【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

比較サイトの構築を検討しているWEB担当者はいないでしょうか。比較サイトは商品お詳細やスペック、人気ランキングや価格プランなど、網羅的な情報を取得できるサイトです。

今回は比較サイトの概要やビジネスモデル、収入源、構築方法を中心にご説明します。

そもそも比較サイトとは?

前述のとおり、比較サイトは商品の詳細やランキングなどユーザーが情報を得やすいサイトです。家電やインターネット回線、保険、化粧品など、幅広い分野で比較サイトが展開されています。

また、比較サイトには総合的なサイトと特化サイトがあります。特化サイトとは商材を特化させた専門的な比較サイトです。具体例をあげると、総合的なサイトには「価格.com」「比較.com」などがあります。また、特化サイトには不動産情報サイトの「スマティ」などがあります。

比較サイトのビジネスモデル・収入源

ここからは、比較サイトのビジネスモデルと収入源をご説明します。

ビジネスモデル

比較サイトのビジネスモデルは、広告収入と手数料収入により成り立ちます。

比較サイトはプラットフォームとしての役割があり、広告や商品情報を掲載する企業が存在します。利用する企業にとっては、多数の見込み顧客にアピールできるため大きな集客効果が見込めます。

比較サイトにアクセスするユーザーは、購入意欲の高さが特徴となります。たとえば、「生命保険に入りたいけど、掛金が安くて手厚い保障を受けたい」と考えるユーザーであれば、加入までもう一息のところに来ていることがわかります。

そういった購買意欲の高いユーザーが利用しているため、比較サイトに広告を掲載する企業は利用価値が高いわけです。

収入源

前述のとおり、比較サイトの収入源には広告収入と手数料収入があります。

広告収入とは、サイト内に貼られているバナー広告やテキスト広告、検索連動型広告による収入です。具体的には、比較サイト内に広告枠を設けて「1週間の掲載で●万円」などと設定します。アクセス数の多い比較サイトであれば、広告料もアクセス数に比例して増えていきます。

また、手数料収入には販売サポートと集客サポートがあります。これは比較サイトのクライアントに販売や集客のサポートをしたときに発生するものです。

販売サポートは、比較サイトを経由して購買や契約に至ったら手数料が発生するビジネスモデルになります。たとえば、比較サイトを経由して、保険に加入したユーザーが現れるとクライアントから手数料が支払われます。

一方、集客サポートには、保険料金や引っ越しの見積もりなどの一括見積もりがあります。その場合、複数のクライアントに見込み客の情報を提供できることになり、手数料も複数の業者からもらうことになります。

一括見積もりのほかにも、特定の商品ページをクリックしたら手数料が発生する場合もあります。クライアントが月々定額の手数料を支払う比較サイトも存在します。

比較サイトの構築手順

ここからは比較サイトの構築手順をご説明します。

商材の洗い出し

まずは取り扱うジャンにおいて、現状で販売されている全ての商品をリストアップしましょう。商品のラインアップでは売りたい商品を優先しないようにします。商材の洗い出しでは、サイトの訪問者にとって必要な商品が網羅されているかが大事です。

比較サイトのユーザーは、サイト運営者の好みではなく中立で公平な視点で比較していることを望んでいます。そのことを忘れずに商材の洗い出しを行いましょう。

競合との差別化

商材の洗い出しが終わったら、類似商品について差別化できるポイントをみていきます。特に売り込みたい商品は、特徴を書き出して他の商品との違いや優位性を見つけていきます。この作業では、売りたい商品について見込み客が得られるメリットに注目するといいでしょう。

デザインと構成

取り扱う商品について選定や特徴のリストアップが終わったら、サイトのデザインと構成を考えましょう。みやすいサイト、使いやすいサイトがあれば参考にしてみてください。

また、ほとんどの比較サイトはトップページにランキングがあり、サイドバーには商品ページやコンテンツへのリンクがあります。そういった特徴を踏まえて、参考にできる比較サイトを見つけましょう。

コンテンツ制作

サイトで取り扱う商品について、比較内容や関連情報をライティングします。商材のリストアップの段階で洗い出した商品の特徴などを使いながら、それぞれのメリットやデメリットを書いてください。

注意点としては、商品を必要以上におすすめしないことです。あまりにも営業要素が強いとユーザーが離脱しやすいため、あくまでも読者の立場にたっておすすめできるかどうか考えましょう。

比較サイトのSEO対策

比較サイトのSEO対策は一般的なサイトやブログと同様です。良質なコンテンツを増やすことが大切になります。関連コンテンツも増やすことで、さらにドメインパワーも向上します。

取り扱うジャンルや商品のキーワードをしっかりとリサーチしてコンテンツを増やしていきましょう。また、SNSなども活用して検索エンジンだけにこだわらない集客にも取り組んでみてください。

コンバージョンにつながる比較サイトを構築しよう

比較サイトは広告収入と手数料収入によるビジネスモデルです。また取り扱う商材選びや、差別化のポイント、ユーザーにとってのメリットやデメリットの記載などの流れに沿って構築していきます。

SEO対策は一般的なサイトやブログと同様でコンテンツの内容が大事です。ユーザーにとって有益な情報を盛り込み、関連コンテンツも増やしていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?