【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

ランディングページ(以下、LP)を作成するときはさまざまな悩みがでてくるものです。なかでも、検索キーワードに関しては試行錯誤している担当者が多いでしょう。

そこで、この記事ではLPと検索キーワードに関してご説明します。具体的なキーワードの見つけ方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

LP作成で検索キーワードを調査するメリット

LPを作成するときは検索キーワードをしっかり調査することが大事です。検索キーワードをリサーチすると以下のメリットや効果をもたらします。

・ターゲットに的確なコンテンツが提供できる

・自然流入を狙うことができる

・リスティング広告の品質が高まる

LPに限らず、WEBコンテンツはターゲットやユーザーの検索意図に沿った内容にすることが大事です。検索キーワードにはユーザーの検索意図が隠されており、それを反映したコンテンツが検索エンジンに評価されます。

LPの作成も例外ではなく、検索キーワードを深堀することがユーザーにとって有益なコンテンツにつながるわけです。検索意図を汲み取った的確なコンテンツが増えると、自然流入も増えていきます。

また、LP作成時にリサーチしてコンテンツに反映させると、キーワードに対する関連性が高まりリスティング広告の品質スコアの改善にも有効です。なお、品質スコアとは、キーワードに対する検索エンジンからの評価のことです。端的にいうとユーザーに良い広告であるかどうかの基準になります。

以上がLP作成時に検索キーワードをリサーチするメリットです。

LP作成で活用するキーワードの見つけ方

ここからはLP作成で活用するキーワードの見つけ方をご説明します。以下の5つの流れに沿って進めてみてください。

ターゲットの明確化

ターゲットの明確化は非常に重要な工程です。マーケティングやセールスは顧客について深く知ることがポイントになります。顧客(ターゲット)が決まらなければ、訴求ポイントも見えてきませんし、自社商品を検討ちがいのユーザーにセールスすることになります。

ターゲットを決めるときは、年齢や性別、職業など細かなところまで設定すると施策が具体化します。また、顕在ニーズと潜在ニーズの把握も行いましょう。LPを読むことでユーザーにどのようなメリットがあるかも考えると、コンテンス制作に活かせます。

キーワードタイプの把握

ターゲットが決まったらキーワードタイプを把握しましょう。キーワードタイプとは取引型、情報収集型、案内型といった検索するユーザーの意図を示します。

・取引型:購入したい、ダウンロードしたい、登録したいなどユーザーにアクションを起こさせたいときに狙うキーワード。

・情報収集型:ユーザーが抱える問題や悩み、課題を解決するためのキーワード。アクションを起こさせるのは難しい。

・案内型:ユーザーが特定のサイトやページを見つけたいと考えているキーワード。(AmazonやYouTubeなど特定の商品名やサイト名)

以上のキーワードタイプで取引型か案内型のキーワードを選ぶと、LPからコンバージョンにつなげやすいです。

関連キーワードのリサーチ

メインキーワードが決まったら、関連キーワードも調査してください。関連キーワードを調べると、ユーザーのニーズや市場の様子がわかりやすいです。具体的には「ダイエット」だけではニーズが掴みにくいですが、「ダイエット スムージー」ならば「スムージーでのダイエット」にニーズがあるとわかります。3語キーワードくらいまではリサーチしておきたいところです。

検索ボリュームのリサーチ

検索ボリュームはキーワードの需要の大きさを示します。素晴らしいLPを作ったとしても検索ボリュームが少なすぎれば、コンバージョンは見込めないでしょう。そこで検索ボリュームを調べてLPに組み込んで有効なのかどうかを判断するわけです。キーワードをGoogleで実際に検索して上位に他社のリスティング広告が表示されれば、そのキーワードに需要があると判断できます。目安にしてみてください。

競合のリサーチ

LP作成に組み込むキーワードが正式に決まったら、競合のリサーチをしましょう。競合との差別化ポイント、競合のLPデザイン、自社商品の市場におけるポジション、そもそも競合は多いのかなどを調べてみてください。

LP作成のキーワード選定に活用するツール

キーワードを選ぶときは、以下で紹介するツールを活用しましょう。

キーワードのリサーチ編:Googleキーワードプランナー

キーワードのリサーチには「Googleキーワードプランナー」を使います。ピックアップしたキーワードの検索ボリュームを調べたり関連キーワードを取得したりできます。ただし、Googleで広告出稿をしていないと利用制限がかかります。

無料で使う場合に検索ボリュームを調べると、100〜1000などざっくりとした数値になります。しかし、競合について「高」「低」などと表示されるので、参考にするといいでしょう。もう少し正確な検索ボリュームを調べたいときは、「aramakijake.jp」を使ってみてください。

なお、「Googleトレンド」を活用すると、特定のキーワードや人気のキーワードに関して検索ボリュームの推移を確認するこができます。Googleキーワードプランナーと併用すると効果的です。

LP公開後編:Googleアナリティクス

「Googleアナリティクス」は、LPを公開した後に細かな分析ができるツールです。流入経路や回遊状況、年齢、性別、時間帯、曜日など詳しく解析できるためLPの改善に役立てることができます。

LPのキーワードを正しく選んで効果を最大化しよう

LP作成では検索キーワードのリサーチが重要です。検索キーワードを深堀することで、ユーザーに最適なコンテンツの提供が可能になります。この記事で紹介したツールを活用して、検索キーワードのリサーチを進めてみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?