【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

企業でもブログ運営をしているケースが増えてきました。しかしながら、以下のような悩みをお持ちではないでしょうか。

「SEOでなかなか上位表示できない」

「検索エンジンだけに頼らない集客をしたい」

以上のような悩みは、SNSを活用することで解決できます。この記事では、これからのWEB戦略として、ブログとSNSの連携でマネタイズする方法をご説明します。

ブログとSNSの役割を知っておく

はじめに、ブログとSNSの役割をご説明します。

ブログの役割

ブログの役割、特徴は以下のとおりです。

・中長期的な集客やコンバージョン効果がある

・ストック型ビジネスになる

・じっくりと詳しく情報発信ができる

以上のように、ブログは中長期的な視点で効果が期待できるものです。ですから、記事を投稿したからといってすぐに成果に結びつくわけではありません。とはいえ、ヒット記事を生み出せば、安定したアクセスを獲得できてコンバージョンに繋げることが可能です。

SNSの役割

SNSの役割、特徴は以下のとおりです。

・リアルタイムで効果を発揮できる

・無料で使える

・気軽に発信できて拡散性もある

SNSはブログと異なり、リアルタイムに強いです。投稿してから数時間、数日程度ならば多くのユーザーにみてもらえます。さらに無料で活用できることや複数のアカウントを運用できることもメリットです。

投稿が気軽にできることで、人気の内容となれば拡散性の高さからより多くの人々に情報を届けられます。

ただし、活用する媒体により強みが異なるため、集客やコンバージョンにつなげるにはターゲットの絞り込みが大事です。

媒体別・SNSでブログに誘導する方法

ブログとSNSは連携することで集客力や収益性が向上します。以下でSNSの媒体別にブログへ誘導する方法をご説明します。

Twitter

最もブログへの誘導がしやすい媒体がTwitterです。

「自社の〇〇という商品で■■を解決できる方法をご紹介します!」

など、ブログ記事の魅力を端的に伝えながら誘導すると効果があります。Twitterはツイートごとにインプレッションやエンゲージメント総数、リンクのクリック数の確認が可能です。そのなかでリンクのクリック数がブログに誘導できた数となります。

コンスタントにTwitterで記事への誘導を行うと、数千のユーザーをブログに集客することができます。ただし、Twitterは1ツイートが140字までとなるため、伝え方を考える必要があります。

Instagram

Instagramは若い世代を中心にユーザーが多い媒体です。写真や短い動画を投稿できて、視覚的に訴えかけることができます。

ブログへの誘導方法としては、ストーリー機能がよく使われています。ストーリー機能とは、端的にいうと24時間で消去される投稿のことです。投稿一覧に残らないことがメリットであり、ホーム画面からの投稿よりもストーリー機能を活用するユーザーも増えています。

また、Instagramの強みは商品リンク、アフィリエイトリンクを直接貼れることです。うまくいけばブログへの誘導なしにコンバージョンにつながるでしょう。

前述のとおり、Instagramは画像で魅力を伝えることが可能なため、文章よりも写真でアピールしたい商品ならば相性がいいです。

Facebook

Facebookでは事業用にページを作ることができます。FacebookページやFacebookグループを作ることで、集客やブログへの誘導が可能です。

投稿に関しては、個人用と同様で文章や写真、動画はもちろん、ブログのURLを貼り付けることもできます。いいねやフォローが多くなればなるほど、ブログへの誘導も増えていくでしょう。

YouTube

YouTubeはそれ自体で収益化することも可能ですが、ブログへの集客媒体としても活用できます。たとえば、自社製品の使い方をレクチャーする動画を投稿して、概要欄にブログのURLを貼り付けて誘導する方法があります。

YouTubeの運営が軌道に乗れば、ブログと両立して製品の販売などが可能になるでしょう。

音声メディア

音声メディアではVoicyなどが有名です。音声メディアでは音声のみの配信でブログの紹介を行うことが可能です。また、音声メディアは動画よりも気軽な投稿が可能であり、ユーザーは隙間時間などを使って手軽に聴くことができます。

声のみでは集客力が難しいですが、今後の市場の伸びは期待できるため今のうちから取り組んでもいいでしょう。

SNSを使ってブログに誘導した後のマネタイズ方法

ここからは、SNSを使ってブログに誘導したあとのマネタイズ方法をご説明します。

自社商品の販売

自社の商品やサービスを持っている場合は、ブログで積極的に販売していきましょう。YouTubeの動画をアップしている場合ならば、記事内にはめ込むと効果が上がります。

とはいえ、ブログで重要なことは良質な記事を提供することです。自社商品の魅力や使い方などをわかりやすい文章に仕上げてください。

有料note

Noteは個人や企業を問わず利用できるWebサービスです。文章、イラスト、音楽、写真などの作品をつくり、金額も自由に設定して販売することが可能です。

たとえば、「だれも教えてくれない○○の有効活用法」など、自社の商品やサービスに関する有料級の情報を出品してもいいでしょう。

NoteもSNSのようなフォロー機能があるため、フォロワーが増えれば、販売実績も向上していきます。

Googleアドセンス

Googleアドセンスは、クリック型の広告です。ブログ内にアドセンス広告を設置して、ユーザーがクリックすると広告収入が入ってきます。

ただし、1クリックあたりの単価は低いため、大きな売上げとはなりません。月間30万PVであっても月間20万円ほどの報酬です。しかし、広告を設置するだけで売上げに貢献するため、導入しておきたいところです。

SNSを活用してブログの集客をしよう

ブログの集客にはSNSの活用が効果的です。SNSにはさまざまな媒体があるため、自社の方針などにマッチするものを優先的に導入しましょう。最も相性がいいのはTwitterですので、Twitterを中心にInstagramやYouTubeなど幅広く活用して集客を目指してください。

そして、ブログでの自社商品の販売、noteの販売、Googleアドセンスなどマネタイズに取り組みましょう。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?