フードテックとは?

フードテックとは、フード(food)とテクノロジー(technology)を組み合わせた造語です。最先端のIT技術を活用して食の可能性を広げていくことがフードテックの意味となります。今後は日本の成長産業として、伸びていく業界といわれています。

日本の政府はフードテックを成長産業としてサポートしていく方針をだしており、農林水産省を中心として民間企業で組織する協議会を発足させています。そして、品質を保証するための基準づくりを進めています。

フードテック市場は700兆円にのぼる?

アメリカの投資会社によると、2017年のフードテック市場への投資額は約1兆1,000億円を超えていることがわかりました。今後のフードテック市場は世界で700兆円にのぼるのではないかとみられています。

フードテックにより解決できること

フードテックにより解決できることは多岐にわたります。

・食糧不足の緩和

世界の人口は増加しており、食糧不足も深刻化しています。そこでフードテックにより、AIが搭載された機械で無人農場を経営するなどができると農作物の生産が可能です。新技術により食料問題解決の糸口として期待されています。

・飢餓問題の解決

食糧不足に備えて、食物を長期間保管する方法の開発がなされています。途上国では食糧不足が深刻化しているものの、先進国では食料の廃棄が行われています。フードテックで食料の長期保存ができると、世界規模で食料バランスの均衡が保たれます。

・菜食主義への代替品の提供

世界にはさまざまな理由から菜食主義の方がいます。菜食主義の方には、植物性タンパク質による代替肉を生産するフードテックが注目されています。

・食の安全

食品が傷んでいるかどうかを診断するフードテックのツールがあります。そのような技術により安全な食材を口にすることが可能です。梱包材料においてもフードテックの技術を活用して、異物混入などを防ぎます。

・人材不足の解決

農業や漁業の従事者は減少傾向にあります。また、食品製造の現場は慢性的な人材不足が課題です。このような状況をAIやロボットの活用により補うことが可能となります。

以上のようにフードテックはさまざまな課題を解決することができます。

フードテックの課題

フードテックには課題があります。フードテックの課題はお金がかかるということです。たとえば、太陽光に代わる電気エネルギーの運用では、電気代や水道代などがかかります。また、栄養液代、肉を科学的につくるための科学用品代、などあげたら多岐にわたる費用が発生します。

フードテックを広く普及させるには、費用面の課題をいかに解決できるかでしょう。

フードテックで注目されるテクノロジー

ここでは、フードテックで注目されているテクノロジーを具体的にご紹介します。

・人口肉(代替肉)

人口肉は水、小麦、大豆など植物由来の肉です。本物の肉を食べずとも健康に害を及ぼさず、栄養の摂取が可能です。すでに大豆ミートなどが市場に出回っており、アメリカでは肉売り場に置かれているなど認知度が高まっています。

・植物工場

農業は天候に左右されたり害虫や災害の被害に遭ったりすることがあります。これを解決するのが植物工場です。植物工場は屋内で農作物の作業が可能であり、天候などに左右されません。また、気候的に農業ができない地域でも植物工場ならば、農作物の栽培が可能です。

・細胞培養

細胞培養は動物や植物の食べることができる部分の細胞を抽出して培養することです。これにより、本物と変わらない魚や野菜、肉が完成します。コストが莫大になる点が課題ですが、地球環境や衛生管理もしやすいため、今後に期待がかかります。

・新食材

新食材はこれまで人間が食さなかったものを食料として生産されものです。たとえば、ミドリムシを粉末にしたクッキーなどがあります。栄養価が高く環境にかかる負担も少ないため、フードテックでも注目される分野です。

以上のようにフードテックはさまざまな分野で進化しています。

フードテックの可能性

前項でご紹介したように、フードテックはさまざまな分野で行われています。異業種からフードテック業界に参入するケースもあり、今後は業界として飛躍することが見込まれます。

すでに外食レストランを運営する都内のある企業は、調理器具にメニューの調理方法を記録したSDカードを差し込むと、スタッフがボタンを押すだけで自動的に調理されるテクノロジーの実証実験を進めています。

そのような取り組みが世界各国、また日本国内でも積極的に行われています。今後もフードテック業界からは目が離せないでしょう。

フードテックの理解を深めよう

フードテックとは、食とテクノロジーを融合させた新たな技術です。世界ではすでにさまざまなテクノロジーが開発されており、日本でも開発に注力している企業があります。今後もフードテック業界に注目しつつ、理解を深めてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?