【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

コーポレートサイトやECサイト、個人サイトなど多くのWEBサイトにGoogleアナリティクスを導入して分析する場合が多いです。そのGoogleアナリティクスについて習熟度を客観的に証明できる「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」をご存じでしょうか。

本記事ではGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)について、概要や取得するメリット・デメリット、受験方法、学習方法をわかりやすくご説明します。資格取得の参考にしてください。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)とは

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)とは、GoogleアナリティクスのPV数やコンバージョン率などの情報を分析してユーザーの行動などの理解について、客観的に証明できる資格です。

試験を受けて合格すると、「Googleアナリティクスが適切に使える」とGoogleから認められます。資格試験の勉強を進めるだけでもアナリティクスに関する理解が深まるため、チャレンジする価値はあります。

試験内容

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の試験では以下の内容が出題されます。

・導入、設定

・管理方法

・基本的な仕組み

・レポート作成

・指標の味方

・プランニング など

試験の設問数は70問です。制限時間は90分ですが、60分程度で終える受験者が多いです。受験料は無料ですので気軽に受けることができます。

試験難易度

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)は70問の設問数において56問(80%)以上の正解で合格となります。8割の正答率が必要となるため難易度は高そうですが、普段からGoogleアナリティクスを活用していれば十分に合格することが可能です。

なお、不合格となっても7日後には再受験ができます。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)を取得するメリットとデメリット

ここでは、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)を取得するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)を取得すると以下のメリットがあります。

・ノウハウ取得のきっかけになる

・客観的なアピールができる

・論理的なプレゼンや施策の立案ができるようになる

試験に合格するには一定の知識やスキルが必要であるため、これまでWEB関係の勉強がなかなかできなかった場合には、ノウハウ取得のきっかけとなります。また、資格取得ができれば、社内外で自分の能力を客観的にアピールできます。

クライアントとの交渉や社内での昇任・昇給に、さらには転職・就職にも活かせるでしょう。その際も身につけた知識をもとに論理的なプレゼンや答弁ができます。

デメリット

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の取得の際は以下の懸念点を念頭に入れておきましょう。

・資格の認定期間は12か月

・実務経験が優遇されることがある

この資格の有効期限は認定されてから12か月です。よって、継続的に資格を保有したい場合は、1年ごとに受験する必要があります。Googleの検索エンジンは定期的なアップデートがあるため、アナリティクスも最新の知識を身につけることが大事です。

また、資格を取得すれば社内外で自分の能力を示せますが、実務経験が優遇されることも考えられます。特に実務経験を優遇する企業への転職や就職を検討しているならば、実務を優先して取り組んでみましょう。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)の受験方法

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の受験には、Googleアカウントが必要です。アカウントを取得したら、Googleのスキルショップにアクセスしてください。その後、プロフィールを編集して「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」を選択します。

それ以降は画面内容の指示に従って進むと試験が始まります。試験はオンライン上で行います。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)の勉強方法

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の勉強方法は以下の2つを実践してみてください。

Googleアナリティクスアカデミーの活用

Googleアナリティクスアカデミーでは、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の準備として動画コンテンツが用意されています。コンテンツには初級者向けと上級者向けがあり、習熟度に応じて利用してみてください。

初級者向けでは、アカウントの作成やトラッキングコードの実装、基本レポートの分析など、アナリティクスの基本内容の学習が可能です。上級者向けでは、収集したデータにもとづいてレポートの作成方法、リマーケティング、動的リマーケティングなどマーケティング戦略まで勉強できます。

初級者向け、上級者向けの両方をしっかり勉強してから試験に臨みましょう。

参考書等を繰り返し解く

書店などではGoogleアナリティクスに関する書籍が販売されています。予想問題集の販売もなされているかもしれません。書籍で学習するときは入門編よりも、実務的な内容が解説されているものがいいでしょう。

試験では基本だけではなくマーケティング戦略についても問われるため、入門書では対応できないと思います。また、予想問題は繰り返し解くことで理解度が向上します。なお、書籍は発行から時間が経過しているものもありますので、最新版を手に取るようにしてください。

Googleアナリティクス個人認定試験(GAIQ)を受けてみよう

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、Googleアナリティクスの理解や応用力が問われる試験です。合格するとGoogleアナリティクスに関する知識を客観的に証明できます。

試験は実務経験や勉強を重ねると十分に合格することが可能です。資格は12か月で執行するため、常に新しい知識を身につけて試験に挑んでみましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?