【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

物流業界は単に商品を配達するだけではなく、保管や梱包、情報処理などを一手に担います。近年ではEC市場の成長により、物流は生活になくてはならない存在です。

しかし、人手不足や小口配送の急増などにより、従業員の業務負担が増えています。そこで注目されているのがスマートロジスティクスです。

本記事では、スマートロジスティクスの基本知識や活用例などをご説明します。物流業界の理解を深めたい方は、ぜひ参考にしてください。

ロジスティクスとは?

まずはロジスティクスについてご説明します。ロジスティクスとは、物流の運送や保管、包装、流通加工などのさまざまな機能を高度化して、調達・生産・販売などの分野を統合。需要と供給との適正化を目指すことです。

そして、環境保全、安全対策などの社会的な課題に対処する戦略的な意味合いもあります。

物流とロジスティクスの違い

ロジスティクと似たようなキーワードに物流があります。物流は物資の供給者から需要者に移動させることです。ちなみにその移動の過程は、運送・輸送、保管、包装、システム、流通加工、荷役の6つの機能が含まれます。

一方のロジスティクスは、物流の上位概念です。ロジスティクスは物流の機能をさらに高度化して需要と供給の適正化を図ります。

経営視点で見た場合のロジスティクスのメリット

ここでは経営視点で見た場合のロジスティクスのメリットを見ていきます。ロジスティクスによる経営上のメリットは以下が挙げられます。

・在庫の適正管理

・物流コストの削減

・営業のサポート

ロジスティクスにより正確な販売予測が可能となり、適正な数の在庫をキープすることが可能となります。これにより在庫が足りなかったり過剰に保管したりすることを防ぎます。結果として物流コストの削減につながるわけです。

また、営業担当が在庫管理を兼務しているならば、ロジスティクスによって本来の業務に集中できるでしょう。営業担当者が営業活動に集中できるようになると、販売促進につながり、自社の業績向上に好影響といえます。

近年はスマートロジスティクスが注目されている

近年ではスマートロジスティクスが注目されています。スマートロジスティクスではIoTやAIといった最新の技術を活用して物流の最適化、業務の効率化を目指します。環境への負担軽減、貨物セキュリティの向上なども目的とされています。

スマートロジスティクスが注目されるようになったのは、EC市場の成長が挙げられます。特に最近は新型コロナウイルス感染症の影響で通販を利用するユーザーが増えたことも要因でしょう。

また、物流の需要が増えるなかで業界の人材不足が深刻化しています。物流業界の従業員1人当たりの業務量が増えていることから、スマートロジスティクスに着手するケースも増えています。

スマートロジスティクスに用いられる技術

スマートロジスティクスではIoTやAIを活用するわけですが、具体的な活用方法を見ていきます。例えば、倉庫内作業をAIによって最適化できます。物流業界においてピッキングがコスト削減で大きな課題となります。

これまではピッキング担当者の経験や勘に頼る部分が多かったものの、AIや倉庫管理システムを有効活用し、従業員にセンサーなどをつけることで行動を分析します。大量のデータを分析することで、経験の浅い従業員であっても倉庫内作業を最適化できるようになります。

さらにピッキングロボットを活用すれば人為的なミスが激減するでしょう。配送においてもAIを活用することで、配送ルートを最適化できます。配送についてもドライバーの経験や勘によるところが多かったものの、AIが配送ルートを導いてくれることで配達の遅延などを防ぎます。

最近ではドローンを使用した無人配達に期待がかかっています。ドローン配達が実現できれば、過疎や高齢化が進む地域にも積極的な配送が可能になるでしょう。

スマートロジスティクスの事例

ここではスマートロジスティクスの具体的な事例をご紹介します。どのような技術が生かされているのか理解しましょう。

楽天と西友

楽天と西友は、自動配送ロボットによる配達サービスを期間限定で行いました。自動配送ロボットが行動を走行して、上品を届けた事例は国内初のことでした。

対象地域のユーザーがスマホで商品と配達時間を指定して注文。その後、自動配送ロボットがユーザーの自宅に配送します。自動配送ロボットは遠隔監視され、ユーザーの自宅に届くと電話で通知がなされる仕組みです。

ヤマト運輸

ヤマト運輸は医薬品などを扱うアルフレッサホールディングスと業務提携して、配送に関する業務量予測システムと配車計画が立てられるシステムを実装しました。

配車業務量予測システムは、アルフレッサが蓄積しているビッグデータをAIで解析することで、注文数や配達発生確率を予測します。配車計画システムでは、ヤマト運輸が蓄積したノウハウなどをもとに自動で配車計画を作成します。

ウォルマート

ウォルマートは世界最大規模のスーパーマーケットチェーンです。同社はオンラインで受注した商品を自動でピッキングするロボットを一部の倉庫で導入しました。

ロボットはレールの上を走行することが基本であるものの、レールがなくても自走できるとのことです。ピッキングロボットは、受注商品を回収してワークステーションの従業員に手渡します。

スマートロジスティクスを理解しよう

コスト削減や人手不足、環境保全など、さまざまな面に効果があるスマートロジスティクス。AIなどを活用して物流業界の課題を解決していきます。今後はますますの進歩が考えられるでしょう。

物流業界で活躍している方、物流業界での就業を目指す方は本記事を参考にして、スマートロジスティクスの理解を深めてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?