【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

Instagramの「リール(Reels)」は特徴的なフィルターやBGMを組み合わせることができるショートムービー共有機能です。Instagramのストーリーズに似ていますが、最大の違いは「フォロワー以外の多くの人にも動画を見てもらえる可能性がある」こと。

Instagramアプリでは専用のアイコンが用意され、おすすめのリール動画が表示されます。また、Instagramの「発見タブ(虫メガネマーク)」でもおすすめ表示されることもあります。

Instagramで新規フォロワーの獲得を目指すなら「リール」はぜひ有効に活用したいところですが、「リール動画が表示されにくくなる要素」があるのをあなたは知っていますか?

Instagramがおすすめしていないリール動画を投稿してしまうと、多くの人にリールを見てもらえるせっかくの機会を逃してしまいます。そこでこの記事では再生回数アップさせるポイントを解説しています。是非参考にしてお役立てクレジットカード

1.Instagram「リール(Reels)」とは

まずInstagramのリール(Reels)について簡単におさらいしておきましょう。

Instagramのリール(Reels)とは、さまざまなエフェクトやBGMを追加して動画を作成・編集・共有できるInstagramのショートムービー共有機能です。

Instagramの似た機能に「ストーリーズ」がありますが、ストーリーズは自分のフォロワーに表示するものであり、投稿してから24時間が経過すると削除(アーカイブ)されて見ることができなくなってしまいます。

一方、リールでは、

24時間経っても削除されず残り続ける

フィード(タイムライン)の投稿として表示される

プロフィールの「リール」タブにも一覧でずっと表示される

ため、長期間にわたり魅力的な動画を残しておくことができます。さらに、

リール動画専用コーナー(リールアイコン)

Instagramの発見タブ(虫メガネマーク)

の主に2カ所にて自分のフォロワー以外のInstagramユーザーにリール動画を見てもらえる点が大きな特徴です。

2020年の日本の再生数トップのリール動画は6千万回以上、2位のリール動画も3千万回以上再生されているなど、今までのInstagram投稿とは桁違いの再生数をたたき出すことができるため、ファンを増やすためにも重要な機能ということができるでしょう。

2.TikTokとリール動画の違い

若者に大人気となっている「TikTok」とこのリールはまた別物となります。まず、リールとTikTokの違いは【Instagramの機能】となっておりTikTokは【アプリ】になります。

最近Instagramの新機能として出てきたリールに対してTikTokは音源機能が充実しており動画に合わせた曲を選びやすいと言った特徴があります。

他にもリールとTikTokの違いとして大きくあげられるのが

 ・いいね数のフォロワー対比はリールの方が格段に多い

 ・投稿できるテキスト量がリールのが多い

 ・リールは表示できる場所を自分で選択して投稿できる

 ・リールにコラボ機能はない

 ・リールは他の人の再生回数を見ることができる

と言った違いもあります。

3.Instagramリールの攻略ポイント

インスタのリールを攻略するために知っておきたいポイントを解説します。

3-1.リール表示される投稿のアカウントとフォロワー数

リール表示される投稿を所持するアカウントのフォロワー数を調査してみたところ、最も割合的に多いのは、フォロワー1万~5万人で、フォロワー1万人以上のアカウントが8割以上を占めました。

これは、リール表示によりフォロワー数が爆発的に増えた結果1万人に乗ったという可能性もあります。

というのも、フォロワー1万人~5万人のうち、8割以上は1万人~1万5千人のフォロワー数だからであり、リールでバズれば、3桁しかなかったフォロワーが4桁5桁に入ることも珍しくないからです。

1.000未満3.6%
1,000~5,0003.6%
5,000~1万7.2%
1万~5万39.6%
5万~10万10.8%
10万~50万25.2%
50万以上10%

上記の表は、リール表示された投稿のアカウントのフォロワー数の割合を数値化したものです。

フォロワー50万人以上のアカウントは思ったほどリールに表示されていないことが分かります。

これは、フォロワー50万人以上のアカウントは限られているからです。

リールがフォロワー数の多さで有利になるなら、表示されるのはフォロワー数50万100万人以上のインスタグラマーばかりなはずです。

しかし、リールに表示されるのはフォロワー1万人~5万人が多いことを考えると、フォロワー数が多い=有利ではないということが言えます。

3-2. インスタのリールが表示される仕組み

インスタのリールは、公式の手動によるものではなくAIによる自動的なものです。

まだ細かな仕組みは分かっていませんが、自分がフォローしたり、いいねをしたりしている相手や、普段の検索による関連性に基づいて、リールが表示されることは分かっています。

つまり、自分の興味があるもの、自分と属性が近いアカウントの投稿が表示されやすいのです。

3-3.注目とは

ikTokの「おすすめ」に相当するのが「注目」です。

注目は、インスタ公式が選出しており、AIによる自動で選ばれているわけではありません。

また、インスタ公式によると下記のリール動画が選出されることが分かっています。

  • エンターテインメント性が高い
  • インスピレーションを与えてくれる

また、これに加えて、インスタがシェアした動画の中から選出される、ということから、ある程度目立った投稿の中から選ばれることが分かります。

つまり、注目が付く動画は、インスタ公式がまずシェアすること、そして公式に「これは!」と思われるような「エンターテインメント性が高いインスピレーションを与えてくれる」作品であるということです。

まず、【インスタのリール再生回数を伸ばす/検索に載る/おすすめに表示される方法】を参考にし形式を整えること、そして他にはないエンターテインメント性・企画性の高い動画に仕上げることが大事と言えるでしょう。

4.リールの再生回数を2倍にするための3つのポイント

これまで、リールの強みやリールの基本的な機能について紹介してきました。ここから、弊社がリールの再生回数を伸ばす上で必要だと考える3つのポイントについてご説明いたします。

4-1.離脱率を下げるような動画作りを意識する

リールをただ作ってUPするだけでは伸び率は上がらず再生回数を増やすことも困難です。たくさんの方にオススメリールとして表示され、さらに最後まで再生してもらうよう動画作りを意識するのが大切です。

再生回数が伸びている動画の特徴としては、最後まで見られている、テンポがいい、明るい、楽しいといった要素が含まれています。最初の3秒で惹きつけるのと同様パッと見て面白そうと思えるような「サムネイル」や「文章」にも配慮するとより魅力的なリールとして目を惹くことでしょう。

4-2.リールを投稿する時間帯を考えよう

とてもいいリール動画を作れたとして、内容がよければ再生回数も増え伸び率もグンと上がります。さらに意識したい点として大事なのが、自身がアピールしたいリール動画のターゲット層がInstagramをいつ見ているか?を考えることです。

リールの投稿時間によってさらに再生回数が伸びる可能性があるので、なるべく時間帯を絞って投稿するように意識してみてください。これはリール投稿だけに限らず、フィード投稿やストーリーズ投稿も同様でアクティブユーザーの動きを予想することで再生回数や保存率、閲覧率も変わってきます。

4-3.ハッシュタグはリールの再生回数を伸ばすための最重要指標ではない

リール投稿するにあたって、ハッシュタグを複数つけることができます。ハッシュタグをつけることで普通にリール投稿するよりもタグ検索でヒットしやすいのですが、ボリュームが大きいもの一つでいてボリュームの少ないハッシュタグでは表示されない可能性が高いです。

ですのでハッシュタグをつけることで通常よりも再生回数をあげることができなくはないのですが、トップ表示されない限りは大きな再生回数はそこまで見込めません。

フィード投稿ではハッシュタグは有効とも言えますが、リール投稿に関してはこういった点から飛躍的に伸び率を出すのにハッシュタグは重要要素ではないことがわかります。

5.【再生数アップ】Instagramリールがおすすめ表示される方法

それではここからリール動画をつくる際に取り入れるべきポイントとやめた方がよいポイントを紹介していきましょう。

以下はInstagramが公式で運営しているInstagramクリエイターアカウントの投稿です。

https://www.instagram.com/p/CLFMSunBRX1/

こちらにはリール動画についての新しいガイドラインが紹介されています。

5-1.Instagramのリールで動画をつくるときに取り入れた方が良い要素

Instagramリール動画で再生数を増やすために取り入れた方がよい要素としては以下が紹介されています。

《DO POST A REEL THAT

・is entertaining and fun (i.e. it delights people, grabs their attention, makes them laugh or has a fun surprise or twist).

・is inspiring (i.e. starts a trend that others can easily participate in).

・uses creative tools like text, filters or camera effects.

・uses vertical video; horizontal videos are typically not as easy to recreate.

・uses music from the Instagram music library and/or original audio you create or find on Reels.

・is an experiment! Try something new, be yourself and see what works for you.》

https://www.instagram.com/p/CLFMSunBRX1/より引用)

内容をまとめると、以下の要素をInstagramリールに積極的に取り入れましょう。

  • 人々を喜ばせたり、注目を集めたり、笑わせたり、驚きやひねりを加えるなど、面白くて楽しい動画
  • 他の人が簡単に参加でき、トレンドの発端になる刺激的な動画
  • テキスト、フィルター、カメラ効果などのクリエイティブツールを使った動画
  • スマホ縦向きの動画
  • Instagramミュージックライブラリ、リールで作成・検索したオリジナルの楽曲を使用した動画
  • 新しい体験がされた動画

簡単に言うと、「縦型画面で撮影し、音楽やエフェクトで魅力的にして、Instagramからブームが起きるような面白い動画を投稿してね!」

ということです。

現在ではInstagramでは上記で紹介した要素を取り入れた動画が歓迎されていますので、おすすめ表示されるアルゴリズムとしても有利に働くと考えられます。

5-2.参考にしたい!人気のInstagramリール例

一例として、2020年の国内クリエイターのTOPリール動画を紹介しておきましょう。(※再生数は2020年時点のもの)

日本のTOPリール動画(再生数:6326万回)▼

https://www.instagram.com/reel/CHNZ_YHFPwl/

日本のTOPリール動画(再生数:3709万回)▼

https://www.instagram.com/reel/CHAYtNIAUpy/

日本のTOPリール動画(再生数:3399万回)▼

https://www.instagram.com/reel/CG94q94H0qq/

日本のTOPリール動画(再生数:3121万回)▼

https://www.instagram.com/reel/CGM_-7CDImf/

日本のTOPリール動画(再生数:2403万回)▼

https://www.instagram.com/reel/CGekfFEnsc4/

人気のリール動画を見てわかるように

世界中の誰もが見て楽しめる

BGMとの親和性が抜群

アッという驚きや意外性

といった要素が盛り込まれていますね。

2020年の国内1位のリール動画の累計再生数は6千万回、2位は3全万回を超えるなど爆発的な話題となりました。

話題になっているトレンドやBGM、エフェクトなど、「リール専用タブ」からチェックして自分の動画にもどんどん取り入れてみましょう。

6.まとめ

作ったリール再生回数がなかなか伸びない、おすすめ表示にも出てこない。リール動画を作成してこういった悩みが出てくるかと思います。

その原因として多いのが「Instagramから推奨されていない要素を含んでいる」こと。こういった要素があるとリール専用タブや発見タブでもおすすめ表示されることが少ないのでアプローチが少なくなります。

よってたくさんの方の目に触れる機会が減少してしまい、リール動画の再生回数が伸びづらい現象が起こってしまいますのでInstagramで推奨されていない要素に触れていないかどうかは事前にチェックしておくのがおすすめです。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?