【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?

Appleの「Siri」、Googleの「Google Assistant」、Amazonの「Alexa」などのAIアシスタントの進化により、消費者へのプロモーションにおいても音声が、さらに重要な要素になるでしょう。

音声広告は、これから急速に発展すると考えられるため、まだ詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は音声検索の現状と予測について記事にしています。

1.音声検索(VSO)とは

VSO(音声検索最適化)とは、そもそも何なのでしょうか。

音声検索は、スマートフォンやiPadなどのデバイスに備え付けられたツールに直接声を入力する新しい検索方法です。音声検索においてユーザーが検索するワードは「〇〇 〇〇」のように単語の羅列であったり、「〇〇は?」といった質問形式が多くなっています。そのため、従来のSEO(検索エンジン最適化)では対応しきれなくなったため、新たに生まれたのがVSOです。

VSOでは基本的に質問形式や会話形式が多い音声検索にサイトを適応させていくことになります。

1-1.音声検索のニーズは増えている

技術的背景には、音声をインターフェイスとして多くのコンポーネントを使用して関連する結果をもたらし、コンテキストベースのシステムの開発があって実現されてきました。

日本人は現在10代以上の年齢層は45%が音声検索を使用していると言われており、スマートフォンなどの各種デバイスの普及とともに音声検索の使用率も飛躍的に高まってきました。

1-2.音声検索が使われるシーン

音声検索が便利な点として、「タイピングするよりも早くワードを入力しやすい」「ハンズフリーで入力できる」という点があります。では、どういったシーンで使用されるのでしょうか?

それは「プライベートな空間」です。音声検索は声に出すという性質上、人混みで使うことを避ける人は少なくありません。そのため各種自宅や自家用車の中でなど、他人の目がない場所で使用されることが多くなっているのです。

実際に音声検索のアシスト機能がついた商品は家電などを見ればわかるように、プライバシー空間での使用を想定したサービス展開が多くされています。Amazon EchoやGoogle Homeなどは、自宅での音声アシストのために作られた商品の代表格です。

また、車中で使用する場合も「ハンズフリーである」「プライバシーが保護されている」という観点から、公共のスペースと比較して使用頻度が高くなる傾向が予想されます。いくつかの自動車メーカーは製品に音声アシスト機能を搭載しており、FordはすでにAlexaを自社製品に搭載、ヒュンダイもGoogle Assistantの搭載の計画があります。

2.音声検索(VSO)が今後活発になる

これまで主流だったテキスト検索における検索エンジン対策はSEOと言いますが、音声検索の最適化はVSO(Voice Search Optimization)と呼ばれています。テキスト検索と音声検索では、検索語句に違いが生じるため、対策においてもポイントが異なるのです。

音声検索の場合は、話し言葉や会話調の検索語句が多くなるでしょう。必然的にクエリが長くなるのです。そのため、FAQのような質疑応答をコンテンツにした方が、マッチしやすいのではないかという考え方もあります。5W1Hを含んだ質問は、ユーザーが音声検索に使いやすいこともありVSOに有効です。対応コンテンツとともに、ユーザーがどのようなシーンで音声検索を行うかなど、具体的なシミュレーションも重要になってくるのがVSOとも言えます。

一方、対応コンテンツばかりではなく、ページの表示速度にも配慮が必要です。音声検索の場合は、質問の後に素早いレスポンスを必要とするため、サイトがすぐに表示される方が理想的でしょう。そのため、表示速度の速いページのほうが優位になるとも考えられます。「Google PageSpeed Insights」という無料の表示速度改善ツールを使って調査するべきです。これらはVSOとして行うべき対策の一部であり、実際にはより多くの施策が行われます。

このように、音声検索の変化によって、これまでのSEOとは異なる視点でVSOを遂行しなければいけません。「売上アップのためにSEO対策をしたい」という声をよく耳にしていましたが、これからはVSOも馴染み深い言葉になるでしょう。ここは、今後活発になる施策として、先手を打つべきでしょう。

3.音声検索施策のポイントとは?

フリーハンドで検索を行える音声検索は、「手軽」「速い」というメリットがあり、導入を検討する人の増加は見過ごせません。普及率に伸び悩む日本でも、音声検索と予想される検索語句が増えています。以前は「イタリアン・東京」等のキーワード検索が一般的でしたが、「~は大丈夫?」「~はどこ?」といった会話型の検索が当たり前になるでしょう。

以上のことから、今の時代に適応した対策が重要といえます。

また、音声検索に消極的な反応をみせる日本では、独自の対策を準備することが必要不可欠です。利用者は増加しつつありますが、公共の場で使用する人は見かけません。「どのようなシーンでどのような検索が行われているか」をしっかりと把握した上で、ユーザーのニーズと向き合う努力が大切でしょう。

音声検索では、短くシンプルな文章が選ばれやすいとされています。そして世間で人気のあるメディアや、意図が明確なコンテンツが上位表示されやすい傾向にあると言えます。ページ表示のスピード改善だけではなく、コンテンツの見直しにも力を注ぐことがおすすめです。

4.音声検索最適化をするとどんな効果が得られる?

世界各国で音声検索が一般的になりつつある中、最適化する事で得られる効果について多くの人々が注目をしています。全体の検索手段のうち音声による検索が占める割合は、日本含め増加傾向にあり、今後さらなる普及が予想されています。それに伴い、音声検索に対する対策が、マーケティングにおいて必要不可欠だといえるでしょう。

4-1.幅広い年代の顧客獲得

人工知能を搭載したiPhoneのSiriやGoogle Homeといったスマートスピーカーでは、音声によるデバイスの操作が可能です。またルート検索や、必要な情報を迅速・的確に表示することに優れています。このように、アイズフリーでテキスト入力の手間も取らない情報収集は、デバイス機器の操作に不慣れなシニア世代含め、幅広い年代の顧客獲得につながる可能生があります。

4-2.検索でのヒット回数が増える

時短で簡単に検索できるという手軽さから、日常の検索回数も増えると予想されます。そのため、検索でのヒット回数の増加も期待できるでしょう。

集客を確実に行うためには、従来の方法だけではなく、多様化するニーズに合わせた予備対策が必要です。現状把握を常に行い、顧客に寄り添うことが大切でしょう。

5.まとめ

音声操作が身近なものとなり、広告のあり方も徐々に変化してきました。日本は他国に比べて音声検索をするユーザーが少ない傾向にありますが、スマートスピーカーの普及に伴い、今後さらに増加していくと考えられます。

未知数ということもあり、広告に与える影響やその対策に注目をしている人は少なくありません。AIを搭載したデジタルアシスタントは、近い未来日本でも、必要不可欠なものとなるでしょう。従来の方法を元に、音声検索に対する対策を講じることが、今後のユーザー獲得の道になるかもしれません。

【東証一部企業も多数利用!】最先端のSNSマーケティングツールとは?