【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

戦略的にYouTubeチャンネルを運用する場合、分析ツールは必要不可欠です。YouTube StudioはYouTubeチャンネルの動向が確認できる無料のツールで、さまざまな情報を可視化できます。

この記事では初心者の方向けに、YouTube Studioの概要や注意点、メリットや使い方、そしてダッシュボードの基本機能まで紹介します。

1.YouTube Studioとは?

YouTube Studioとは、YouTubeチャンネルの分析ができる無料のツールです。Googleが提供していて、YouTubeチャンネルを効率的に運用していくうえでは欠かせないツールだと言えます。

YouTube Studioでは、YouTubeチャンネルのバナー写真やプロフィール写真を登録・変更したり、チャンネル名やチャンネルの概要(説明)を登録・編集したり、各動画コンテンツのタイトル変更やタグ設定などの管理をしたりすることが可能です。さらに、サムネイルの登録・変更もYouTube Studioから行えます。

2.YouTube Studioの操作方法

基本的な操作方法を解説していきます。最初は難しく感じるかもしれませんが、操作していく内にすぐ慣れることができるので、実際に試しながらご覧ください。基本的な項目の配置さえ覚えれば、確認したい情報をすぐに見つけられるようになれますよ。

公開して終わりではなく、定期的に分析と改善を繰り返して、伸ばせていけるように試行錯誤していきましょう。

2-1.ログイン方法

まず、ログインする方法は以下の通りです。

  • チャンネルにログインする
  • 画面右上のプロフィールアイコンを選択する
  • 画像の項目を選択する

非常に簡単ですね。ログインさえしていれば数秒で表示させることができます。

2-2.チャネルの管理方法

ログインすると、左側に以下の項目が表示されているはずです。全体のデータを確認する際はこの項目から選択しましょう。

  •  ダッシュボード: 最近のアクティビティに関する概要データや最新情報を確認できます。
  • 動画:動画やライブ配信の概要を確認できます。
  • 再生リスト:再生リストの作成や管理を行えます。
  • アナリティクス:指標とレポートに基づいて動画のパフォーマンスを確認できます。
  • コメント:コメントの確認や返信ができます。
  • 字幕:字幕を追加したり、コミュニティから字幕をクラウドソーシングしたりできます。
  • 収益化: 利用資格がある場合、グッズやメンバーシップの設定を更新できます。
  • オーディオ ライブラリ:使用する無料の音楽や効果音を取得できます。

基本的にこの項目の中から選択して、データ分析を行います。

2-3.動画の管理方法

動画ごとのデータを管理するには、「動画」を選択します。すると以下の項目が表示されるはずです。

  • 詳細:タイトル、説明、設定を変更できます。
  • アナリティクス:視聴者維持率など、動画レベルでのみ利用できる指標を表示できます。
  • エディタ:カットや終了画面の追加ができます。
  • コメント:当該動画へのコメントの確認や返信ができます。
  • 字幕:翻訳したタイトルや説明を追加できます。

公開して終わりではなく、分析を行い、改善に繋げていくようにしましょう。

3.YouTube Studioを活用するメリット

YouTube Studioは、無料でありながら「動画編集」「タグや説明文の設定」「アクセス解析」などYouTubeマーケティングに必要な機能が提供されています。これらの機能を活用すれば下記のようなメリットがあります。

  • チャンネルの視聴状況を確認できる
  • 動画コンテンツの運用が容易になる
  • 無料で誰でも利用できる
  • 外出先でもチャンネル管理が可能となる

3-1.チャンネルの視聴状況を即確認可能

チャンネル全体のインプレッション数、視聴回数、総再生時間、視聴時のデバイスやOSなど、ユーザーの行動が推定できる情報を確認できます。

3-2.動画コンテンツの運用が容易

動画SEO対策に重要なサムネイル、タイトル、説明文の入力が容易にでき投稿時だけでなく投稿後でも変更できます。また動画コンテンツ別のインプレッション数、視聴回数、総再生時間、視聴者維持率(動画再生途中での離脱・反復状況)などが数値やグラフとして表示されるため、動画制作の改善に必要なデータを簡単に把握できます。

3-3.無料で誰でも利用できる

YouTube Studioは、Googleアカウントを取得している人なら誰でも無料で利用できます。またブランドアカウントによるチャンネルの場合は、複数メンバーによるチャンネル管理が可能です。

3-4.外出先でもチャンネル管理が可能

ブラウザによる操作の他、スマートフォン向けアプリ(iOS、Android)が提供されています。パソコンのない環境でもチャンネル管理を行えます。

4.YouTube Studioの注意点

5.YouTube Studioの活用方法

YouTube Studioにはチャンネルや動画に関する設定機能が備わっています。注目したいのは、単なる動画投稿やアクセス解析に活かせるだけでなく YouTubeマーケティングで効果を狙った「動画SEO対策」や「アクセス解析から改善案の立案」などへの活用法です。本項目ではYouTube Studioの活用ポイントをご紹介します。

5-1.SEO対策

YouTube Studioでは動画やチャンネルのアナリティクスを確認することができるため、SEO対策を行うべきです。

自身のチャンネルで再生回数が伸び悩んでいる動画がある場合、他の動画と比較してみる、平均視聴時間が短くないか確認してみるなどを行うことができます。

視聴回数やチャンネル登録者数を増加させ、チャンネルを拡大させるためにアナリティクス機能は積極的に活用するようにしましょう。

5-2.視聴者とのコミュニケーション

動画についたコメントへの返信や、コミュニティ機能の活用によって、視聴者とコミュニケーションを取ることができます。

視聴者とコミュニケーションを取ることはエンゲージメント率を高めることにもつながるので、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

6.まとめ

今回はチャンネル運営者必見のYouTube Studioの活用方法について紹介しました。この機能を活用すればチャンネル全体や動画ごとのデータを把握することができます。

無料で利用することができ、機能も豊富なので、ぜひ活用して改善を行ってみてください。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?