【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

検索エンジンとは、ネット上のWebページや画像、動画を検索するためのものです。検索窓と呼ばれるボックスに、検索したいキーワードを入力することで、世界中のWebサイトから、検索キーワードと関連性の高いWebページや画像、動画を表示してくれます。

検索エンジンのシェアを見てみますと、日本で最も高いシェアを誇っているのがGoogleで、日本でのシェアは約76%です。そして、2番目がYahoo!の約15%、3番目がBingの約8%です。ほぼトップ3で日本のシェアは占められていることにはなりますが、この3つ以外にもたくさんの検索エンジンが存在することをご存知ですか?また、日本だけではなく、世界ではどのような検索エンジンが使用されているのでしょうか。この記事で解説していきましょう。

1.世界で最も利用されている検索エンジンは「Google」

先ほど日本で最も利用されている検索エンジンについて確認しましたが、世界で最も利用されている検索エンジンは何なのでしょうか。

みなさんも予想のとおり、世界で最も使用されている検索エンジンは、ここでもGoogleです。世界での検索エンジン市場シェアの約70%を占めており、モバイルに関しては約75%のシェアを占めています。ここまで圧倒的な結果を見ると、SEO施策をこれから進めていくのであればGoogleを選ぶのが妥当と言えるでしょう。

しかし、Googleは圧倒的なシェア率を考えても分かるとおり、SEO施策で選択したとしても、他の多くの企業もGoogleのSEO施策をしているでしょう。そのため、そこでの競争率が高く、いくら小手先のSEO施策をしても、検索結果上位に表示されることはなかなか困難です。

2.世界で利用されている検索エンジン10選

ここからは、世界で利用されている検索エンジン10選を紹介していきましょう。

2-1.Bing

Bingは、Microsoft社の検索エンジンで、主にアメリカで利用されています。日本では2010年に正式サービスを開始、国内でのシェアで第3位にランクインしています。

Microsoft社は、Bingについて「利用者の意思を決定する次世代の検索エンジン」と評価しています。その理由は、BingはGoogleやYahoo!とは異なる独自技術を持っているからです。

Bingの独自技術とは、Bingで検索を行った場合、その検索は単に検索ワードとマッチしたWebページを探してくるだけではありません。検索者の状況に合わせた動画などの検索情報も限定して表示するように設計されています。

また、Bingは動画検索にも適していると言われています。

2-2.Yahoo!

Yahoo!は、日本国内でのシェアは第2位ですが、日本では誰でも知っている検索エンジンと言えるでしょう。

Yahoo!は、Googleの検索アルゴリズムを使用しているため、検索結果に関してはGoogleとほとんど差異はありません。

異なる点は主に2つです。1つ目は、検索機能です。Yahoo!は、画像検索や動画検索、辞書検索、知恵袋検索、地図検索、リアルタイム検索など、Googleのアルゴリズムを使用しながらも、独自の技術を織り交ぜることでサービスの人気を維持しています。

2つ目の違いは、検索結果を表示する方法です。Googleは、検索キーワードをもとに、検索キーワードに即した検索結果を表示する標準検索を採用しているのに対して、Yahoo!はパーソナライズド検索を採用しています。

パーソナライズド検索とは、これまでユーザーが検索したキーワードの蓄積情報をもとに検索結果を表示することを意味します。つまり、Yahoo!で検索をすると、ユーザー個々人により合った検索結果を表示することができるのです。

2-3.Baidu(バイドゥ)

Baidu(バイドゥ)は、中国で多く利用されている検索エンジンで、中国での検索エンジン市場でトップのシェアを誇ります。

中国では「グレート・ファイアウォール」という、中国全土に敷かれたネット検閲システムがあるため、Googleなどといった海外の検索エンジンや、Twitter・InstagramといったSNSを使用することができません。そのような政治状況を背景に飛躍的に成長してきたのがBaiduと言えるでしょう。

Baiduの基本的な使い方は、GoogleやYahoo!とほとんど大差はありません。トップページはYahoo!と同じようにカテゴリー分けして表示されるようになっています。

2-4.Ask.com(アスク・ドットコム)

Ask.comは、アメリカのコングロマリット(複合企業体)であるIAC Search & Mediaが運営する検索エンジンですが、検索エンジン市場でのシェアがとても低く、知名度はほとんどありません。

Ask.comの特徴は、独自のアルゴリズムを使用していることです。Ask.comの検索は、他の検索エンジンとは異なり、専門知識を優先するアルゴリズムを採用しています。

また、Ask.comの英語版では、検索サイトとコミュニティ型のQ&Aサイトがあります。そして、Yahoo!と同様、キーワード検索の他に、画像検索やニュース検索が可能になっています。

日本語版では、かつて動画検索やブログ検索が可能でしたが、現在はWebサイトのみの検索になっており、なかなか日本でのシェアを獲得するのは難しいでしょう。

2-5.DuckDuckGo(ダック・ダック・ゴー)

DuckDuckGoは、「あなたを追跡しない検索エンジン」と謳っているとおり、プライベートを重視した検索エンジンとして人気が急上昇しているアメリカで開発された検索エンジンです。

DuckDuckGoでは、Googleよりも検閲がゆるいと言われており、ユーザー情報が追跡、収集されることがなく、ターゲティング広告などに悩まされることがありません。また、DuckDuckGoは検索ページがボックス1つしかないため、スッキリとしていて操作しやすい仕様と言えるでしょう。

日本では、検索エンジン市場シェアの0.13%を占めています。

2-6.Yandex(ヤンデックス)

Yandexは、ロシア産の検索エンジンです。ロシアでの検索エンジン市場の約半分を占めており、ロシアのGoogleとも評されています。ロシアでトラフィック量を獲得したいのであれば、Yandexを使用するのがいいでしょう。

Yandexの人気はロシアだけだと思いがちですが、ウクライナやカザフスタン、トルコ、ベラルーシなど近隣の国でも人気があります。

Yandexは、フリーメールやオンラインストレージ、地図検索、翻訳サイトなどの多様なサービスを提供していますが、それ以外にも、タクシー配車や食事宅配などのサービスにも対応しています。機能面で言うと、Yahoo!に似ていると言えるかもしれません。

その他、使用可能言語は、英語やトルコ語の他、ロシア産であることから分かるように、ロシア語などのキリル文字圏の諸言語にもしっかり対応しています。

2-7.Aol.(エーオーエル)

Aol.は、アメリカで人気があった検索エンジンです。

2000年代に急成長していましたが、現在ではシェアが低く、日本国内では地域に関する情報を提供するだけの事実上のポータルサイトとして運営されています。

2-8.NAVER(ネイバー)

NAVERは、韓国国内で多くのシェアを獲得している検索エンジンです。一説には、Google以上に韓国国民に利用されているとも言われています。

特徴は、トップページに「ニュース」や「ブログ」「地図」など、さまざまなコンテンツが掲載されている点です。この点から、NAVERはYahoo!の韓国版と捉えていただくとイメージしやすいです。

検索エンジンとしてのNAVERは日本人になじみがありませんが、2020年にサービスが終了した「NAVERまとめ」は記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。また、我々が日常で使っている「LINE」も親会社がこのNAVERであるため、意外にも日本人に馴染み深い検索エンジンともいえます。

韓国国内でシェアが多いことから、韓国でサービスを展開される方や企業は、NAVER独自のSEO施策やリスティング広告を行う必要があります。

2-9.Excite(エキサイト)

Exciteは、アメリカで誕生し、日本法人エキサイト株式会社も有するエキサイト社が展開する検索エンジンです。

検索エンジンの見た目は、Yahoo!に似ています。

2-10.Ecosia(エコシア)

Ecosiaは、ドイツ・ベルリンの企業が展開している検索エンジンです。

Ecosiaという名前からも分かるように、エコ対策に関心を寄せており、収益は投資家に還元するよりも、地球温暖化対策に使うべきだという理念を持っています。

検索するたびに上がる利益の80%以上を、植林・森林再生活動に寄付しているところがユニークな特徴と言えるでしょう。

3.検索エンジンの仕組み

検索エンジンは以下3つの工程を経て検索結果を決定します。なお、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しているため、GoogleのSEOを前提にして説明します。

  • 【情報収集】クローリング
  • 【情報の分類・登録】インデックス
  • 【ページの順位づけ】ランキング

検索エンジンの仕組みは複雑に見えて、実際はシンプルな流れで構成されています。まず、インターネット上のWebページを収集し、検索エンジンの中にある書庫であるデータベースに分類・登録されます。登録された情報は、検索ユーザーのキーワードに応じて選択されてランキング形式で検索結果に表示されるという流れです。

最終的なランキング決定要因は検索アルゴリズムというプログラムによって行われますが、この検索アルゴリズムがどのように検索エンジンに関係するのかを知ることも大切なことです。

3-1.クローリング

クローリングとは、検索エンジン内のシステムである「クローラー」と呼ばれるロボットがインターネット上にあるWebサイトのリンクを巡回しながらページを収集することです。

新たなWebサイトを作成したら、いち早くかつ正確にクローラーに見つけてもらわなけなければいけません。見つけてもらえない内は検索結果に反映されません。しかし、インターネット上には膨大なページがあるため、クローラーも簡単に訪れません。そのためにもWebサイトの工夫が必要です。この工夫こそが最初のSEO対策にあたります。

具体的には以下の通りです。

  • サイトやページの存在をクローラーに知らせる

クローラーにページの存在を知らせることで巡回を促すことができます。Google Search Console(サーチンソール)のサイトマップ送信機能やURL検査という機能を利用して行うことが可能です。

なお、サイトマップは無料の自動作成ツールがあるので誰でも簡単に作成できます。

参考ツール:sitemap.xml Editor

  • シンプルなサイト構造する

クローラーがWebサイト内部の巡回をしやすいようにサイト構造をシンプルにしておくことも重要です。シンプルにするとはクローラーが移動しやすいように通り道を交通整理しておくことです。そうすることでクローラーはリンクを辿りやすくなるのです。

  • 外部サイトからの被リンクを獲得する

クローラーはリンクからリンクを巡回して移動する性質のため、外部サイトからのリンク(被リンク)があることで自身のWebサイトに移動しやすくなります。被リンクはクローラビリティを上げるための最も効果的な方法です。しかし自分でコントロールができない対策でもあります。対応策としては、地道に高品質なページを公開していくことです。

これらはすべてクローラビリティを高めることにつながります。クローラビリティとはクローラーがWebページを見つけやすくするために行う施策です。

3-2.インデックス

インデックスとは、クローラーが収集した情報をGoogleのデータベースに登録することを意味します。例えるならば、世界中から収集した本を自分の書庫にきれいに並べておくようなイメージです。

データベースへの登録には検索エンジンが読みやすいように整えておくことが重要です。どんなによい内容のページであっても検索エンジンに読みにくいままだと適切に評価されません。本来であれば上位表示されるべきページであっても、検索エンジンにとって読みやすい状態にしておかないと順位が下がってしまうこともあります。

もしGoogleにインデックスされないと、どんなキーワードで検索されても検索結果に表示されません。Webページがインデックスされない原因の多くがリンク構造の貧弱さによるものです。つまり、クローリングするために必要な内部、外部リンクが少ないことでクローラーがページを見つけられないのです。インデックスされないWebサイトは、早急にクローリングの段階で行うべきクローラビリティを上げる施策を行うことが重要です。

3-3.ランキング

ランキングとは、インデックスされたページの中から検索されたキーワードに関連性が高いページを選出して検索順位をつけることです。ランキングを決定づける要素のことを「検索アルゴリズム」といいます。検索アルゴリズムを構成する指標は200以上あるとされ、検索アルゴリズムは頻繁にアップデートされています。代表的なものだとパンダアップデートやペンギンアップデートがあります。

  • パンダアップデート:検索結果から低品質なコンテンツを除外する目的で開発されたアルゴリズム
  • ペンギンアップデート:ウェブスパムを検知し不正にランキングを上げているサイトを検索結果から排除するアルゴリズム

参考:検索アルゴリズムの仕組み(Google)

Googleは、ユーザーにとって満足度の高いWebサイトほど上位にランキングされるべきだとする考えのもとアルゴリズムの変更を繰り返し行っています。

アルゴリズムがなぜ改修され、何を目的としているのかを理解を深めることは大切なことです。しかしながら、アルゴリズムは日々変更されるものなので、都度何が評価項目なのか、その中身を追いかけるのは徒労に過ぎません。

Webサイト作成において問い続けるべきは、いかなる場合においてもユーザーに意識を向けることです。「ユーザーに役立つコンテンツ」を作成し、クローリングとインデックスされるための施策を行うことが最も正しいSEO対策なのです。

4.SEO対策のポイント

SEO対策のポイントは以下を理解することです。

  • Googleの理念
  • Google検索エンジンにおける上位表示に必要な要素

SEO対策はテックニックだと思いがちですが、実際はGoogleの理念に共感し、理念に従ってコンテンツ作成することだけなのです。SEO対策を成功させたいと考えた時点でGoogleの理念を振り返る習慣をつけましょう。

4-1.Googleの理念

Googleの企業理念は、SEO対策の本質を理解することができます。

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

出典:Googleが掲げる10の事実

Googleの理念では冒頭でユーザーファーストの姿勢であることがわかります。このように「ユーザーのためにできることはなにか」追求することを第一にGoogleはサービス提供してきました。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである

出典:検索の仕組み|便利な検索サービス

さらに検索エンジンのあるべき姿は、「ユーザーのニーズにぴったり一致する」ことを目指しています。Googleがユーザーのキーワードに対する的確な答えを検索結果に表示するために検索エンジンのアルゴリズムを改善し続けているのです。

コンテンツ作成の際に大切なことは「ユーザーにとって本当に価値あるものなのか」「ユーザーに“不便”を与えてないか」と問い続けなければいけません。決して、コンテンツを作成することが目的となり、自己満足にならないように注意が必要です。

SEO対策に小手先のテクニックなどなく、愚直にユーザーのための良質なコンテンツ作成をすること以外に何もないことをGoogleは理念として謳っているのでしょう。

4-2.Google検索エンジンにおける上位表示に必要な要素

Google検索エンジンにおける上位表示に必要な要素は以下の通りです。

200以上ある検索アルゴリズムのベースなので、SEO対策を行う上で必ず理解しておくべき内容です。

参考:検索アルゴリズムの仕組み(Google)

  • 検索意図の把握

ユーザーの検索意図(=ユーザーの疑問・質問)がコンテンツの内容と乖離してはいけません。

ユーザーが求める情報をどれほど幅広くそして深く分析できたかどうかで検索結果の順位に影響します。まずは検索意図を読み取ることに尽力しましょう。

  • ウェブページの関連性

ユーザーの検索クエリ(=検索キーワード)をウェブページ(=コンテンツ)の関連性が高いかどうかをGoogleは判断します。

関連性の低い情報が入っていれば、低品質と評価されてしまいます。コンテンツ作成においては盛り込む情報が検索クエリにどのくらい関係するのか確認することが大切です。

  • コンテンツの品質

コンテンツの品質とはGoogleが重要視する項目です。

Googleはコンテンツの品質のついての見解を取りまとめた「高品質評価ガイドライン」によって低品質コンテンツを定義しています(「E-T-A」のレベルなど)。このガイドラインに反すると低品質であるとGoogleによって判断され、検索結果に上位表示されません。

加えて、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」という、かつて横行した不正行為よる検索結果(ブラックハットSEO)の操作を取り締まったガイドラインがあります。こちらのガイドラインもどのような不正行為がペナルティ要因になるのかがまとめてあるので目を通しておきましょう。

5.Googleの仕組みを踏まえて検索キーワードを選ぶ

今回は「Googleなどの検索エンジンやそのアルゴリズムはどういう仕組みになっているのか」「なぜ検索結果に意図した内容のページが出てこないことがあるのか」ということについて解説しました。

Googleは、ユーザーにとって便利な検索エンジンを目指してアルゴリズム(検索結果を並べる仕組み)をアップデートしています。

検索エンジンはまだまだ不完全ではあるものの、少しずつGoogleの理想である「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」に近づいてきています。

今後も、Googleのアルゴリズムが改良されることで「欲しい情報」にアクセスしやすくなると考えられます。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?