【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

共起語(きょうきご)は記事作成時に意識したいものです。
共起語を多く含めたコンテンツはSEO効果もさることながら、ユーザーにわかりやすい記事になります。

ユーザーにわかりやすい記事や文章は、離脱率を改善してコンバージョンにも効果をもたらします。この記事では、共起語について基本知識やSEO対策、ツールなどをご説明します。

共起語とは?

共起語とは、特定の語句にあわせて一緒に使われる語句です。

対策キーワードに関する共起語を使うと、検索意図にマッチする文章につながります。

たとえば、「美味しい」という語句に対して「どんな味なのか?」という疑問が出てきます。

それらを満たすためにさまざまな語句(共起語)を付け加えると、読者に伝わりやすくなります。

ですから、共起語はSEO効果よりユーザーのページ離脱を防ぐ効果が高いわけです。

共起語を活用するメリット

共起語を活用するメリットは、前述のとおり表現力を向上させることです。

表現力が向上すると、ユーザーがより鮮明なイメージを持つことができます。

よって、ユーザーが抱える問題を解決しやすくなり、満足度が向上します。

最近の検索エンジン(Google)は、ユーザーに有益なページやサイトを評価するため共起語の使用は検索順位にも好影響です。

さらに、共起語は単語数が増えて単調にならないため、競合サイトの差別化にもつながります。

しかしながら、共起語の使用だけにこだわらないようにしてください。

重要なことは良質なコンテンツを作ることであり、正確な情報を伝えることです。

共起語が重要視される理由

共起語が重要視されている理由は、SEO効果が期待できるからです。

長文SEOといって、文字数や単語数の多い記事は検索エンジンが専門性の高いコンテンツと判断することがあります。

共起語で肉付けしたコンテンツは、ユーザーに役立つ情報を優先していることになり内容の薄いコンテンツよりもいい評価を受けます。

そのため、最近は文字数の多いコンテンツが増えています。

ただし、単に文字数稼ぎのコンテンツは評価されません。

キーワードに対する答えや解決方法を満たすことが重要であり、今後はより狭い範囲で深堀されたコンテンツが評価を受けるでしょう。

共起語を使ったSEO対策は古いという考えもある

共起語はユーザーファーストやSEOの観点で効果的ですが、一方で共起語を使ったSEO対策は古いという考えもあります。

検索エンジンのアルゴリズムが未熟だったころは、多くの共起語を盛り込むと容易に検索順位を上げることができました。

しかし、最近は頻繁に検索エンジンのアップデートが行われており、共起語を盛り込むだけでは上位表示が難しくなっています。

それどころか、無理に共起語を盛り込むとペナルティの対象になることも考えられます。

このようなことから共起語を使ったSEO対策が古いといわれているわけです。

しかし、共起語の正しい使い方を理解すればSEO効果を得ることが可能です。

共起語を使ったSEO対策の2つの方法

SEO効果をもたらす共起語の使い方は2つあります。

また、注意点もありますのであわせてご覧ください。

新たな記事の検索ニーズを分析

後述しますが、共起語はツールを使うと簡単に調べることができます。

いいかえると、検索エンジンが評価する記事に頻繁にでてくるキーワードがわかります。

よって、ツールを使って抽出した共起語を分析するとユーザーの検索ニーズが判明します。

また、それらの共起語はコンテンツ制作の段階で共起語を盛り込もうとすると、おかしな文章になる可能性があります。

コンテンツ制作後に自然な形で入れ込むと網羅性と専門性が向上して、検索ニーズを満たす記事になります。

既存の記事のコンテンツ補完

既存記事で検索結果が思わしくないものがあれば、共起語を盛り込んでコンテンツの補完をしましょう。

検索結果がよくない場合、ユーザーの検索ニーズを満たしていないことがほとんどです。

既存記事のリライトには共起語を盛り込んで、コンテンツの内容を充実させてみてください。

共起語を使ったSEO対策の注意点

共起語を使うときは、「共起語の使用が目的」とならにようにしてください。

繰り返しとなりますが、大事なことはユーザーにわかりやすい文章や記事を制作することです。

共起語をふんだんに盛り込むことで不自然な文章になったり、意味の通じない文章になったりすればユーザーの検索ニーズを満たせません。

また、共起語は関連キーワードやサジェストキーワードとは意味合いが異なります。

共起語を含めていれば検索上位になるわけではありません。

共起語を使うことで文字数が増えて、網羅性や専門性が上がるという理屈を忘れないようにしましょう。

共起語の調べ方・ツールの紹介

ここからは、共起語を調べるツールをご紹介します。

2つのツールを紹介しますが、いずれも無料で使うことが可能です。

共起語検索

「共起語検索」はもっとも有名なツールであり、ユーザーも多いでしょう。

検索窓にキーワードを打ち込むと、そのキーワードに対するGoogleの上位30サイトをもとに共起語を割り出してくれます。

それぞれの共起語は数値が出ているため、使用の際の優先度がわかります。

・共起語検索(https://neoinspire.net/cooccur/

共起語調査ツール

「共起語調査ツール」は、GoogleだけではなくYahoo!の検索結果からもデータを取得します。

そのため、精度の高い共起語の取得につながります。

共起語を使ったSEO対策を本格的にしたいときは、利用してみましょう。

なお、ツールの利用には会員登録(無料)が必要です。

・共起語検索ツール(https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

共起語を使ってSEO対策をしよう

共起語はコンテンツの内容を充実させるために有効な言葉です。

特定のキーワードを使うときに一緒に用いられるものであり、記事中に用いることで文字数が増えて専門性や網羅性が高まります。

また、共起語はツールを使って調べることができます。

共起語を記事に活かすときは、不自然な文章にならないように注意して使いましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?