【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

マーケティング会社は全国各地に存在します。自社でマーケティングの限界を感じるなど、さまざまな理由からマーケティング会社への外注を検討することもあるでしょう。そこで、この記事ではマーケティング会社の概要や外注したほうがいいのかなどをご説明します。

マーケティング会社への外注などを検討している場合は、参考にしてください。

マーケティング会社とは?

はじめに、マーケティング会社の概要をご説明します。マーケティング会社とは、商品やサービスが継続的に売れるための仕組みを作る業務を手がける会社です。マーケティング会社に業務を依頼すると、自社の商品やサービスが売れるように市場調査を実施して販売戦略を考えてくれます。

マーケティング会社が行うこと

マーケティング会社が行うことは以下があります。

・市場調査

・データ分析

・販売戦略の立案、提案

・実売後リサーチ

・改善案の提案

以上がマーケティング会社が行う業務です。文字にすると端的にわかりますが、幅広い業務を担当します。

マーケティング会社の市場規模

社団法人日本マーケティング・リサーチ協会の「経営業務統計実態調査」によると、マーケティングリサーチの市場規模について、2019年度の市場規模は2291億円 であることがわかりました。前年よりも増加しており、今後も増加傾向が続くと考えられます。

・参考:リサーチ・調査|日経テレコン

マーケティング会社に外注したほうがいいのか?

マーケティング会社は市場規模を考えても、重宝されていることがわかります。たとえば、Webマーケティングの需要も同様です。それだけマーケティング会社の需要があることがわかります。

しかしながら、これまでマーケティングを外注していた企業が自社でマーケティングを行うことには難しさがあるでしょう。つまり、マーケティングに対するノウハウがない場合や詳しいスタッフがいない場合はマーケティング会社を頼ってみてください。

とはいえ、予算の都合もあると思いますので、一部を外注することも方法のひとつです。

マーケティング会社に外注するメリット

ここからは、マーケティング会社に外注するメリットをご説明します。

社内業務の効率化

マーケティング会社に外注すると、社内業務の多くを任せることができます。たとえば、市場調査は時間や労力がかかります。自社でノウハウがないと、他の業務にも支障が出るでしょう。

また、外注しなければ、ノウハウを習得するための研修をしたり人材を採用したりと、さまざまな負担がでてきます。マーケティング会社を活用すると、それらの悩みが解消できるわけです。

自社と異なる視点で他企業を見ることができる

自社でマーケティングに取り組んでも成果がでないと、方向性が良いのか悪いのかわからなくなります。そこでマーケティング会社に依頼すると、自社では気づかなかった切り口から戦略を考えることが可能です。

新たな視点に気づくことで社内のマーケティング担当者の育成もできます。

クオリティの高さが担保できる

マーケティング会社はマーケティングを専門に行う会社であるため、クオリティの高さが担保されます。外注先の選定は慎重に行うべきですが、費用対効果を考えると高くなることがほとんどです。

前述のとおり、自社で高いクオリティのマーケティングができるようになるには、人材の教育など時間やコストがかかります。効率的にマーケティングを進めるには外注するほうがいいでしょう。

マーケティング会社に外注するデメリット

マーケティング会社に外注するときは、以下のデメリットを覚えておきましょう。

費用負担が続く

マーケティング会社に外注する際は、当然のことながら費用が発生します。また、結果が出るまでに時間がかかることもあり、その間は継続的に費用が発生します。とはいえ、大事なことは、費用がかかるかどうかだけではなく、費用対効果がポイントです。

マーケティングを丸投げしてしまう危険性がある

マーケティング会社に業務を依頼すると、安心感が生まれてマーケティング会社に業務を丸投げすることがあります。しかし、マーケティングでは細かな目標を設定したり、それによってマーケティングの内容を変更したりすることがあります。

マーケティング会社はあくまでもパートナーであり、互いに努力しなければなりません。協力しながらマーケティングを進めてください。

マーケティング会社の選び方

マーケティング会社を選ぶときは、以下の2点に着目しましょう。

体制が整っているか

マーケティングといっても業務内容は多岐にわたります。それらの業務をどのように担当していくのか、しっかりとした体制になっているか確認しましょう。市場調査から施策の実行、その後の改善などすべての流れについてチェックしてみてください。

依頼内容と費用のバランスが妥当であるか

マーケティングのクオリティが高いとしても無視できないのが費用です。理想は安くて良質なものですが、そういかないことも多いでしょう。たとえば、Webマーケティングで記事1本いくらなのか、用意できる予算でどこまでしてくれるのかなど、内容と費用のバランスを検討してみてください。

単に高額なマーケティング会社を割けるのではなく、相場と比べてどうなのか複数の業者から見積もりを取るといいでしょう。

マーケティング会社の外注を検討しよう

マーケティング会社は、マーケティングに関して専門知識を有する会社です。自社にマーケティングに取り組むノウハウがなかったり、人材を用意できなかったりする場合は外注するのも方法です。

マーケティング会社を選ぶ際は、体制が整っているか、依頼内容と費用のバランスが妥当であるかを検討してみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?