【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

サイトビジネスを展開しているならば、Googleの評価をあげていくことに注力しているでしょう。いわゆるSEO対策はサイト運営をしているならば、常に取り組むべきことです。

しかし、一般的に記事を更新しても評価されるには2~3カ月程度といわれています。とはいえ「短期間でGoogleから評価を受けたい」と考えるものです。この記事では、短期間でGoogleの評価をあげる方法をお伝えします。

 

Googleの評価はどのようにして決まるのか

サイトやブログ、またそのページは「クロールインデックス」と「検索アルゴリズム」により表示順位が決定します。

もう少し細かくいうと、ページをクローラーが読み取ってその内容をインデックス(巨大なデータベース)に格納し、検索アルゴリズムと照合することで順位をつけていく流れです。

検索アルゴリズムはGoogleから示されており、「検索意図の把握」「ウェブページの関連性」「コンテンツの品質」「ユーザビリティ」「文脈の考慮」が重要視されています。

 

具体的には以下をご覧ください。

  • ユーザーの検索意図に考慮しているか
  • キーワードが登場する頻度やページ中のどこにあるか(タイトル、見出し、本文中)
  • 関連するコンテンツがあるか
  • コンテンツの新しさ、検索キーワードが出現する回数
  • キーワードを何度も繰り返していないか など

以上のようなことを意識すると、サイトやページの評価が高まります。

 

※参考:検索アルゴリズムの仕組み|Google

https://www.google.com/search/howsearchworks/algorithms/

 

短期間でGoogleの評価をあげるには?

ここからは、短期間でGoogleの評価をあげる方法を解説します。

 

基本的なSEO対策が大事

Googleから評価されるには、検索エンジンにマッチするコンテンツを作ることが大事です。これは短期間でページの評価をあげる際も同様です。

  • タイトルは狙ったキーワードを左詰めにする
  • タイトルはできるだけ30文字以内にする
  • 狙ったキーワードはできるだけ本文中に使う
  • 体験談などオリジナリティのある記事を書く
  • 記事に内部リンクを自然な流れでいれる
  • 記事に目次を入れる
  • カテゴリー分類
  • タグ付けは増やしすぎない
  • パーマリンクは狙ったキーワードを英語でいれる
  • 画像のaltにテキストにあわせた英単語表記をする など

主なSEO対策は以上になりますが、サイトを立ち上げて間もない時期であれば記事の文字数はできるだけ多いほうがいいでしょう。

ただし、キーワードやタイトルから逸れないようにしてください。ユーザーの検索意図からズレた記事は文字数が多くても評価が低くなります。

 

ページの表示スピードの向上

ページの表示スピードの向上は、Googleの評価に大きな影響がないといわれています。しかし、あまりにも表示スピードが遅いとペナルティが発生することがあります。

ユーザーが自社サイトのページを選んでも、表示が遅ければ欲しい情報がすぐにわかりません。そのため、ユーザーがページから離脱する可能性もあります。

ページの表示までに3秒以上かかってしまうと半数くらいのユーザーは離脱するといわれているため、2秒以内でのページ表示が望まれます。

「Google Page Speed Insights(https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/)」では、自社サイトや特定のページについて表示速度などを測定することが可能です。また、速度を遅くしている原因も閲覧できるため、改善に活かしてみてください。

それらのツールを使って、最低でも5秒以内の表示を目指して改善しましょう。

 

オリジナルコンテンツを充実させる

SEO対策で最も重要といえるのが、オリジナルコンテンツの充実です。たとえ開設して間もないサイトでも、ユーザーのニーズを満たしているコンテンツは短期間で評価されやすくなります。

オリジナルコンテンツとは、体験談や経験を自分の言葉の言い回しで表現することです。ですから、自社の強みを存分に記事に反映して情報を発信することが大事になります。

また、関連コンテンツを増やしていくことも有効です。具体的な手法は上位表示させたいキーワードについて関連キーワードをピックアップして、1つのテーマについて網羅的に記事を量産することです。

「SEO」というキーワードを狙うなら「SEO 文字数」「SEO 仕組み」などと掘り下げて記事にすると、専門性が向上してGoogleからの評価も向上します。

 

クローラビリティを考えたコンテンツを作る

Googleの評価はページをクローラーが読み取って行うため、クローラーが読み取りやすいページにすることも必要です。ページ内容をクローラーが読み取りやすくするには、以下のことに気を付けてみましょう。

  • テキスト(文字)中心のコンテンツづくり
  • 内部リンクの最適化(関連コンテンツの作成と質の向上)
  • HTMLタグでマークアップ(h2、ul、olなどでマークアップ)
  • サイトマップの配置 など

些細なことも含まれますが、それらの積み重ねがSEO対策を向上させます。ぜひ、取り組んでみてください。

 

不要なものは削除していく

ユーザーは「知りたい情報を早く得たい」と考えます。ポップアップや不要な効果音、投票ウィジェット、ビデオなどはユーザーにネガティブな印象を与えます。

ページの評価に直接影響がないことも考えられますが、ユーザーファーストを考えるならば不要なものは削除しておきたいところです。不要なものを入れておくとページの表示速度にも影響があるため、サイトビジネスをするにはデメリットになりかねません。

 

基本を徹底して短期間でページの評価を上げよう

サイトビジネスで効果的に収益をあげるには、Googleから評価されるサイトやページを作ることが大事です。

また、基本的なSEO対策を徹底することが短期間でGoogleからの評価をあげることにつながります。ぜひ、取り組んでみてください。

 

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?