【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

コーポレートサイトを運営している企業は多いです。そこから商品の購入に展開するなど、さまざまな手法で売り上げを伸ばすこともできます。 コーポレートサイトの制作や運営で成果を出すには、ライティングがポイントです。

なぜなら自社について、また、自社の商品について魅力をしっかりと伝えることができるからです。 この記事ではコーポレートサイトで成果を出すためのライティングスキルを解説します。ぜひ、成果の出るライティングスキルを身につけてください。

コーポレートサイトで成果を出すために必要なこと

コーポレートサイトでユーザーに自社や自社商品の魅力を伝えるには、次のことに気をつけてみてください。

 

 専門用語を多用しない

 端的な文章を心がける

 誤字脱字はなくす

 

以上はライティングスキルの一部にもなりますが、細かなスキルを学ぶ前に理解して欲しいものです。ではひとつずつ解説していきます。

まずは専門用語を多用しないことです。業界によって専門用語が難解であったり横文字が多くなったりします。しかし、ユーザーは専門用語を理解しているとは限りません。 できるだけ噛み砕いて書くか、注釈などをつけて解説するようにしてください。専門用語が多いとユーザーがサイトから離脱しやすくなり、成果にはつながりにくいです。

それから端的な文章を心がけることも大事です。コーポレートサイトであるがゆえ、きっちりとした文章にしなければならないと考えるかもしれません。ところが、ユーザーは「素早く正確な情報」を好みます。 ライティングが終わったら何度か見直して、無駄な表現がないかや修飾語が多すぎないかなどを確認しましょう。主語と述語が離れすぎていると、冗長的な文章になりやすいため、目安にしてみてください。 そして、誤字脱字にはくれぐれも注意してください。誤字脱字があるとサイト自体の信用が低下します。送り仮名、同音異義語、アルファベット、文末表現(常体or敬体)などを何度かチェックしましょう。複数人で確認すると、誤字脱字の見落としも減ると思います。

コーポレートサイトで成果を出す5つライティングポイント

ここからは具体的なライティングポイントを解説します。

商品名やサービス名は正式名称を書く

ユーザーから信頼を得るには、商品名やサービス名を正式名称で書くことが大事です。世間では略称や愛称で知れ渡っている商品があるものの、コーポレートサイトでは情報の正確性が求められます。

そのため、コーポレートサイトで自社の商品やサービスについて書くときは正式名称で書くことが重要なのです。SEOにおいても正確な情報が好まれるため、文章中には正式名称を必ず入れるようにしてください。

略称や愛称を用いたいときは、正式名称を入れた後に「以下、〇〇とする」などと対応してください。なお、商品やサービスが英語のときはカタカナで補足を入れて、ユーザーがわかりやすいようにしてください。

商品やサービスをわかりやすく書く

コーポレートサイトには知識の浅い人から専門家まで幅広いユーザーが訪れます。そのため、誰が読んでもわかりやすい文章にすることがポイントです。そのコツは伝えたいことを端的に書くことです。

特に自社商品の購入メリットや商品でできこと、サービス内容はわかりやすく書きましょう。成約や購入につなげるには、ユーザーが商品を使ったときの未来を具体的にイメージできるかが大切です。 画像や動画を挿入するなど、ユーザーに商品のメリットが伝わるようにしてみましょう。

商品やサービスのターゲットに向けて書く

自社の商品であればどのような人をターゲットにいているか、明確になっていると思います。コーポレートサイトで紹介するときも、ターゲットに向けて書くことが大事です。 万人に通用するような内容で書いてしまうと、ユーザーの心に響かない内容になります。

また、タイトルを印象深いものにすることもポイントです。 たとえば、お弁当の具材を探している主婦向けならば「可愛くインスタ映え!万能ソーセージがお弁当を彩る!」など工夫を凝らしましょう。 記事の導入であれば、「せっかくお弁当を作るなら、見栄えも可愛く作りたいと思っていませんか」と書くと悩みを持っているユーザーが共感しやすくなり、ページからの離脱が減るでしょう。

競合との違いを書く

競合他社が似たような商品、サービスを販売しているなら、差別化を意識した文章が必要です。自社の商品は他社と比べて何が違うのか、その根拠は何なのか、さまざまな情報で競合よりも優れている点を書きましょう。

ただし、競合の社名をだして「この製品のここが悪い、うちの商品が優れる」という書き方は避けてください。過度に他社製品を指摘すると、トラブルになりかねませんし自社の信用も低下します。 競合との違いを示すには「この商品は全て手作りで生地の質に自信があります」など、自社商品の優れた部分を強調する書き方が望ましいです。

価格に納得してもらう

特に高額な商品は、価格に対するリターンに納得してもらうことが大事です。逆にいうとリターンに納得して貰えば、どんなに高い商品でもユーザーは購入します。 たとえば、同じ300万円の軽自動車と高級外車なら、軽自動車について割高に感じるでしょう。しかし、高級外車ならば納得する人も多いです。その理由は高級外車にはそれなりの装備やサポートがついているからです。 商品のメリットや特徴を強調し、ユーザーが価格に納得できるようなライティングを意識していきましょう。

番外編:実績やお客様からの声を載せて信頼感をアピール

ライティングのスキルではありませんが、成果を出すには自社の実績や商品に対するお客様の声を載せる効果的です。

「創業○年」「会員数■万人突破」「リピート率▲%」などの実績は具体的に書いてみてください。そうすると、自社や商品への信頼感が高まります。 また、商品やサービスのメリットを伝える際に、お客様からの声を載せるとユーザーが信用しやすくなります。

コーポレートサイトで成果を出すライティングをしていこう

コーポレートサイトで何気なくライティングしてしまうと、成果が出にくいです。この記事でお伝えしたポイントを踏まえて、成果につながる効果的なライティングを目指してください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?