【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?

YouTubeで動画投稿をしているのであれば、アナリティクスを確認していると思います。しかし、アナリティクスに掲載されている情報が何を意味するのか理解しているでしょうか。

本記事では、YouTubeアナリティクスの基本知識と確認しておきたい指標を中心に解説します。また、チャンネルを改善する方法も取り上げました。YouTubeチャンネルの運営で課題がある場合は、ぜひ参考にしてください。

YouTubeアナリティクスとは

YouTubeアナリティクスとは、YouTubeに投稿した動画やチャンネル全体の解析ができるツールです。設定などは特に必要ではなく、アカウントに紐づいて無料で利用できます。

視聴回数やその増減だけではなく、視聴者の属性など細かな項目を確認することが可能です。次章ではYouTubeアナリティクスでできることをご紹介します。

YouTubeアナリティクスでわかること

YouTubeアナリティクスではさまざまな内容が把握できますが、簡易画面は情報の一覧性が高いです。簡易画面はYouTubeアナリティクスを開いたときに最初に表示される画面です。

簡易画面では視聴回数、チャンネル登録者数、総再生時間などの主な指標が一目で確認することが可能です。最低限、確認しておくべき指標が掲載されているため、YouTubeで動画投稿をしているならば、チェックしておいてください。

YouTubeアナリティクスで注目しておくべき指標

ここからはYouTubeアナリティクスで注目しておくべき指標を5つご紹介します。PDCAサイクルを回してチャンネルをより良いものとするために、指標で何が確認できるのかを確認しておきましょう。

視聴者維持率

視聴者維持率は動画において最後まで視聴したユーザーの割合を示す指標です。通常、視聴開始時点では100%であり、時間を経過するごとに少しずつ減少していきます。視聴者がどの時点で動画視聴を止めたのかがわかったり、繰り返し視聴した箇所がわかったりします。

そのため、視聴者が興味を持った部分とそうではない部分の分析が可能です。離脱が一気に増えた箇所がるのであれば、何が要因であるかを分析することをおすすめします。

ただし、YouTubeに投稿した後の動画は、修正ができません。視聴者維持率を分析して次の投稿に活かすことになります。

インプレッションとクリック率

インプレッションは検索結果やおすすめ動画、再生リストなどでサムネイルが1秒以上の表示がなされた回数です。クリック率は、サミネイルが表示された回数のうち、どれだけクリックされたかを示す割合です。

インプレッション数が増えなければ再生回数や再生時間が増えませ。加えてクリック率が低いのはサムネイルのインパクトが足りないと考えられます。このインプレッションとクリック率は視聴者との最初の接点を示す指標あることから、サムネイルの良し悪しがわかります。

競合も含めてどのようなサムネイルが人気を集めているのかを分析してみましょう。

視聴者属性

視聴者属性では視聴者のGoogleアカウントをもとにユーザーの年齢層や性別、地域などが確認できます。視聴者属性を把握することで、ターゲットに合致しているか判断できます。

仮にターゲットユーザーと食い違っているのであれば、今後の方向性の転換に役立つでしょう。ターゲットに応じてサムネイルを変更することも有効です。

時間帯

時間帯は視聴者が過去28日間でチャンネルにアクセスした時間帯を示します。視聴者が多くアクセスする時間帯を把握することで、SNSを使った周知に役立つでしょう。また、動画配信の時間帯を決める判断材料になります。

トラックソース

トラックソースでは、視聴者の流入経路を確認することが可能です。YouTubeは検索だけではなく、視聴者が観ている関連動画やおすすめ動画、再生リストなどからの流入があります。

また、SNSを活用している場合は、InstagramやTwitterからの流入も確認できます。外部サイトからの流入もわかるため、自チャンネルがどこから流入されやすいかの確認ができるのです。

流入経路を増やすためにはチェックしておきたい指標です。

YouTubeアナリティクスの指標を改善するチャンネルづくり

YouTubeアナリティクスにはさまざまな情報が掲載されており、分析と施策の実行を繰り返すことが重要です。ここでは、YouTubeアナリティクスの指標を改善するチャンネルづくりのコツをご紹介します。

まずは市場をリサーチすることが大事です。自社が参入しているマーケットの規模が大きければ再生回数の獲得に有効です。Googleキーワードプランナーなどを活用して、狙っているキーワードの検索ボリュームを再確認しましょう。

その後競合チャンネルを分析してください。サムネイル、動画タイトル、動画時間、コメント欄の内容を整理すると、どのような動画を作ればいいのか見えてきます。さらに競合チャンネルで視聴者から人気のある動画を深く分析していきましょう。

市場規模と競合チャンネルの徹底的な分析が自チャンネルの改善に効果的です。動画を作るときは、ターゲットが欲しい情報(悩みを解決できる情報)を届けているのか、最後まで視聴されているのかを考えます。

チャンネルの改善点は前章で取り上げた各種指標をもとに何が足りないのかを分析していきましょう。

YouTubeチャンネルの分析をしよう

YouTubeの投稿者はアナリティクスで自チャンネルのさまざまな情報を確認できます。指標を確認して、課題を見つけることでチャンネルが改善することが可能です。YouTubeアナリティクスを活用して自チャンネルをより良くしていきましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツール「Tofu Analytics」、「InstantWin」とは?