【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

Web広告において、インプレッション数は重要な指標の一つです。広告運用者であれば、この数字に一喜一憂されている方も多いと思います。

ただ、インプレッションが自社の広告にどのような影響を与えるのかを、しっかり把握されていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、インプレッションの意味や指標の捉え方、増やし方など、今さら人には聞けない情報をまとめて解説します。

1.インプレッションとは?

インプレッション(impression)とは、「印象」や「刻印」といった意味の英単語です。リスティング広告やDMP広告などのインターネット広告において広告が表示された回数を指します。「imp(インプ)」または「imps」と略して表記されることもあります。

TwitterやFacebookなどでは、広告以外だけでなく通常の投稿が表示された回数もインプレッションとして表現されています。

例えば、Facebookでは同じ投稿であっても別の人がシェアしたことで、再度ニュースフィードに表示されることがあるでしょう。そういった場合、表示された回数に応じてインプレッションは計測されます。

2.インプレッションとPVの違い

インターネット広告において「インプレッション」と「PV」を混同している人もいるかもしれません。

PVはユーザーが見たページ数を表します。広告が掲載されているページが見られた回数は、広告が表示された回数(インプレッション)と必ずしも同じ数値になるとは限りません。

例えば1ページに3つの広告が掲載されているページを1回見た場合、PVは1です。しかし、広告は3回表示されているので、インプレッション数は3となるでしょう。

インプレッションもPVも「見られた数」ということで混同してしまいがちなので注意しましょう。

2-1.インプレッション(imp)とリーチの違い

インプレッションとリーチも間違われやすいワードです。リーチとは、広告または投稿が表示されたユーザー数を表します。

「表示回数とユーザーは同じ数じゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。具体的に駅に掲示されたポスターを考えてみると、その違いがわかるでしょう。

あなたがA駅のホームで「◯◯株式会社」のポスターを見たあと、用事を終えてまたA駅のホームに戻ってきたとします。この時、広告が見られた数は2回ですが、見た人はあなた1人でしょう。このように、リーチとインプレッションは必ずしも同じ数字になるわけではありません。

例えば、1ページに3つの広告が掲載されているページを同じユーザーが2回に渡って見た場合、PV2・インプレッション6・リーチ1となります。

3.インプレッションの数え方

インプレッションは、広告が1回表示されると「1インプレッション(1imp)」と数えます。そのページ内に、同じ広告が2カ所表示されていれば、2インプレッション(2imp)です。

ただし、この数値は厳密にいうと、広告媒体によって若干異なります。

たとえば、Facebookでは広告全体が表示されたときに1impとしてカウントされますが、Yahoo!だと広告の一部でも表示されたら1impになります。同じ1impでも、全体が見えるのと一部分しか見えないのとでは、広告効果は異なるでしょう。

こうした違いを事前に確認したうえで、自社の広告をどのメディアに出稿するかを決めることも大切です。

3-1.インプレッションの計算方法

一般的にインプレッションを算出するには「PV(ページビュー)×そのページあたりに表示されている広告掲載数」という式を用います。

例えば、ページビュー数が10で、そのページで表示されている広告掲載数が2つだった場合には、掛け算をしてインプレッション数は20となります。

しかし、メディアによってはインプレッションの定義が、広告がどのくらい表示されたかによって変わるため、出稿先のインプレッションの定義の確認が必要です。

4.インプレッションの指標の目安は?

Web広告の課金方法には、インプレッションのように表示されると広告費が発生する課金型もあれば、表示された広告をクリックしたときに課金されるクリック課金型(CPC)もあります。

インプレッション課金の場合、表示回数が1,000回ごとに広告費を支払うのが一般的で、こうした広告を総称してCPM(Cost Per Mille)といいます。

どちらを選ぶかは、クリック率を見ながら判断してください。

インプレッション課金では、広告が何度クリックされても広告費は定額で変わりませんが、クリックされる回数が少ない(クリック率が低い)場合は広告効果が薄いことを意味します。つまり、1,000回表示されても1回もクリックされなければ、払った広告費は無駄になってしまうのです。

クリック率から広告手法を選ぶ場合は、クリック率が0.1%(1,000分の1)を超えるかどうかが、一つの目安となるでしょう。

ただし、広告の目的がブランディングの場合、クリック率よりも露出を増やすほうが重要ですから、インプレッション課金のほうが広告効果は高いといえます。

どちらを選ぶかは、広告の目的もあわせて検討することが大切です。

5.インプレッション数の増やし方

Web広告の効果を高めるには、インプレッション数を増やすことも一つの施策になります。では、インプレッション数を増やすにはどのような施策を実施すればよいのでしょうか。

出稿するメディアの特性もふまえ、その方法について紹介します。

5-1.広告予算を増やす

単純計算で、予算が2倍になればインプレッション数も2倍になりますから、広告予算を増やすのが一手です。

広告媒体によっては1日の予算額に上限を設け、それを超えると広告が表示されないところもあります。そうなると顕在・潜在ユーザーへアプローチする機会を失ってしまうかも知れません。

こうした事象が多い場合は、予算の上限金額を引き上げることで機会損失のリスクを下げることにつながります。

5-2.入札単価を上げる

Googleのリスティング広告のようにオークション形式の広告では、キーワードに対して入札価格が決まっているため、入札単価を引き上げることでインプレッション数を増やすことにつながります。

これも広告予算を増やすことで実現できる施策ですが、入札金額の高いキーワードが自社の広告目的を達成できるとは限らないことが注意点として挙げられます。

キーワードを選定する際には、「どれだけのユーザーが検索するキーワードか」という視点で考慮することが大切です。

5-3.検索ワードを絞る

逆に、入札単価の低い(競合の少ない)キーワードを選ぶのも一手です。

たとえばカフェの広告を出す場合、検索ワードを「カフェ」にすると全国のカフェが競合になり入札単価も高くなります。

「カフェ 東京」「カフェ 東京 おしゃれ」など、競合が少なくなるキーワードに出稿することで予算を抑えても上位表示される可能性が高くなりますし、浮いた予算で別のキーワードを入札するという手法もできるので、インプレッションの増加が期待できます。

ただ、この場合も、そのキーワードで検索するユーザーはどんな人なのかを意識することがポイントになります。

6.まとめ

1インプレッションでも、ターゲットに対して適切なメディアを用いた1インプレッションと、そうでない1インプレッションでは重みが変わってきます。

例えば、中高年をターゲットにした商材の広告出稿を、若年層向けのSNSに対して行っているのと、中高年がよく見るであろうニュースサイトに対して行っているのとでは、ターゲットに対する広告効果は異なってきます。さらに、若者をターゲットにした商材でも、それがコスメやファッションなのか、就職活動用のリクルートスーツなのかでは、効果を出すための出稿先のメディアの選択肢は変わります。

インプレッション数だけではなく、実際にそのインプレッション数が広告成果・売上にどう貢献しているのかが重要になります。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?