【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

いまや学校だけではなく、企業もオンライン授業ツールを導入しています。オンライン授業やオンライン研修は講師側も受講者側もメリットがあります。本記事ではオンライン授業ツールの概要や基本機能、メリット・デメリット、さらにおすすめツールをご紹介します。

今後、オンライン授業ツールの導入したい場合は、ぜひ参考にしてください。

オンライン授業ツールとは

はじめにオンライン授業ツールについて、概要をご説明します。

オンライン授業ツールとは、インターネットとパソコンなどの対応デバイスを活用した新しい授業のスタイルです。特に新型コロナウイルスの感染拡大後は、利用が急増しており企業も積極的に活用しています。

もともとオンライン授業に関しては注目されていましたが、日本は諸外国に比べてその導入が遅れています。とはいえ、新型コロナウイルスの影響を受け、今後もさらにツールの導入が考えられます。

オンライン授業ツールの基本的な機能

ここではオンライン授業ツールの基本的な機能をご紹介します。オンライン授業ツールには以下の機能が備わっています。

・ライブ配信

オンライン授業ツールはライブ配信の機能が備わっています。ライブ配信機能はオンライン授業ツールには欠かせません。画質や音質はツールにより異なるため、目的に応じて選んでみてください。

・録画機能

録画機能があることで授業内容や研修内容を自由に見返すことができます。研修に社員全員が参加できない場合でも録画機能があれば、日時をずらして同じ内容の研修の受講が可能です。

・双方向のコミュニケーション

オンライン授業ツールによっては、リアルタイムにチャットなどの双方向のコミュニケーションができます。たとえば、講師が質問を投げかけて回答を受講者がチャットで送信すると、研修や授業が活性化します。

・ファイル共有

研修や授業では資料をみながらの解説があると思います。しかし、事前にファイルを共有して、参加者が研修時に開くことが難しい場合があります。そこで、ツールでファイルを画面共有することにより研修がスムーズに進みます。

オンライン授業ツールのメリット・デメリット

ここからは、オンライン授業ツールのメリットとデメリットをご説明します。

メリット

オンライン授業ツールのメリットは以下があげられます。

・時間や場所を問わず利用できる

・テレワークにも対応可能

・双方向のやり取りで対面と同様の効果が得られる

オンラインのツールは時間や場所の制約を受けません。そのため、テレワークにおいても研修や授業が問題なくできます。双方向のやり取りを行えば対面での研修や授業にも劣らない効果が得られるでしょう。

デメリット

オンライン授業ツールは、オンラインならではのデメリットがあります。

・対面よりも参加者の反応がわかりにくい

・通信環境を整える必要がある

・初期費用、ランニングコストがかかる

以上のデメリットでもっとも大きな注意点は、参加者の反応がわかりにくいことです。

参加者を画面表示することも可能ですが、参加者が多くなれば一人ひとりの表示が小さくなります。

そうなると参加者が納得してうなずいていることや、わからなくて首をかしげていることも見えにくいものです。講師側はできるだけ双方向でコミュニケーションが取れるように、工夫することが大事になります。

また、ツールを使える環境整備、費用面についても理解しておく必要があります。

オンライン授業ツールの選び方のコツ

オンライン授業ツールは続々と増えており、どれを選べばいいかわからないものです。オンライン授業ツールを選ぶときは以下の項目に着目してみてください。

・欲しい機能が備わっているか

・導入実績(信頼性)

・使いやすさ(利用時の使用効率の高さ)

ツールを選ぶうえで難しい判断基準はありませんので、以上の3つに着目してみましょう。

オンライン授業ツールおすすめ5選

最後に5つのおすすめのオンライン授業ツールをご紹介します。

Zoom

Zoomはオンライン授業(会議)ツールとして有名です。最大で100人まで参加ができて最大49人まで画面に表示できます。録画機能が備わっており、後から見返すことも可能です。パソコンのほかにもスマートフォンやタブレットでも利用ができるツールになります。

Zoomはこちら

Microsoft Teams

Microsoft Teamsは、後述するGoogle Meetと同様でワンストップサービスが特徴です。Microsoft Teamsの場合は、マイクロソフトが提供するWordやExcel、PowerPoint、one driveなどと連携できます。なお、Microsoft Teamsはサブスクのoffice 365の機能の一部として使えます。

Microsoft Teamsはこちら

Skype

Skypeは、以前からオンライン会議システムとして活用されていました。その特徴は音声通話やビデオ通話が無制限に行えることです。グループビデオ通話は最大で50人が同時に利用できます。ファイル共有、チャット機能などさまざまな使い方が可能です。

Skypeはこちら

Google Meet

Google Meetは、Googleが提供するオンライン授業ツールです。最大で100人までの参加ができます。以前は有料でしたが、現在は無料のGoogleアカウントがあれば利用できます。ただし、無料版は録画機能がないなど機能が制限されています。

Google Meetはこちら

ブイキューブ

ブイキューブは、映像と音声の技術が優れるツールです。世界最高水準の性能といわれており、画面越しでも相手の表情がつかみやすくなっています。操作性や使いやすさ、セキュリティ面でも優れており、初めてツールを導入する場合にも適するでしょう。

ブイキューブはこちら

オンライン授業ツールを活用しよう

オンライン授業ツールを活用すると、時間や場所を問わず研修や授業が行えます。機能面に優れたツールも多く、対面での研修と同様の効果を得ることが可能です。しかし、参加者の表情が見えにくいなどの注意点があります。

自社の目的に応じた最適なツールを活用して、オンライン授業を実施してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?