【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

企業の開発や経理などに大きく影響するのが原価です。原価を効率よく管理するには、原価管理システムの活用が有効になります。この記事では、原価管理システムの概要や機能、選び方、メリット、デメリットをご説明します。

また、おすすめの原価管理システムを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

原価管理システムとは

原価管理システムとは、原価計算や予算との比較ができる差異分析、収益を判断する損益分析ができるシステムです。

後述しますが、会計ソフトや販売管理システム、生産管理システムなどと連携して使うことが多くなります。また、原価データを利用したシミュレーションにより、経営判断に活かすことも可能です。

原価管理システムの主な機能

原価管理システムには以下の機能が備わっています。

  • 原価計算

調達費、製造費、固定費など多くの項目が必要であり、システムを使うと容易に原価計算ができる。

  • 原価差異分析

目標原価と実際評価の差を分析すること。差異がある場合はどの項目かも一目でわかる。

  • 損益計算

損益計算により予算編成などに活用することができます。

  • 配賦計算

部門間の配賦などがあるときの計算ができる。

以上は原価管理システムの主な機能であり、ツールによってはさらに便利な機能が搭載されています。

原価管理システムのメリット

ここからは原価管理システムのメリットをご紹介します。

原価管理の最適化

原価管理システムを使うことで、原価に関するデータを一瞬で抽出することが可能です。データは最新の情報であり、原価管理の最適化につながります。人的に行うことが難しい計算であってもスムーズな計算が可能であり、原価管理の施策も立てやすいでしょう。

原価管理の手間やコストの削減

原価は多岐にわたる要素から構成されており、人的な管理を行おうとするとややこしいものです。そのため、多くの人員が必要になりコストもかかりがちです。

しかし、原価管理システムを活用すると、自動化することが可能であり、手間やコストを抑えることが可能です。空いたリソースは他の業務に充当することで、利益アップにも効果的になります。

既存システムとの連携でさらに効率的

原価管理システムは、ERPと呼ばれる基幹システムを統合して一括管理するシステムと連携するとさらに効率的です。

計算した原価を帳票に反映させるなどの利便性があります。ERPのなかに原価管理システムが含まれる場合もあるため、検討してみましょう。

原価管理システムのデメリット

原価管理システムは、以下のデメリットがあります。

導入費用やランニングコストがかかる

当然ながらシステムの導入には初期費用やランニングコストがかかります。よって、ツールを選ぶ際は、自社の原価管理の課題を洗い出して、できるだけコストをかけないシステムを選ぶ必要があります。自社の計算方法が使えるかなど、さまざまな面からつ検討することが大事です。

選定するベンダーを間違えると効果がでない

原価計算はベンダーごとに異なるため、業界にマッチしないシステムを導入しても効果がでません。たとえば、製造業であるにもかかわらず、製造業に対応していないシステムを導入すると効果がでないわけです。

自社の業種や業界にマッチしたシステムを選ぶことが重要になります。

原価管理システムの選び方

ここからは原価管理システムの選び方をご紹介します。以下の3点に気をつけてシステムを選んでみてください。

単体での導入かERPツールにするか

原価計算はさまざまな費用を統合する必要があり、生産管理や製造管理など幅広いデータと連携することになります。そのため、複数の業務システムがある場合は、ERPを導入すると効果的です。

単体で導入する場合は、既存システムとの連携ができるかどうかを確認しましょう。

自社システムと連携ができるか

前述のとおり、原価管理システムを単体で導入する場合は、既存システムとの連携を確認する必要があります。また、連携するにあたり追加の開発が必要かどうかも検討してください。

追加開発が必要な場合は、開発期間とコストも確認しておきましょう。

カスタマイズ性の高さ

業種や業態が同じであっても原価の計算方法は、企業により異なります。業種にマッチする原価管理システムを選んでも、自社に必要な機能がない場合もあるでしょう。その際はカスタマイズ性に優れるシステムを選ぶ必要があります。

原価管理システムおすすめ3選

最後におすすめの原価管理システムを3つご紹介します。

クラウドEPR ZAC

クラウドEPR ZACは、プロジェクトごとの原価管理ができるクラウド型のERPです。仕入れ費用だけではなく、外注や労務などの経費も紐付けて計算します。顧客管理や購買管理、工程管理など豊富な機能が搭載されており、IT業界や広告業、コンサル業に適するシステムです。

クラウドEPR ZACはこちら

アラジンオフィス

アラジンオフィスは、関東、関西、中部の企業が利用できる原価管理システムです。原価の計算に必要な機能が備わっており、カスタマイズもできます。プロジェクトごとの原価管理もできます。特に施工管理と販売管理を同時に行なっている企業に向いているシステムです。

アラジンオフィスはこちら

Project Director

Project Directorは、プロジェクトの初期段階から進捗管理などの工程を全般的にカバーできるシステムです。案件の進捗、収支状況をリアルタイムに把握できる点も魅力でしょう。定額計上にも対応していることから、コンサル料、保守費用など毎月決められた経費がある企業に適します。

Project Directorはこちら

原価管理システムを使ってみよう

原価計算は非常に煩雑であり、人的に行うことが困難です。そのため、原価管理システムを使うことが有効です。

原価管理システムは、業種に対応したものを選ぶことがポイントになります。また、既存システムとの連携も大事な要素です。この記事で紹介したシステムを参考にして、原価管理システムを検討してみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?