【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

AI(人工知能)が注目され、さまざまな場面に導入されるようになってきました。最近では国内の課題ともいえる労働力不足の解消にも期待がかかります。もちろん、AIを導入することで、日常生活での利便性の向上も期待できます。

しかしながら、AIの導入による注意点もあります。そこで、本記事ではAIについてメリットやデメリットを解説していきます。

AIについて基本知識のおさらい

まずはAIについて基本知識をおさらいします。AIとは「Artificial Intelligence」の略称であり、日本語では人工知能と呼びます。

AIは人間が行っている行動の一部をソフトウェアにより再現することができます。そのため、ビジネスや日常生活でさまざまな行動を実行できます。

AIでできること

AIは万能なものと思われがちですが、どんなことでもできるわけではありません。AIができることは、音声の読み上げや画像の認識、言語処理などです。一方でゼロから何かを作ったり、人の感情を理解したりすることができません。

つまり、創造性を活かして何かを作ることは、人間独自の能力となるわけです。また、病人の看護や子供の保育など、人間の感情を読み取って最適な行動をする点もAIには任せられません。

AIを使った事例

AIと聞くと非常に高度なテクノロジーであり、まだ身近に感じることは少ないかもしれません。しかし、iPhoneなどに搭載されているSiriはAIを使った音声認識を行っています。

ほかにも、スマホなどで文字入力時に現れる予測変換もAIを活用した機能です。このように、私たちはAIを利用した生活を送っています。

産業やビジネスの場面においてもAIの導入が進んでおり、徐々にAIの活用が当たり前になってきています。

AIのメリット

ここからは、AIのメリットをご説明します。

業務の効率化を実現

日々の仕事の場面でAIが導入されると、業務の効率化につながります。例えば、毎日のルーティン業務をAIに任せると、注力したい仕事に集中できるようになるでしょう。

医療の現場に導入すれば、CTやMRIの画像から病状を自動的に診断することが可能です。これにより、診療時間を8割程度削減できるといわれています。教育の現場であれば、テストの採点を自動化できたり、生徒一人ひとりに合った学習プランの作成ができたりするでしょう。

労働力の提供

AIがこれまで人間がしてきた仕事の一部を担当できるようになれば、労働力を補填することができます。特に日本は高齢化社会となっており、今後の労働力の確保が課題とされています。

そこでAIを活用すると、コンビニのような店舗ビジネスであればスタッフを配置しない無人化店舗にすることができます。また、製造の現場においても機械とAIを連携させることで、最小限に人員配置で生産できるでしょう。

データ分析や予測

AIの真骨頂といえるのが、データ分析や予測です。AIは莫大なデータを読み込んで、必要な情報を提供したり最適な提案ができたりします。未来を予測した施策を考えだすこともできて、マーケティングには重宝します。

実際に日本コカ・コーラやなどAIのデータ分析により、売上げを伸ばしています。

より便利な生活になる

AIの導入が進んでいけば、当然ながら私たちの生活は便利になります。前述したようなSiriや予測変換などに便利さを感じている人も多いでしょう。ほかにも、ECサイトでおすすめ商品が紹介されることや、YouTubeでおすすめ動画が表示されることもAIがユーザーの行動履歴を分析して提供しているものです。

また、Amazonが提供する音声認識デバイスのAlexaもAIが活用されています。このような製品が増えることで、私たちの生活は今よりも便利になります。

コミュニケーションがしやすくなる

AIも活用するIoTの技術が進化することで、ビジネスや日常生活でのコミュニケーションがしやすくなります。

AIによってリモート接客やリモート会議など、より多くの人との接点を増やすことができます。また、リモートが増えれば場所を問わず会話できます。

AIのデメリット

AIには以下のデメリットがあります。これらのデメリットを理解してAIを活用してみてください。

責任の所在がわかりにくくなる

AIは私たちの生活を便利にしますが、責任の所在がわかりにくくなります。たとえば、AIを搭載して自動運転できる車で交通事故を起こしたとします。

その際に車の所有者に責任があるのか、製造会社に責任があるのか、販売会社に責任があるのかなど、それぞれの立場で主張が異なる可能性があります。現段階では細かな法律がないため、AI導入前のリスクとして覚えておきたいところです。

雇用が減る可能性がある

前述のとおり、さまざまな現場で人間の代わりにAIが活躍する時代が近づいています。そうなると、これまで単純な作業を担当していた人々はAIに仕事を取られる可能性があります。

できるだけ創造力を身につけて、AIに代わられない人材になることが大事になります。

思考プロセスがわかりにくい

AIは多くのデータから瞬時に結論を導きます。これが業務の効率化や生活の利便性につながりますが、ブラックボックス問題とされるケースもあります。少し前にAIがプロの囲碁棋士に勝利したことが話題になりました。しかし、その思考プロセスがわからず、棋士だけではなく誰もがなぜ負けたかわかっていません。

思考プロセスを求めない場面であれば問題ないものの、業務においてプロセスを分析したいときには注意が必要です。

リスクマネジメントが難しい

AIはときとして不具合が生じることがあります。その際にAIを搭載したプログラムなどを利用していれば、全ての工程がストップする可能性があります。それにより、会社機能が停止して顧客などに迷惑をかけることも考えられます。

そのため、AIを導入した際に不具合時の対応策を考えておく必要があります。

情報漏洩のリスクがある

AIを活用したネットワークで個人情報を取り扱う場合、情報漏洩への配慮も大事です。AIを搭載しているから大丈夫ということではありません。事前に情報漏洩への体制を整えて、運用には専門知識のあるスタッフを配置しましょう。

AIについて理解を深めよう

AIは注目されているテクノロジーであり、すでに導入されているツールやシステムがあります。AIを導入すると私たちの生活で利便性が高まります。しかし、AIの導入前に覚えておきたいデメリットもあります。

本記事を参考にしてAIの理解を深めましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?